スカーレット第16話感想「頑張れよぉ喜美子ぉ」

このページは、朝ドラ「スカーレット」の16話の感想とあらすじを書いています。スカーレットのあらすじや感想を読みたいあなたは楽しめると思います。

スカーレット15話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)が大久保さん(三林京子)から認められて女中の修業をできることになりました。

その続きからスカーレット16話は始まります。スカーレット16話のタイトルは「頑張れよぉ喜美子ぉ」になります。

スカーレット第16話あらすじ



スカーレット16話は、信楽の家に喜美子からのはがきが届くところから始まります。はがきを受け取ったマツ(富田靖子)は嬉しそうに喜美子のはがきを読んでいました。

喜美子は大久保さんに家事を教えてもらいながら仕事をしていると、さだ(羽野晶紀)に呼ばれます。荒木荘には電話があり、まだ電話が普及していない時代でご近所宛の電話も荒木荘の電話にかかってきます。

 

大久保さんとさだは喜美子に失礼のないようにと注意し、喜美子に電話応対の仕事を任せました。さだはメモ用紙にご近所の地図を描いて喜美子に渡してくれます。

大久保さんは喜美子に勧誘のしつこい電話もかかってくるので、なめられないように「大人のいい声」で応答しろとアドバイスしてくれました。

 

信楽の大野(マギー)の雑貨屋さんにも電話が備え付けられました。直子は喜美子に電話をかけたがりますが、陽子(財前直見)とマツ(富田靖子)は大阪への電話代は高いのだと説明します。

直子は喜美子のように勝子おばあちゃんのお世話をしたがりませんが、電話をかけるのにお金が必要だと知りお世話のお礼におこづかいをくれる勝子おばあちゃんのところへ慌てて出かけていきました。

 

夜、飲み屋で酔いつぶれている常治(北村一輝)に呼び出された大野が迎えに来ます。大野は自分の家に連れていき常治を座らせます。すると常治は目の前に置いてある電話にふらふらと近寄っていきました。

一方、喜美子はご近所の地図をきれいに描きなおし、電話のそばにある柱にその地図を張り付けていました。そこへ電話がかかってきたので、喜美子は緊張した様子で電話交換手と話し、電話をつなげてもらいました。

 

電話をかけてきたのは常治でしたが、常治は何も話しません。無言電話に喜美子が一方的に話しかけ、最後には大久保さんのアドバイスに従って大人ぶった変な口調で応答していました。

常治は声を押し殺し泣き出してしまいましたが、喜美子は気づかずにいたずら電話だと思ったようで、電話を切ってしまいました。常治は受話器を電話に置き、泣き崩れます。

「頑張れよぉ喜美子ぉ」と泣くのを大野さん一家が心配そうに見守っていました。数日が経ち、信楽に居る照子(大島優子)から喜美子のもとに手紙が届きました。

手紙には楽しい高校生活の自慢話がつづられていて喜美子は「照子らしい」と笑いながら読んでいました。手紙には写真も同封されていて、楽しそうな写真が何枚も入っていました。

 

笑顔でその写真を見ていましたが、写真を見終えると喜美子の顔からは笑顔が消え、ボロボロになった自分の手を見つめていました。そこへちや子(水野美紀)が帰宅します。

喜美子はちや子の食事の支度をしていると、ちや子が照子の写真に気づき見せてもらっていました。喜美子はちや子に自分も本当は信楽に居たかったと話します。

 

しかし、家庭の事情もあり最後は自分も納得して大阪に「お供」を連れてきた言うと、ちや子が「お供」に興味を示します。喜美子は狸の道の先で拾った信楽焼きの破片をちや子に見せました。

ちや子はそれをしばらく見て信楽焼きかと尋ねます。そして、もし古いものであればもしかしたらお金になるかもしれないと話すと、喜美子が舞い上がって喜びだしました。

 

ちや子は一度自分の勤める会社に来て、詳しい人に見てもらったらどうかと提案し、喜美子が信楽焼きの破片を見ながら浮かれてスカーレット16話のあらすじはおわり。スカーレット17話のあらすじにつづく。

スカーレット第16話の感想

スカーレット16話のあらすじでは、喜美子の父・常治が喜美子がいなくなったことを寂しがっていたシーンが印象的でした。ずっと、かわいがっていた長女ですから常治は寂しいですよね。

妹の直子とは、あまりウマがあわないみたいですから余計に喜美子がいなくなって寂しいんでしょうね。でも、無言電話はアカンよね。電話代かかるのに。

 

ちゃんと、常治やって言えば喜美子も話をしてくれたのに。それができないところが、常治の不器用なところなんだと思います。しかし、喜美子の荒木荘でございますの声はちょっとおもしろかったです。

本気でやっているのか冗談なのかわかりませんが、裏返った声がとても印象的でした。しかし、大野さんは優しいですね。あんな酔っ払いを迎えにきてくれて。相手するの大変ですよね。

 

私なら絶対に、いつまでも仲良くできないです。あと、真似できないって思ったのは照子(大島優子)です。仲良くない人によく声かけて写真とれるなあって感じました。

あんだけぐいぐい行けるのだったら、照子は友達いっぱいできそうなんだけど・・・やっぱりお嬢様だからなかなか周囲が敬遠している感じなのかな。

 

あと、ちや子と喜美子はなんか仲良くなりそうですね。ウマがあうというか。喜美子からすると、キャリアウーマンは憧れなんかもしれません。

旅のお供は、これからポイントになりそうな予感がします。高い値になるかもしれないっていう・・・ちや子の言葉に喜美子はテンション上がって大喜びでしたね。

 

さすがに、破片では高い値段はつかないと思いますが・・・喜美子はすっかり舞い上がっている感じです。結果がどうなるのかこうご期待。スカーレット16話の感想はここまで。スカーレット17話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第17話感想「バックドロップホールド」
スカーレット第3週「ビバ!大阪新生活」
神山清子の家系図とモデル一覧はコチラ
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)