スカーレット第17話感想「バックドロップホールド」

毎回高視聴率を稼ぐ朝ドラ「スカーレット」今回は、その「スカーレット」の16話の感想とあらすじを紹介しています。感想やあらすじを読みたいあなたはお付き合いください。

スカーレット16話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)はお供として連れてきた信楽焼の破片に高価な価値があるかもしれないと、ちや子(水野美紀)に言われてテンションが上がります。

スカーレット17話は、その続きからスタートします。スカーレット17話のタイトルは「バックドロップホールド」になります。



スカーレット第17話あらすじ

スカーレット17話は喜美子が近所の人から新装開店の喫茶店のチラシをもらっているところから始まります。チラシを持って来れば1杯目タダと聞き、喜美子は2枚もらっていました。

喜美子は仕事にも慣れてきて、叱られることも少なくなってきていましたが、大久保さん(三林京子)はまだまだ厳しく喜美子に指導します。

 

しかし、喜美子も慣れてきて手の空いている時間に何かしようという心の余裕が出てきていました。喜美子はチラシの裏紙を使ってイラスト付きの名札を作り、下駄箱につけていきます。

圭介(溝端淳平)と雄太郎(木本武宏)は喜美子の絵が上手だとほめてくれました。そんなほのぼのな雰囲気の中、ちや子はヘロヘロになって帰ってきます。

 

圭介たちが、ちや子(水野美紀)の会社では先輩がいきなりやめてちや子の仕事の負荷が上がったようだと話してくれました。喜美子は心配そうにちや子のいる方を見ていました。

その夜、喜美子はきれいな色の包装紙をちぎって何かを作り始めます。翌朝、しんどそうに起きて廊下に出たちや子は綺麗な切り絵で飾られたペン立てが置いてあることに気づきます。

 

ペン立ての中には近所の人からもらった1杯目無料券が入っていました。色違いペン立てが電話の横にも置かれていて、大久保さんはそのペン立てや下駄箱の名札をしげしげと眺めていました。

喜美子が大久保さんの顔をうかがいながら、いけなかったかと尋ねると、大久保さんは「こんなもん作るならほかにやることあるで」と言ってどこかに行ってしまいました。

 

再び戻ってきた大久保さんは箱いっぱいのストッキングを喜美子に渡します。それは破れてしまったストッキングで、喜美子にそれを直せと指示します。

喜美子は、さだ(羽野晶紀)の会社の仕事なのか尋ねますが、大久保さんは答えてくれず、喜美子も売り言葉に買い言葉と言った様子で、ストッキングの直しをすることになってしまいました。

 

夜、喜美子はストッキングの直しをしているうちに、そのまま服も着替えず寝てしまい、翌朝は寝坊してしまいました。慌てて掃除をしようと外にでると、掃除を終えた大久保さんが立っていました。

喜美子が慌てて謝ると、大久保さんは目配せで玄関の箱を指します。また新たに破れたストッキングを渡され、喜美子は昼間の空いた時間にもせっせと直していました。

 

大久保さんは「また持ってくるさかいな」と追い打ちをかけてきます。大久保さんのプレッシャーと大量のストッキングを前に、喜美子は枕を相手にストレス発散しつつ、素直に渡された作業をこなしていきます。

ある日、喜美子はお使いで荒木商事に訪れました。荒木商事ではいよいよ下着ショーの開催が間近で、今日はそのリハーサルだとさだに教えてもらいました。

 

ホステスさんにメイクを教わったりと相変わらず華やかそうな職場です。帰り際、喜美子はさだからお給料を手渡されました。大卒の初任給が6千円の時代、喜美子のお給料は千円でした。

喜美子はまだ大久保さんから指導を受けている見習いで、すべてを任せられるようになって大久保さんがいなくなれば、大久保さんに渡している分のお給料も喜美子のものになるとさだは説明します。

 

その夜、「おおくぼ!」と言いながら枕と戦う喜美子が、気を取り直してまたストッキング直しの内職を始めようとするところでスカーレット17話のあらすじは終了。スカーレット18話のあらすじにつづく。

 

スカーレット第17話の感想

スカーレット17話のあらすじでは、喜美子が初めて給料をもらうというストーリーでしたね。当時の大学の初任給の1/6っていう驚きの安さでした。

喜美子は、だいぶ仕事に余裕ができて周りが見えてきましたね。しかし、そこにすかさずストッキングをもってくる大久保さん。すごすぎです。

 

喜美子の枕を投げてストレスを発散するシーンは、面白かったです。今後も続けていってほしいな。なんか、名物シーンみたいな感じで。

一通りストレス発散したあとに、すっと仕事に入っていけるのがすごいなって個人的には思います。あれができれば、ONとOFFもはっきりできます。

 

なので、誰にもばれてなければ良いストレス発散になりますね。ちや子は、隣の部屋なのでばれてしまうかもしれませんが。

しかし、給料が大卒初任給の1/6ってのはいくら見習いとはいえ生活できないんじゃないかな?食事はまかないがあるし、住むところはあるので大丈夫なのかな?

 

常治たちが期待しているような給料になるためには、大久保さんにいなくなってもらうしかないのですけど・・・まだまだご健在っぽいですよね。どうするんだろ?スカーレット17話の感想はここまで。スカーレット18話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第18話感想「引き抜きや」
スカーレット第4週「一人前になるまでは」
神山清子の家系図とモデル一覧はコチラ
スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)