スカーレット第15週のネタバレ,あらすじ「優しさが交差して」

このページでは、NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」の第15週「優しさが交差して」のネタバレ,あらすじを吹き出し(会話形式)でわかりやすくお伝えしています。

スカーレット14週のあらすじで、八郎(松下洸平)は個展の作品づくりでスランプになり、作品ができなくなりました。それは、喜美子(戸田恵梨香)の才能を知ってしまったからでした。

 

スカーレット15週のあらすじは、八郎が思い悩んでいるところに喜美子が提案するところからスタートします。スカーレット15週のタイトルは「優しさが交差して」です。

スカーレット第15週ネタバレ,あらすじ



喜美子がおにぎりを作ってカワハラ工房に戻ると、百合子(福田麻由子)が酔っぱらって帰ってきます。

百合子
バンザーイ。バンザーイ。お義兄さん、銀座の個展に向けてどうか頑張ってください。

百合子があまりに酔っぱらってるので、喜美子が家に連れていきます。

三津
あの、さっき・・・
八郎
忘れて。
三津
ヒロシの花瓶を見たとき、私も同じように思いました。それを乗り越えるために、銀座の個展を成功させましょう。
八郎
ほな、素晴らしい作品ってどない思う?
三津
売れる作品です。

三津は、そう言いきります。そういって三津はおにぎりを食べます。

百合子
SUNNYで前に珈琲茶碗を80個お願いされた立花さんに会ってね、キミ姉ちゃんと話がしたいって。

しかし、喜美子は百合子が酔っぱらってると思って強引に寝かせます。立花さん(紺野まひる)の話は結婚式の引き出物の小皿200枚を作ってほしいという喜美子への仕事の依頼でした。そして、創作に悩んでいる八郎に喜美子が言います。

喜美子
ここ3年、八さんのおかげでお金に困ったことないよ。十分楽させてもらった。今年は、休んで。銀座の個展やらんでええ。やめよ

生活については大口の注文が入りそうなので無理して個展をやらなくていいと言ったのです。八郎はそれに対してショックを受けます。

八郎
喜美子は優しいな。ありがとう。

そういって、八郎は個展を辞めるか考えます。その晩、百合子は三津にもう少ししたら家を出ていく。結婚すると打ち明けました。

喜美子に個展を辞めてもいいと言われた八郎は、息子の武志からテレビが欲しいという手紙をもらって個展を開こうと決意します。

第86話(1月14日放送分)

喜美子は武志を送りますが、武志は学校に行ったふりをして戻っていました。武志は、手紙を落としていたのを八郎に怒りました。喜美子にバレたら怒られると言います。

武志を学校に行かせた後に、八郎は武志からテレビを欲しいってまだ言われていることを三津に打ち明けます。

三津
今度の個展で、電気釜とテレビを購入しましょう。
八郎
ああ。

八郎は、電気釜を修理しながら今東京でどんな陶器が流行っているのか三津(黒島結菜)に聞きます。

三津
東京では、洋食器のディナーセットが流行っています。そんなんがいいんちゃいますか?銀座の個展。

 

その頃、大野家では、信作(林遣都)が結婚することで陽子(財前直見)が酔っぱらっていました。

信作
俺と百合子の結婚うれしいんちゃうの?
大野
結婚するいうことで、複雑なんや。
陽子
常治さんの厳しい洗礼浴びせたかった。八さん見てみ。
信作
わかったわ。川原家に挨拶行く。

そこに、喜美子がSUNNYに待ち合わせでやってきました。信作は、喜美子のところに行きます。

喜美子
信作、なんでいるん?仕事は?
信作
今から行くとこや。喜美子・・・またな。

そういって、信作は挨拶をすることなく仕事に向かいました。

第87話(1月15日放送分)

喜美子は、SUNNYで立花との打ち合わせをします。

喜美子
ご無沙汰しております。

立花は、八郎の活躍を喜びました。そして、信作が結婚するという話を立花がしようとすると陽子がそれを遮ります。喜美子は、陽子に百合子がいつもアカマツですみませんと挨拶します。

喜美子
あんなん、まだまだ嫁には出せないってお母ちゃんと話していたんです。
陽子
嫁にだせへん?
喜美子
相手によるけど。

そう言って喜美子はニヤッと笑います。

大野
相手って例えば、どんな人?
喜美子
お父ちゃんおらんようになって・・・うちがビシッとせな。理想を言うと、うちを柔道で投げ飛ばせるような人かな。

立花との打ち合わせを終え、家に帰りました。しかし、八郎が美津(黒島結菜)と仲良く楽しそうに話している姿を見て喜美子は気まずい思いします。

八郎
おかえり。おそかったな。

三津が描いたディナーセットの絵を見て八郎と三津は2人で笑い合っていました。

喜美子
八さん、それは?
八郎
銀座の個展の作品や。下見に行くことにした。来週マツにでも。
喜美子
休んだらええっていうたやん。
八郎
仕事やから、ここで辞めるいうわけにはいかんやろ。東京で洋食器のディナーセットが流行っているいうから、それを売ることにした。
喜美子
銀座の個展で。金賞をとったあの作品を超えるものを目指していたんとちゃうの。自分にしか作れん作品目指してたんちゃうの。
八郎
僕もそう思ってた。でも、戻ってみよう思うねん。結婚する前の作品に。それが正しいかわからへんけど。
喜美子
東京、来週末いうたな。うちも一緒に行く。
八郎
立花さんに頼まれた仕事は?
喜美子
今すぐやれば間に合う。今すぐ仕上げる。

