スカーレット第125話感想「離婚や」

2020年2月28日にNHKで放送された朝ドラ「スカーレット」第125話のあらすじをこのページではお伝えしています。また、後半には感想も書いていますので興味があるあなたは最後までご覧ください。

スカーレット124話の最後に、百合子(福田麻衣子)の同級生の近藤が実は、百合子のことが好きだったといいました。それに驚く信作(林遣都)たち。

 

スカーレット125話のあらすじは、今も好きなのかと信作が近藤を問い詰めるところから始まります。スカーレット125話のタイトルは「離婚や」です。

スカーレット第125話あらすじ



信作
今はどうやねん?

信作は、近藤に問い詰めると近藤は今はこれっぽっちも思っていない。妻も子もいると答えました。

百合子
もう、恥ずかしい。
信作
人騒がせなやっちゃ。
照子
信作が一人で騒いでただけや。

そんなこんなで、近藤は帰っていきます。

照子
信作あかんで。うちらが帰った後に、ネチネチヤキモチ攻撃するなよ。

そう言って、照子と敏治は帰っていきました。

信作
百合子、ホンマはもったいないことしたなって思ってるやろ?
百合子
思ってへんわ。
信作
心揺れたんちゃうん?俺、見たで。百合子嬉しそうやったやん。
百合子
嬉しそうだったら、心揺れてることになるん。
信作
やっぱりうれしかったんやないか。
百合子
嬉しいよ。中学の友達やもん。そんなん言われたらうれしいわ。
信作
はい、浮気。浮気決定や。
百合子
浮気やないわ。
信作
浮気や。浮気や。
百合子
ほなもうええです。ええなあ近藤くん。自分のことをよくわかってる妻で。うちの夫は、うちのことをなんもわかってくれません。自慢もしてくれません。
信作
おお、言うてくれるやないか。あれや、百合子は10対0いや、9対1、8対2や。
百合子
そしたら、うちかて9対1で嫌いになるわ。
信作
おお、もう離婚や。

信作がいうと、百合子は出ていってしまいます。そして、信作は一人で店番をしながら、これまでの百合子との出来事を思い出していました。

そこに、陽子(財前直見)から電話かかってきます。

陽子
百合ちゃんとかわって。
信作
百合子、今、いいひん。
陽子
喧嘩したんやろ。仲良うしいや。あんたの貰い手はなくても、百合ちゃんのもらいてはなんぼでもおるからな。

信作が電話を切った後に、お母さん合唱団のメンバーが大量にやってきました。スカーレット125話のあらすじはここまで。スカーレット126話のあらすじにつづく。

スカーレット第125話感想



スカーレット125話のあらすじは、信作が嫉妬して百合子に離婚やって言って百合子が出ていくってストーリーでしたね。喜美子のところみたいにならんかったらええけどな。

なんか、今回の喧嘩って信作が明らかに悪いですよね。やけど、信作ってはっきりいわんしきちんと謝ろうともしいひん。そやから、こじれそうな気がするんですよね。

 

ここの夫婦は、百合子が主導権を握って引っ張ってくぐらいじゃないとうまくいかへんと思うんやけどな。信作はちょっと嫉妬深いのところがあるから・・・。

でも、離婚やっていうのは言ったらあかんよね。そもそも、自分が10対0とかって言いだしたのに。近藤くんが来ただけでこんなことなったら大変ですね。

 

案外、大野家は陽子がいてへんかったらうまくいかんのかもしれませんね。しかし、大量に客が来てたけど信作一人でどうするんやろか。どう考えても一人でまわせないですよね。

コーヒー一人で入れられへんのに・・・。店つぶす気かって思います。スカーレット125話の感想はここまで。スカーレット126話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第22週「いとおしい時間」
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
スカーレットのモデル一覧はコチラ
次の朝ドラ「エール」のあらすじ,キャストまとめ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です