スカーレット第55話感想「ラブラブ」

このページは、朝ドラ「スカーレット」の55話(12月2日)のあらすじを吹き出しでお伝えしています。また、放送終了後に感想も書いています。

スカーレット54話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)の絵付けの試作品ができました。それをもって、八郎(松下洸平)のいる商品開発室に向かいました。

スカーレット55話のあらすじでは、喜美子が商品開発室に入ったところからスタートします。タイトルは「ラブラブ」です。



スカーレット第55話あらすじ

喜美子が陶芸に取り組む八郎を見たのは、この時が初めてでした。じっと見てた喜美子のことを八郎が振り返って気づきます。

八郎
ああ、いつからそこに?
喜美子
声かけたら邪魔かな思って。
八郎
全然、気づかんと・・・すみません。何か?

そう言われて、喜美子は自分がデザインした火鉢を八郎に見せます。

八郎
うわ~。深野先生が見てたらなんていうんやろ?
喜美子
それはきっと、ええよ。
八郎
キレイですね~。どんな人が買ってくれるんやろ?愛おしいですね~。
喜美子
うち、前に新聞に紹介されたやないすか。そのおかげで、一人でやっていけるぐらいの注文は入っているんです。
八郎
あの~、ずっと話してたいのですけど土が固くなってしまうので。仕事やのうて、これは。やりながら話してもいいですか?

八郎は、社長の敏春(本田大輔)にお願いして電気釜を買ってもらって、仕事をきちんとすれば仕事前2時間、仕事後2時間は使ってもいいと許可をもらっていました。

喜美子
これは、何を作っているんですか?
八郎
これは、大鉢です。うどんに使う。

八郎は、陶芸家を目指しているという。しかし、陶芸家になって食べていけるようになるのは、4年、5年。もっとかかるかもしれない。ロクロを使えるようになるのも、2年、3年かかるという。

喜美子
そうか。十代田さんは、陶芸家になるのが夢なんや。
八郎
いつか、深野先生みたいに買ってくれた人に大事にされるような陶芸家になるのが夢です。

その後、喜美子は八郎がやっている陶芸を見せてもらいました。その頃、川原家には信作(林遣都)がやってきて、集団見合いを信楽でもやろうと考えているという。

信作
喜美子にも参加してもらいます。

その頃、八郎が作業しているところを喜美子が聞きます。

喜美子
十代田さんは、なんでこの道を選んだの?ご実家に絵を飾ってたいうてましたよね。
八郎
絵描くのも好きやで。中学の時は、美術部だった。でも、僕ぐらいの絵は描ける人ぎょうさんおる。
喜美子
下手やったんやね。
八郎
端的に言うとね。絵描くのよりも好きなことを見つけたんや。
喜美子
それが陶芸?
八郎
劇的な話やなく気が付いたら好きになってた。

そう言って、八郎が陶芸しているのを見ていた喜美子でした。スカーレット55話のあらすじはここまで。スカーレット56話のあらすじにつづく。

スカーレット第55話感想

スカーレット55話のあらすじでは、喜美子が商品開発室で陶芸をしている八郎と話をするというストーリーでした。なんか、付き合ってるみたいですごくラブラブって感じでした。

あんな、商品開発室で2人でいたら付き合っているって思われてしまいますよね。喜美子も八郎も両想いっぽいので、それでも大丈夫だとは思いますけど。

 

ただ、一つひっかかったのがお見合い大作戦。信作が喜美子にも出てもらうって言っていましたが、信作以上に常治(北村一輝)が乗り気だったことが気になります。

喜美子がお見合い大作戦に参加しないというのを強引になにかしそうな気がしてしまいます。それがなければよいんですけどね。

 

お見合い大作戦の前に、喜美子と八郎が付き合いだしたらええんですけど・・・どうなるんだろ。しかし、信作は自分が結婚してないのにお見合い大作戦ちゃうよねって思ってしまいます。

役場の仕事なのかな?それなら仕方ないような気もしますけど、お見合いにする必要はない気がします。実は信作が相手を探すためだったり?

 

信作は、人見知りやったけど役場の仕事向いてないかなって心配だったけどうまくやってそうですね。お見合い大作戦に注目です。スカーレット55話の感想はここまで。スカーレット56話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第56話感想「直子からの電報」
スカーレット第10週「好きという気持ち」
八郎(松下洸平)モデルはどんな人物なの?
スカーレットのモデル一覧はコチラ
喜美子の結婚相手は八郎?そのネタバレ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)