喜美子の申し出に八郎は、いいとも悪いとも言いませんでした。そして、家の方で2人で話します。

八郎
立花さんになに頼まれたん?引き受けてきたんやろ?
喜美子
結婚式の引き出物。小皿5枚セット、40組。
八郎
200枚。えっ?それどんだけ時間かかる思ってるの?どんなつもりで段取りしてきたん。
喜美子
立花さんな、喜美子さんの絵付けの力を活かして欲しいってお願いされた。
八郎
絵付け小皿か。ええやん。可愛らしいやん。喜美子らしい。ホンマは作りたいんやろ。
喜美子
ホンマはゆっくり時間かけてつくりたい。
八郎
僕は僕でやるから喜美子は喜美子でやったらええ。

そういって、東京についてこず小皿に集中するように八郎は喜美子を諭しました。

第88話(1月16日放送分)

その後、喜美子は八郎と三津の関係を気にしながらも注文を受けた小皿200枚を作りはじめます。

喜美子
八さんは?
三津
たぶん、SUNNYだと思います。
喜美子
三津も手伝ってくれる?

そういって、美津が横にいる中に喜美子が作陶を開始します。その頃、SUNNYでは大野(マギー)に新しく珈琲茶碗を作って欲しいとお願いされます。

そこに、信作と照子がやってきます。信作は、照子と一緒に柔道をやっていたのです。しかし、信作は照子に投げ飛ばされたと落ち込みます。喜美子が柔道で勝つのが理想だと話したからです。

 

喜美子は200枚の小皿の型をつくります。

三津
さすがです。喜美子さん才能あります。
喜美子
なに言うてるの?才能なんてわかるの?
三津
八郎さん言っていました。喜美子さんの才能があるから、横にいるとしんどいって。
喜美子
八さんそんなこと言うてたん?
三津
一般的な話です。
喜美子
八さんはちゃうで。そんな弱くない。
三津
喜美子さんの才能にあっという間に抜いていかれたって。
喜美子
八さんなんでそんなこというんやろ?

喜美子は、その美津の言葉を聞き流しその日のうちに200枚の小皿を作りました。

第89話(1月17日放送分)

喜美子は、合間をみて三津に土のこねかたをおしえます。

喜美子
三津な、もっと全体重かけなあかんで。
三津
はい。どんどん体重増やします。

そういって、土をこねます。三津は土をこねながら、深野先生の話をしました。その後、喜美子は三津から衝撃的な言葉を聞きます。

三津
私も八郎さんのような人を好きになりな。

喜美子は、この三津の言葉で気持ちが少し揺れます。

 

一方、百合子はSUNNYに行き信作と川原家に結婚の挨拶をしに行こうとします。そこで、喜美子からSUNNYに電話がかかってきます。

喜美子
すぐに帰ってき。直子が子供できたって。
百合子
直姉ちゃん、結婚してないやん。
喜美子
そやから慌ててんのや。

百合子は急いで家に帰ります。そして、そのタイミングで直子(桜庭ななみ)が鮫島(正門良規)と一緒に帰ってきました。

直子
上がるで。
喜美子
まあ、上がり。

そう言って、直子と鮫島を上げます。すると、直子が正直に言いました。鮫島は、妊娠5ヶ月で籍をいれるから少しだけ用立てして欲しいとお願いします。

百合子
おめでとう。
喜美子
おめでとう。

すると、マツが怒り狂います。直子がうそをついていることを気づきビンタします。

第90話(1月18日放送分)

マツがいなくなった後、鮫島は言いだしたのは僕ですと謝罪しました。マツは怒りましたが、喜美子と百合子が大笑いしました。

喜美子
紙芝居うちがしてあげたん覚えてる?
直子
忘れたわ。ほしたら病院代、百合子が取りにいってたのは?
百合子
そうそう。
マツ
百合子、お金なんぼいるの?
喜美子
うちが出す。絵付け小皿の注文も入ったしな。せやけど、次こんなことしたら二度と敷居またがせへんよ。

その晩、久しぶりに川原家の家族全員がそろったので昔話に花が咲きます。そこに、喜美子の次世代展の結果の電話がかかってきました。

喜美子
そうですか。わざわざありがとうございます。
百合子
なんか賞とった?
喜美子
落選や。うちが賞なんかとれへんよ。

その頃、八郎は個展の下見の準備にとりかかっていました。

三津
先生、私も個展の下見に連れていってください。
八郎
アカン。女と男や。
三津
てっきり子供扱いしてるんからと思っていました。5泊も一緒にいたら先生のこと襲ってしまうかも・・・冗談です。現地集合、現地解散なら?
八郎
アカン。

喜美子は、八郎に落選したことを報告します。

喜美子
また、前みたいに書こうや。東京行ってる間に2つ、3つ。
八郎
それ楽しみに行ってくるわ。

八郎が個展の下見に出たときに、喜美子は夫婦ノートを開き想いをつづります。これからこうなったらええなっていう想いを込めました。

「新しい作品つくる、陶芸展出品、金賞受賞、八さん喜ぶ、うちも喜ぶ」

 

ノートには、喜美子の心からの決意が書かれていました。スカーレット15週のネタバレ,あらすじはここまで。スカーレット16週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット16週ネタバレ,あらすじはコチラ
神山清子の家系図と実在モデル一覧はコチラ
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
八郎(松下洸平)のモデルはどんな人?
神山清子を描いた映画「火火」はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)