スカーレット第48話感想「八郎の気持ち」

NHKの連続テレビ小説「スカーレット」は中盤にさしかかってきましたね。ここでは、その「スカーレット」の48話のあらすじを会話形式でお伝えして、放送後に感想も書いています。

スカーレット47話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)は納得のいかない新聞の取材を受け掲載されました。そこには、照子(大島優子)が顔を立ててと懇願されたことが背景にありました。

 

スカーレット48話のあらすじでは、常治(北村一輝)が東京から戻ってくるところから始まります。タイトルは「八郎の気持ち」です。

スカーレット第48話あらすじ



東京から常治(北村一輝)が戻ってきました。さっそく酒を飲みながら話す常治。

常治
蒲田いうのはな、これはもうけったいなもう・・・。

喜美子たちは鎌田さんという人の話かと思っていたら、直子(桜庭ななみ)が住む地域名でした。そして、常時は酔いつぶれていきます。

翌日、絵付け係に八郎(松下洸平)が訪ねてきました。以前、喜美子が話したシャツを直します。しかし、八郎はどこか怒っているように見えます。

喜美子
あの~なんで怒ってはるのですか?前に会った時と感じが違います。もともとそんな感じですか?違いますよね?
八郎
別に怒っているつもりはないのですが・・・。
喜美子
元々そういう感じならええんですけど。
八郎
そちらも、前に会った時とは違っています。マスコットガールだとは知りませんでした。ホットケーキが食べたくて絵付け師になりはったんですか?ミッコーってなんですか?
喜美子
あの新聞記事で怒ってはるんですね。
八郎
丸熊陶業で絵付け師言うたらミッコーなんですね。そう書いてありましたよ。
喜美子
違います。フカ先生です。
八郎
フカ先生言うんですか。
喜美子
深野先生です。
八郎
深野心仙先生です。日本画で芸術賞とったこともある偉い先生です。それを記事には、先生のこと一言も触れてなくて失礼じゃないですか。ミッコーは、ホットケーキの方が大事ですか。
喜美子
そんなことあるわけないです。適当に書かれたんです。
八郎
適当?
喜美子
ミッコーでもアッコーでもなんでもよかったんです。適当でもええ思ったから。こないに怒る人もでてくる思えへんかったし。
八郎
怒ってるわけではありません。あの記事読んだらなんや腹立って。
喜美子
それを怒ってるいうんちゃいますか?
八郎
えらい言うてしもてすみません。服ありがとうございます。失礼します。

新聞記事が貼ってあったので喜美子は、はがそうとしますがフカ先生(イッセー尾形)は、女性初の絵付け師はほんまやから気にすることはないとなのも気にしている様子はありません。

そして、取材のおかげで喜美子に絵付けの注文が入ります。時代はフカ先生からミッコーに変わったと本人目の前で幹部の人が言います。そんなある日、八郎が絵付け係にやってきました。

八郎
最初にここに来た時、ほんまは言おうと思ってたことがあります。深野先生が描いた日本画が僕の家には飾ってありました。
フカ先生
ほ~う。どんな絵?
八郎
鳥があって山があって、こっちから日が。祖父が日本画が好きでようやっと買えたって。床の間に飾っていました。祖父が亡くなった後は、形見にして。
フカ先生
ありがたいことじゃ。
八郎
それを米に変えました。僕が11の時です。僕が売りました。闇市行って、先生の大事に飾ってあった絵を。高く買ってくれる人を探して、米をみんなで食べました。
八郎
今回、こちらに来るときに絵付けの先生が、昔日本画書いてあった深野心仙先生だと知り、お礼を言いたかったんです。先生の大事な絵を・・・ほんまにありがとうございました。

八郎はそう言って頭を下げます。

フカ先生
忘れんとってくれてありがとう。
八郎
すみませんでした。

喜美子は、八郎の言葉が頭から離れませんでした。そして、絵を描き始めました。八郎が言っていたフカ先生が描いた絵をかきました。スカーレット48話のあらすじはここまで。スカーレット49話のあらすじにつづく。

スカーレット第48話感想

スカーレット48話のあらすじでは、八郎が喜美子に怒るというストーリーでした。その理由が深野心仙先生のことを尊敬してて、昔もっていたフカ先生の絵を売ってしまったという話を打ち明けました。

しかし、八郎は機嫌が悪かったのは喜美子の新聞の載り方だったんですね。途中までは、なんで怒っているのか全然わかりませんでした。

 

また、深野心仙先生に対する熱い気持ちがあることを知らなかったら、八郎がなんで怒っていたのか理解できないところでしたね。

本来、喜美子もあの取材は嫌でたまらなかった。でも、会社と新聞社が作ったストーリーに乗せられてフカ先生に対して失礼なものになってしまった。

 

喜美子が嘘ついているみたいで、世代交代とかってフカ先生の前で丸熊陶業の幹部の人が言ったのが耐えられなかったのかもしれませんね。八郎は。

喜美子も正直に言えばええのに。敏春(本田大輔)に強引にストーリー作られて嫌だったけど、照子(大島優子)に頼まれたから仕方なくマスコットガールになったって。

 

本当は、もっとフカ先生のことを正しく取り上げてほしかったって。ただこれって、多かれ少なかれ取材をしたらそんなことがあるんでしょうね。

新聞社の方は、ある程度こんな形で記事をかけたら読者を引き付けられるって気持ちがある。会社側も宣伝になるように売り出したい。

 

こういう気持ちが合致してたら、売りだし方を描いて新聞やテレビに出演する。これって、今の芸能界でもそのままあてはまることかなって思います。

事務所の力によって、売り出したい人を本人の本来と違う人物像を作り上げて売っていく。マスコミってそういうところなんだと思います。

 

喜美子は、もっとフカ先生のことを伝えたかった。でも、それはできなかった。だから、八郎の素直な気持ちが余計に輝いて見えたのだと思います。なんか恋の予感です。スカーレット48話の感想はここまで。スカーレット49話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第49話感想「社長の死」
スカーレット第9週「火祭りの誓い」
喜美子の結婚相手をネタバレ
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
スカーレットのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です