宮田圭子(佐藤喜代・さとうきよ役)

このページは、朝ドラ「べっぴんさん」のキャストを紹介してんねな。ここではその中で、坂東営業部の女中頭としてヒロイン坂東すみれ(芳根京子)と接する佐藤喜代さとうきよ)を演じる宮田圭子(みやたけいこ)さんについて紹介してんねな。

 

また、それにくわえて朝ドラ「べっぴんさん」の中で宮田圭子さんが演じる佐藤喜代がどのような役なのか。そして、見どころがどこにあるのかといったところについても後半にお伝えしていくねんね。

 

その前にまずは、そんな佐藤喜代を演じる宮田圭子さんがどんな女優さんなのか。これまでどんな作品に出演してきた女優さんなのか。具体的にみていきたいと思うんやんな。

 




 

宮田圭子はどんな女優なの?

宮田圭子さんは、1947年生まれの現在、69歳になるんやんね。出身は、今回のべっぴんさんの舞台になってはる兵庫県神戸市やってん。せやから地元の役者さんやんな。

 

あえて、地元の役者さんをキャストにしたのかもしれへんね。宮田圭子さんと言えば、なんといっても時代劇という印象が強いねんな。暴れん坊将軍や必殺仕事人シリーズ、鬼平犯科帳で活躍してんねん。

 

せやから、どうしても時代劇って印象が強くあんねな。せやけど、実は朝ドラもかなりたくさんこれまでに出演してんやんね。今回のべっぴんさんが6作目というベテランやんな。

 

それだけ、NHKでも重宝されてる女優さんの一人になると思うねん。一番の朝ドラの直近は、「だんだん」で2008年になっています。せやから、何度も出演してるんやけど、8年ぶりになるんやな。

 

他にもNHKでは、ドラマ10に、2011年、2012年、2015年と出演してるんやんな。せやから、いつも間なくNHKに出演している女優さんではあんねな。ただ、朝の連続テレビ小説と並ぶ大河ドラマ。

 

こちらについては、まだ出演経験がないのでぜひ、今回のべっぴんさんをきっかけに出演してほしいなって思います。これまでの、時代劇のキャリアを見ていると大河ドラマに出ていないのが不思議に思うんやんな。

 

なので、今回はヒロインすみれの近くにいる女中頭なのでかなり多くの出演機会があるので、そのチャンスちゃうのかなって思うねん。それだけの実績がこれまでの宮田圭子さんにはあんねな。

 

今回の「べっぴんさん」のキャストとして活躍して、今後の大河ドラマ出演にも期待したいとおもいます。そんなことも考えてキャストを見ると楽しくなってきますよね。

 




 

べっぴんさんでの佐藤喜代の役どころ・見どころ

そんな宮田圭子さんが演じる佐藤喜代は、坂東営業部の女中頭やんね。せやから、いつもすみれの側には、喜代がいてんな。特に厳しくしつけるといった女中ではなく、優しく微笑む女中やんな。

 

すみれの話をちゃんと聞いてあげれる人物で、言葉の節々からすみれに対する愛情が伝わってくるキャストになんねな。戦争に突入前から突入後もずっと、すみれのために奉公しますのでその優しさに注目ですね。

 

時には、すみれのふわっとした世界に引き込まれていくこともあるねんけど、しっかりと女中としてすみれのことを支えてくれる人物やねんね。喜代については、すみれの父・五十八(生瀬勝久)も信用しているんちゃうかな。

 

かなり、任せてるところがあるのでしっかりしている女性でもあるんやんな。言葉にこそ出しませんがその優しさがにじみ出てくるような役になっていますので、そのあたりが見どころなんちゃうかなと思うねん。

 

上品で、それでいてすごく優しくおしとやか。そんな喜代をどのように宮田圭子さんが演じるのか。その辺りを考えると、ぴったりのキャストになっているような気がしますよね。すみれといるシーンが多いのでその何気ない優しさに注目です。

 

あなたにおススメのページ。

生瀬勝久(坂東五十八・ばんどういそや役)

曽我廼家文童(井口忠一郎・いぐちちゅういちろう役)

芳根京子(坂東すみれ・ばんどうすみれ役)

べっぴんさんの原作・ファミリアのストーリー・あらすじはコチラ(楽天)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)