スカーレット第124話感想「同窓会」

このページは、2020年2月27日に放送された「スカーレット」第124話のあらすじを会話形式,吹き出し方式でお伝えします。後半には、感想も書いていますのでご覧ください。

スカーレット123話のあらすじで、SUNNYで照子(大島優子)と敏治(本田大輔)はうまく仲直りしました。そこに百合子(福田麻由子)の同級生・近藤がやってきました。

 

スカーレット124話のあらすじは、その近藤がやってきたところからはじまります。スカーレット124話のタイトルは「同窓会」です。

スカーレット第124話あらすじ

百合子
いらっしゃい。近藤くん。ありがとう。

約束してたから当たり前やという近藤と嬉しそうに話す百合子。百合子が信作や照子たちに紹介しようとすると、自分で挨拶する近藤。

百合子
お待たせしました。
照子
はあ、同窓会か。
百合子
先月行ってきたんです。

同窓会の話で、近藤と百合子は仲良さそうに話します。信作は、それに嫉妬します。先輩達も同窓会しているのかと聞く近藤に照子が答えます。

照子
同窓会なんてしてへんな。
百合子
友達いてへんからちゃいます?
照子
いるわ。うちと信作と喜美子。腐れ縁や
敏春
でも、僕からしたらうらやましいわ。幼馴染で、ずっとここに仲良くいるの。
照子
さすが敏治さんや。

そして、近藤が同窓会で百合子はずっと信作の話をしていたこと。信作がわかるさいに、わざと嫌われるように別れることを男らしいと絶賛します。そのため、信作と握手します。

さらに近藤は、百合子にプロポーズする前に柔道をやったことを誉めると、信作は近藤を投げようとしますが逆に絞められてしまいます。

百合子
近藤くん、柔道部主将で県の大会で優勝したこともあるんです。

近藤は、今は信楽の派出所で働いているという。そして、百合子が家庭科の先生になりたかったことの話になります。

百合子
あの頃は、ずっと悩んでた。高校に行けたのは、喜美子姉ちゃんのおかげや。結局、家庭科の先生になれんかったけどな。
照子
さくらとももの服も手縫いしてるしな。

そして、百合子が同窓会に来ていた服を近藤がキレイやったでというと・・・

信作
あっ、百合子のこと好きやったんか。
照子
同じこと思ってても、口に出したらアカンねん。
信作
いやいやいや、今の感じ好きやったやろ。

好きでしたという近藤に・・・

信作
ほな、今は?今はどうやねん。

そう怒ったよに聞く信作。スカーレット124話のあらすじはここまで。スカーレット125話のあらすじにつづく。

スカーレット第124話感想

スカーレット124話のあらすじは、百合子の同級生の近藤がやってきて信作が嫉妬するというストーリーでした。なんか信作らしいなって思いました。

信作を演じる林遣都の演技が上手やなあって思いました。すごくわかりやすいですよね。信作は、嫉妬していると思ったら百合子が信作の話をしていると、うれしそうに握手をしてみたり。

 

わかりやすいお調子者なので、信作は憎めないキャラなんですよね。スカーレットの中では、なくなてはならない存在です。

ただ、今週はずっとスピンオフみたいな感じなのでちょっと退屈ですね。主役の喜美子が一切出てこない。武志も八郎も出てこない。

 

せっかく、八郎と喜美子がうまく行きそうで盛り上がっているところに、冷や水を浴びせられた感じです。なぜ、百合子と信作のSUNNYの話をこのタイミングでぶち込んでくるんかな?

そんなことをどうしても思ってしまいます。おそらく、脚本が出来上がってないから回想シーンをふんだんに信作主人公的な話にしているのでしょうけど・・・。

 

モデルがいてて、大まかなストーリーがあるのに脚本が出来上がってないってのは、なんなんだろ。そんなことを思いました。次の朝ドラ「エール」の脚本家も変更になってますし。

相当負担が大きいのかなって思ってしまいました。過去には「半分、青い。」の途中にも脚本家が病気になって、ピンチヒッターをお願いしたということもあったし。

 

それもあって、次の朝ドラからは土曜日やらないのかなって思いました。話をスカーレットに戻すと、近藤は今も百合子のことが好きなのかな。

なんか、百合子と信作の関係の雲行きが怪しくなってきましたね。スカーレット124話の感想はここまで。スカーレット125話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第125話感想「離婚や」
スカーレット第22週「いとおしい時間」
次の朝ドラ「エール」のネタバレ,キャストまとめ
スカーレットのモデル一覧はコチラ
スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です