スカーレット第63話感想「夫婦貯金」

今回は、NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」63話(12月11日)の会話形式のあらすじと感想をお伝えしています。

スカーレット62話のあらすじの最後に、八郎(松下洸平)が喜美子(戸田恵梨香)と一緒に常治(北村一輝)に認められるように挨拶をしに来ました。

八郎と喜美子が川原家にやってきたところから63話のあらすじは、スタートします。スカーレット63話のタイトルは「夫婦貯金」です。

スカーレット第63話あらすじ

八郎
十代田八郎と申します。
喜美子
本日は、お忙しいところ申し訳ありません。殴ってすまんな。以上、終わりや。
マツ
なに言うてるの。
喜美子
娘はやれん。以上

そう言って、風呂を沸かしにいきました。これが八郎と常治が最初に話した会話でした。その後も毎日、八郎は挨拶にやってきますが、口もきいてくれず家に入れてくれなくなります。

やがて、八郎がくることを見越していなくなったりアカマツに飲みに行きます。あまりのことに百合子(福田麻由子)がしびれをきらします。

百合子
お姉ちゃん、お母ちゃんも十代田さんかわいそうや。いい加減なんとかしてや。何度もすっぽかされても何度も来てくれて。うちは気に入った。お母さんかてそうやろ?
マツ
うん。
百合子
そしたら、お父ちゃんに認めてもらわなくてええやん。多数決で決めようや。
マツ
百合子のいう通りや。アカマツ行って話してくるわ。
百合子
多数決で決めたって言うてきて。お姉ちゃん。
喜美子
お母ちゃん、行かんでええよ。これは自分で決めた結婚や。十代田さんも100回でも200回でも来る言うてるから。うちが決めた人や。なんも心配いらん。

翌日も喜美子は商品開発室に行きます。掃除をしている八郎に対して、喜美子は掃除はやらせてとお願いします。

喜美子
ただで陶芸習わせてくれて、なんも手伝わんというのはできません。
八郎
ほんなら、お金とろか。授業料払ったらなんぼでも堂々と習い事してますって言えるやん。ここにお金を入れ。

八郎はビンを出してそこに入れるように言います。

喜美子
わかりました。
八郎
どうせ結婚したら、二人のお金や。たまったお金で陶芸の道具買ったらええ。これは、夫婦貯金や。
喜美子
わかった。お金入れとこ。
八郎
ほんなら、僕もお金入れとこ
喜美子
授業料ちゃうの。

そして、映画や美術館に一緒にいくように話をしている時に、照子(大島優子)がやってきました。2人がラブラブな感じで話しているのを見る照子。

照子
こんな感じか。赤ちゃんできたら人のことかまってられないからな。

照子が八郎に喜美子のことをお願いしていると、照子に陣痛がやってきます。八郎は、慌てて人を呼びにいきます。その頃、常治が喜美子の帰りの遅いことを心配していました。

常治
まだ、挨拶にも来てないやろ。なんかあったんちゃうかな。

常治が喜美子のことを心配しているところで63話のあらすじはおわりです。スカーレット64話のあらすじにつづく。

スカーレット第63話感想

スカーレット63話のあらすじでは、八郎が何度も常治に挨拶をしに行きますがまったく相手にされません。また、照子の陣痛がやってきました。

常治は、予想通りに頑固者ですね。会うことすらできなければ、どうすればいいかすらわかりませんね。ただ、八郎は誠実ですね。何度も何度も会いに行くってすごいですね。

 

喜美子がもう少し話をつめてから会いに行けばええのにって、思ってしまいます。でも、常時はなんで反対なんやろ?お見合い大作戦で会う男よりもええと思うんやけどなあ。

父親だから反対しておきたいって気持ちからやろか。なんか、別の理由がありそうな気がします。ただ、喜美子が手から離れるっていうのだけじゃなさそうな。

 

夫婦貯金っていいですね。なんか、ラブラブの象徴みたいな。関係がうまくいかなくなったらどっちのものとかってもめそうですけど・・・今はすごくほほえましい感じ。

照子は、喜美子と八郎がどんな感じが見てみたかったんでしょうね。照子も嬉しそうでした。ただ、陣痛が突然きて・・・喜美子が遅い原因はここにありそうな。

 

八郎が送ってくれるのかな?いずれにしても、連絡がないって常治は怒るのかな?明日が楽しみですね。スカーレット63話の感想はここまで。スカーレット64話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第64話「その夢必要ですか?」
スカーレット12週「幸せへの大きな一歩」
スカーレットのネタバレ総まとめ
八郎(松下洸平)モデルはコチラ
神山清子の家系図一覧はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です