スカーレット第135話感想「生きるで」

2020年3月11日にNHKで放送された「スカーレット」第135話のあらすじを吹き出し形式、会話方式でお伝えします。また、後半には感想も書いています。

スカーレット134話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)の家に行きました。そして、武志は真奈(松田るか)を送りました。

 

スカーレット135話のあらすじは、武志が部屋に戻ってきたところからスタートします。スカーレット135話のタイトルは「生きるで」です。

スカーレット第135話あらすじ



武志
ただいま。
喜美子
おかえり。
武志
なにしてんの?
喜美子
ゲーム、これいっぺんやってみたかってん。
武志
テレビないとできひんよ。
喜美子
武志は、次世代展うまくいったんやろ?
武志
大皿に雪を降らせてん。あの瞬間がゴールやった。
喜美子
お父ちゃんが賞を取ったのは、武志の今の歳や。
武志
お父ちゃんが賞とったのは、お母ちゃんがおったからや。お母ちゃんは、一人で穴窯を作った。一人で出来た。でも、お父ちゃんは逃げたって言われて。俺も竜也みたいにぐれてもおかしなかった。でも、信楽出て大学行って世界が広がった。信楽を離れて、お父ちゃんとお母ちゃんのことよう考えた。今な、二人が普通に会えるようになってよかった思ってる。
喜美子
武志のおかげや。
武志
時間のおかげや。時間が必要やってん。たこ焼き食べる?

そう言って、たこ焼きを作りながら話します。

武志
俺は、焦ってないねん。5年、10年たってもええと思ってる。フカ先生の教えや。今年の目標できた。ゆっくり歩いていく。
喜美子
意外とキレイにしているんやな。
武志
なあ、なんで来たん?なんかあったから来たんやろ?
喜美子
病院行ったらしいな。大崎先生わざわざうちに来たんや。担当の先生がええ先生でよかった。長い付き合いになるやろしな。
武志
長い付き合いになるってどういうこと?お母ちゃんに聞いてええん。
喜美子
お母ちゃんに聞かんと誰に聞くんや。武志、お母ちゃんが武志のことどう思ってるか知ってる?大好きや。そのことをここに置いてよう聞き。武志の病名はな、白血病や。
武志
そうか・・・そやないかな思ってたんや。ちょっと調べてん。やっぱりそやったか。あと、何年生きられるん?いつまで元気でいられるん?先生なんて言うてた?
喜美子
3年から5年言うてた。
武志
それが俺の余命か?
喜美子
そや。
武志
俺の目標「ゆっくり生きていく」今年の目標考え直さなな。
喜美子
なにが3年から5年や。生きるで。もっともっと生きるで。お母ちゃんが生かしたる。絶対死なせへん。

そして、武志は喜美子と一緒に大崎先生のところにいきました。1週間後に入院することが決まりました。

 

八郎(松下洸平)がやってきました。ハガキをもってきてって電話をしてたのです。

八郎
なんかあったん?電話でハガキもってきてって。ハガキやで。
武志
なんもないで。亜鉛結晶の次は、これにしよう思うねん。
喜美子
お父ちゃんにできひんかったこと武志にできるんやろか?
八郎
難しいで~。
喜美子
弱音吐くんちゃうん?
武志
そない根性なしちゃうわ。

そう言って武志の新しい目標ができました。スカーレット135話のあらすじはここまで。スカーレット136話のあらすじにつづく。

スカーレット第135話感想



スカーレット135話のあらすじは、喜美子が武志に白血病であることを告げるというストーリーでした。今回は、スカーレットの山場でしたね。

武志は、取り乱すことなく受け入れていました。若いのにすごいなって思いました。結婚もしたい。子供も作りたい。いろんな気持ちがあると思います。

 

やりたいことももっとたくさんある。でも、余命が3年から5年。そんなことを告げられると、もっともっとショックを受けていてもおかしない。

でも、武志の場合がよかったのは医学書読んでてそうじゃないかって思っていたからかもしれませんね。だから受け入れることができた。そんな気がします。

 

喜美子の生きるぞって言葉は力強かったですね。そうなるんちゃうかなって思うぐらい強い思いがありました。でも、名古屋からわざわざ呼ばれてハガキって。

郵送でええやないかって思いますよね。八郎にもちゃんと説明をしいひんとアカン時期がきていますよね。八さんショック受けそうやなって思います。

 

今後の展開が気になりますね。スカーレット135話の感想はここまで。スカーレット136話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第136話感想「知られたくない」
スカーレット第24週「小さな希望を集めて」
武志(伊藤健太郎)のモデルはどうなったの?
スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ
朝ドラ「エール」のネタバレ,キャストまとめ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です