スカーレット第60話感想「あんたのこと好きやねん」

NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」の60話(12月7日)のあらすじを会話形式でお伝えします。また、感想もテレビ放送後に書いています。

スカーレット59話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)は草間(佐藤隆太)に失敗しても好きな人ができれば世界が広がると後押しされました。

スカーレット60話は八郎(松下洸平)と一緒に陶芸するところから始まります。スカーレット60話のタイトルは「あんたのこと好きやねん」です。

スカーレット第60話あらすじ

喜美子は土をねって、ロクロのやり方を教えてもらいます。

喜美子
うちの初めての茶碗や。言うたら、なんやけど天才ちゃう。うちにもできたやん。案外、ちゃちゃっとできたやん。これ、絵付けしよ。

そう言うと、八郎に茶碗をつぶされます。

八郎
何度でもやるんや。一人で。

そして、喜美子は一人で茶碗を作ります。

八郎
へえ~焼き物の焼き物のかけらを。
喜美子
調べてもらったら、えらい古いもので室町時代の破片やった。
八郎
それ、見せてください。
喜美子
私も見てもらいたかったので。でも、今日は遅いから明日、日曜日やし見に来てください。
八郎
はい。

翌日、八郎が家にやってきました。常治(北村一輝)と百合子(福田麻由子)は大野雑貨店の在庫処分に行っていました。

喜美子
これです、うちが大事にしていた欠片。
八郎
手洗ってもいいですか?川原さんが大事にしていたものなので。

そして、手を洗ってから八郎が見ます。

八郎
うわ~。ほんまにキレイやわ。せやけど、こんな色どうやって出してるんやろ?
喜美子
室町時代に、こんな釉薬あったの?
八郎
いや、これは釉薬を使ってない。焼いただけで出している色や。
マツ
ゆっくり、お茶でも。
八郎
いや、今日は夕方からお見合い大作戦に出るよって。いい人に出会えたら思って。

しかし、その話を聞いて喜美子は一気に暗い顔になってしまいます。

マツ
それにしても、八郎さん感じのええ人やった。あの人やったらお見合い大作戦ですぐにええ人見つかるわ。

それを聞いた喜美子は、いてもたってもいられなくなって八郎を追いかけます。

喜美子
十代田さん、一回しか言わんから聞いといて。お見合い大作戦いかんといて。好きや。好きやねん、あんたのこと。どう考えてもよう考えても好きやった。
八郎
いや、
喜美子
うち草間さん言う柔道やってる人がおって。
八郎
そういう人がおるんやったら・・・
喜美子
ちゃうねん。草間さん、奥さんを探しててん。ずっと信じて探しててんけど、奥さん他の人と暮らしてて・・・結婚しててもこういうことがあるんやなって。手をつなぐことより難しいことがあるんやなって思って・・・ほやから
八郎
離さへん。僕はずっと離しません。

そういって、喜美子の手を握ります。

八郎
抱き寄せてもええですか?
喜美子
アカン、アカン。
八郎
なんで?
喜美子
好きやから、泣いてしまう。

そして、八郎が喜美子を抱きしめます。すると、そこに常治と百合子が帰ってきます。常治の顔がみるみるこわばってきました。スカーレット60話のあらすじはここまで。スカーレット61話のあらすじにつづく。

スカーレット第60話感想

スカーレット60話のあらすじでは、喜美子が八郎に告白するという内容でした。そして、八郎が喜美子を抱きしめるところを常治に見られたところで終わりました。

喜美子にとっては、やっぱり草間さんの影響が大きかったんですね。結婚しても離れることがあるっていうことから結婚に前向きになれてなかったのかもしれません。

 

でも、草間さんに会えて失敗しても世界が広がるって言われたことから心が揺らいでいました。そこにきて、八郎がお見合い大作戦に出るってなったので告白できましたね。

逆にいうと、お見合い大作戦に参加するってならなければ告白ってきっかけがなかったかもしれません。奥手な喜美子が自分から言って抱きしめられるシーンはちょっとよかったです。

 

泣いてしまいそうってのも、純粋でよいですよね。ただ、常治の顔が怖かったです。みるみるうちに阿修羅のようになっていましたね。喜美子の顔もそれまで泣きそうだったのがヤバいってなっていました。

八郎は、背中だったのでまだ気づいてないですが・・・どうなるんだろ。常治は殴り掛かりそうな予感がします。常治に認められるのは至難の業の気がします。

 

来週もまた一波乱ありそうな予感がしますね。楽しみです。スカーレット60話の感想はここまで。スカーレット61話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第11週「夢は一緒に」
スカーレットのあらすじ総まとめ
八郎(松下洸平)のモデルはコチラ
スカーレットのモデルまとめはコチラ
喜美子の結婚相手のネタバレします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です