スカーレット第31話の感想「嘘」

NHKの朝ドラ「スカーレット」31話(11月4日放送)のあらすじを吹き出し形式でお伝えして、その後に感想を書いています。感想を読みたい。あらすじを知りたいというあなたはご覧ください。

スカーレット30話のあらすじで、草間(佐藤隆太)が奥さんに離婚届を置いて東京に帰りました。そして、常治(北村一輝)から母親が倒れたと電話をもらいました。

スカーレット31話のあらすじは、常治からの電話の後からはじまります。スカーレット31話のタイトルは「嘘」です。



スカーレット第31話のあらすじ

常治
お母ちゃんが倒れた。今すぐ帰ってこい。
喜美子
えっ?

喜美子は慌てて、信楽に帰る準備をします。喜美子の代わりに大久保(三林京子)がやってきてくれました。一方、ちや子(水野美紀)の行方がわからなくなっていました。

その頃、信楽ではマツ(富田靖子)が倒れたんやと芝居をします。喜美子が信楽に帰ると、信作(林遣都)が女性に大人気でした。喜美子は、かっこつけている信作を見て引いてしまいます。

喜美子
直子か。あんた大きくなったなあ。
直子
休みもろたん?いつまで。
喜美子
お母ちゃんが倒れたいうから帰ってきたんや。聞いてへんの?
直子
知らん。口きいてへん。ホンマに倒れたんけ?

喜美子が家の中に入ると、常治が待っていました。

喜美子
ただいま戻りました。お母ちゃんは大丈夫なん?
常治
もう、大阪戻らんでええから。荒木荘のさださんに電報を送っておいたさかい。新しい仕事、信楽で見つけたるさかい。以上
マツ
あんた帰らすために嘘ついたんやて。さっき聞いたんや。ごめんな。
常治
体調悪いのは、本当のことや。夏に倒れたんは本当や。
マツ
夏バテや。喜美子の気持ちも考えてあげんと。
直子
姉ちゃんおらんとこの家回れへん。
喜美子
うち、明日大阪戻るで。
常治
アカン。
喜美子
戻る。

その晩、宴会して常治が酔いつぶれたあと喜美子は、マツと話します。

喜美子
うち、明日帰るで。荒木荘の仕事ほっぽり出して帰るなんて出来ひん。
マツ
肉じゃが食べさせてあげたかったな。肉入ってない肉じゃがやけど。
喜美子
なんで肉入ってへんの。仕送りなんに使っているの?
マツ
肉入れわすれた。明日帰るのなら、もう寝なさい。

スカーレット31話のあらすじはここまで。スカーレット32話のあらすじにつづく。

スカーレット第31話の感想

スカーレット31話のあらすじで、お母ちゃんが倒れたから帰ってきた喜美子でしたがマツが倒れたというのは嘘でした。常治に喜美子は大阪に帰るなと言われます。

しかし、常時はひどいですね。母親が倒れたって嘘をつくのはアカンよね。しかも、荒木荘はやめるって勝手に電報うつとかってルール違反だと思います。

 

ただ、なんか見ていて思ったのは直子と常治の関係が一番の問題になってそうですね。この2人の関係が直れば、なんとかなりそうなんですけどね。

喜美子がいなければ周らないっていうのは事実なんでしょうけど・・・喜美子には、喜美子の人生があるのでもうちょっと配慮してあげて欲しいなって思いました。

 

この時代には、こんな強引なお父さんが多かったのは間違いないですけど・・・喜美子は一番上だから本当にいろんなことを背負ってるんだと思います。

仕送りしてるのに、肉じゃがの肉がないというのは喜美子からしたら疑問しか残らないですよね。自分が働いたお金をいったい何に使っているのか。それがわからない。

 

喜美子からするとそれが気になります。なんでなん?ってなります。そんな思いを抱えたまま喜美子は大阪に帰るんやろか?気になります。スカーレット31話の感想はここまで。スカーレット32話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第32話感想「病院代のツケ」
スカーレット第6週「自分で決めた道」
喜美子の結婚相手ネタバレはコチラ
神山清子の家系図やモデルはコチラ
スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)