スカーレット第64話感想「その夢必要ですか?」

このページは、NHKの朝ドラ「スカーレット」の64話のあらすじと感想をお伝えしています。あらすじは、会話形式にしていますので読みやすくなっていると思います。

 

スカーレット63話のあらすじで、常治(北村一輝)は八郎(松下洸平)が何度も会いに来ていましたが会わずに追い返していました。ある日、喜美子(戸田恵梨香)が帰ってくるのが遅くて心配をしていました。

スカーレット64話のあらすじでは、常時がマツ(富田靖子)に不安をぶつけるところから始まります。スカーレット64話のタイトルは「その夢必要ですか?」です。

スカーレット第64話あらすじ



常治
今、なにが起きてるかわかってるやろ。喜美子に男ができるっていう青天の霹靂事件が勃発してるんや。
マツ
男って、十代田八郎さんって名前があるんやから。
常治
こっち来てや。はよ聞いてや。
マツ
はい。
常治
そもそもあいつら、いつからや。
マツ
さあ。8月に大阪から来た言うてたから。結婚に反対なん?
常治
喜美子はまだ3歳や。俺の中では、お父ちゃんお父ちゃんいうとるねん。帰ってこんし。
マツ
確かに遅いな。
常治
俺とお前の時みたいに駆け落ちしたんちゃうか。もうかなわんわ。なにも一生認めん言うてないやん。こう冷却期間が必要やいうてるねん。

常治は、そういう不安をマツ(富田靖子)にぶつけました。そして、駆け落ちの話を百合子(福田麻由子)と常治がしているところに喜美子が嬉しそうに帰ってきます。

喜美子
ただいま。お母ちゃん、もうすごいで。泣きそうになった。照子が産気づいて出産に立ちおうてな。
マツ
無事生まれたん?どっち?
喜美子
女の子。

八郎は送ってきただけだから帰ろうとします。

常治
あがっていったらええやないか。
八郎
では、失礼します。
マツ
お腹すいたやろ。なんか食べる?
常治
生ぬるい空気もってくるな。
喜美子
お茶漬けでも食べる?
常治
お前もや。大事な局面や。
喜美子
大事な局面終わったわ。お父ちゃんが上がってええ言うてくれたから。
常治
誰がそんなこと言うた

そう言って、常治がちゃぶ台ひっくり返そうとしたら喜美子がちゃぶ台を押さえます。そして、八郎もちゃぶ台を抑えつけます。

八郎
改めめして、十代田八郎です。
常治
俺、じょうじ~

常治がふざけることに喜美子は怒ります。

常治
両親は、田舎におるのか?
八郎
いえ、亡くなりました。
常治
悪いこと聞いたな。すまん。出身は大阪?喜美子とは、信楽きてから?
八郎
はい。
常治
兄弟は、まだ大阪?
八郎
一番上の兄は結婚して岡山。三番目と四番目の兄もそれぞれ駿河と名古屋に。5番目の姉だけ大阪にいます。
常治
二番目と六番目は?
八郎
戦争で亡くなりました。七番目は、生まれてから1ヶ月で。
常治
そうですか?今は?
八郎
丸熊陶業の商品開発室で働かせてもらっています。
常治
なかなか骨ある男だと思ってたで。やけど、一つだけな。十代田くん。八郎くん。腹割って話そう。
八郎
はい。
常治
こいつと一緒になってな。駆け落ち同然で飛び出して、幸せにできる思ってた。夢もいっぱいあってな。でも、なんも叶えてやれんかった。失敗ばっかりの人生や。八郎君は今、丸熊陶業の社員さんでおられるやろ。喜美子から聞いたんや。陶芸家になる夢あるって。そんな夢必要ですか?
喜美子
お父ちゃん。
常治
それだけが気になるねん。いや、陶芸やるのがアカン言うてるのやないんや。なんぼでも空いてる時間にやったらやってええ。せやけど、約束してください。喜美子と一緒になるんやったらそんなフワフワしたこと言わんといてください。お願いします。
八郎
陶芸家になりたいのがアカンのですか?夢をもつないうことですか?
常治
好きいうだけでは夢はかなえへんねん。お願いします。

常治はそういって、八郎に頭を下げて頼みます。スカーレット64話のあらすじはここまで。スカーレット65話のあらすじにつづく。

スカーレット第64話感想

スカーレット64話のあらすじでは、常治がはじめて八郎を家にあげてお願いをするというストーリーでした。なんか、すごいいい話でした。

どっちの気持ちもわかるだけに、八郎の選択は難しいですね。常治は、普段ぶっ飛んだこというて・・・おかしいこともいっぱい言いますけどすごく気持ちが伝わってきました。

 

喜美子につらい思いをさせたくない。マツと同じような思いをさせたくない。喜美子のことが心配だ。だからこそ、夢を追うのではなく地に足のついた生活を送ってほしい。

そういう思いを抱いているのだと思います。常治自身が夢をもって、うまくいかないことの連続だったから・・・どうしてもそうなるんですよね。

 

人って自分の経験したことしか言えないですからね。経験したことで判断するからどうしてもそうなってしまいます。ましてや陶芸家って職業は好きだけで食っていける職業ではない。

当たればいいけど、山あり谷ありで食えるようになるまでにすごく時間がかかる職業です。安定を捨てて、飛び込むにはリスクがありすぎる。

 

常治からするとそう感じたのかもしれません。常治の気持ちはすごく伝わってきました。あとは、八郎の気持ち次第ですね。相手の親からあそこまでお願いされたら夢追うって言えない気がします。

でも、陶芸家になりたいっていうのは喜美子がどうこうって話じゃないですよね。八郎がずっと持つ夢です。根本から立場が違う2人。

八郎がどんな決断をするのか、すごく気になりますね。スカーレット64話の感想はここまで。スカーレット65話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第65話「そんな甘いもんちゃう」
スカーレット12週「幸せへの大きな一歩」
スカーレットのあらすじ総まとめ
八郎(松下洸平)モデルはコチラ
スカーレットのモデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)