スカーレット第65話感想「物づくりはそんな甘いもんちゃう」

NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」の65話(12月13日)のあらすじを会話形式でお伝えします。また放送後に感想も書いています。

スカーレット64話のあらすじで、常治(北村一輝)は八郎(松下洸平)に陶芸の夢をあきらめることを約束してほしいとお願いしました。

 

スカーレット65話のあらすじは、八郎が回答するところからスタートします。スカーレット65話のタイトルは「物づくりはそんな甘いもんちゃう」です。



スカーレット第65話あらすじ

常治
お願いします。
八郎
わかりました。きちんと定職ついて、合間の時間で陶芸やらさせてもらいます。丸熊陶業辞めるようなことはしません。
常治
ほんまか。嬉しいわ。
喜美子
もう、遅いわ。見てるで十代田さんと夢。お父ちゃんの許しもらったら映画見に行こうな言うてるねん。美術展や絵画展行ったり陶芸家になるために感性磨くために。うちはそういう夢をもう見てるんやで。
八郎
陶芸家で食べていくのは大変や。苦労かけさせたない言うお父さんが言うこともわかる。趣味で、趣味でやってくんでもええよ。
喜美子
ええわけないやん。自分だけの色出したい言うてたやん。陶芸展で賞とる言うてたやん。
常治
待てって。なんぼでも、空いてる時間にやればええ言うてるがな。
喜美子
モノづくりはそんな甘いもんちゃうわ。そんな片手間で出来るんやったら、みんな陶芸家になってるわ。みんな絵付け師になってるわ。お父ちゃんが仕事帰りに酒飲むんとは違うんや。一緒にするなや。

常治は怒ってちゃぶ台をひっくり返そうとしていたところを喜美子と八郎がそれを止めます。

喜美子
この人は優しい。お父ちゃんが思っている以上に優しいやん。お父ちゃんがそんなこというとわかりました言うやん。
八郎
辞めへんよ。辞めへん。信楽の土好きやし、自分の色だけ作りたいのも変われへん。
常治
ほしたら、丸熊陶業辞めたらええ。陶芸家になったらええ。酒飲むことしかわからないのに口出してすまんな。
喜美子
ほんなら、そうさせてもらいます。うちが支えます。陶芸家になるまで。

すると、マツ(富田靖子)が間に入って一回も失敗したと思ってないと諭します。

八郎
もういっぺん、話を聞いてください。例えば、4年前に陶芸展に入選した山田さんは大学の8年先輩です。陶芸家として活躍しています。
喜美子
信楽の人?
八郎
加賀の人や。こういう小さな湯吞みを作って出すと1個5万で売れます。大学の初任給の3倍。それ以上の価格で売れます。お金に換算して説明しました。僕は人の心を動かす作品を作りたい。
八郎
すみません。先ほどの約束見合わせてください。陶芸展に出品して賞を取ります。一緒に夢を見させてください。お願いします。
常治
十代田の姓はどないするねん。
八郎
十代田の姓は兄弟が継いでくれています。川原になります。喜美子さんと結婚させてください。
常治
陶芸展で入賞したら、入賞祝いと結婚祝いの両方したる。とれるもんならとってみい。

翌日から八郎は、陶芸展の出品のために作業をスタートさせます。スカーレット65話のあらすじはここまで。スカーレット66話のあらすじにつづく。

スカーレット第65話感想

スカーレット65話のあらすじでは、常治が陶芸展に入賞したら結婚を認めるというストーリーでしたね。すごく感動的な回でした。

どっちの気持ちもわかるけど、お母さんの言葉が効いた感じですね。あと、湯吞みが5万円ってのに常治は驚いたのかもしれません。

 

ただ、すっごい熱い気持ちで陶芸家になりたい気持ちをもっている八郎。根本的な意見として、私が思ってしまったのは・・・だったらなぜ丸熊陶業なのかなって思ってしまいました。

陶芸家として修業をする方が近道じゃないかと。陶芸家のもとで修業して、一人前になる道を選らぶべきなんちゃうかなって感じました。

 

そうなると喜美子との出会いはなかったわけですけどね。でも本気で今、陶芸の修業をしている人はそんなことを思うだろうなって感じました。

でも、喜美子と八郎はラブラブですね。喜美子はちょっとの期間だけど八郎の気持ちをよくわかってますよね。お父ちゃんが言えば、陶芸やめるって。

 

今後、八郎は陶芸展で入賞することができるのでしょうか。喜美子は、集中できるように一緒におるのは控えた方がええような気がするんですけど・・・。

少しでも一緒にいたい。手伝いたいって気持ちなんかな。入賞できればいいんですが・・・今後が楽しみですね。スカーレット65話の感想はここまで。スカーレット66話の感想につづく



あなたにおススメのページ

スカーレット66話感想「珈琲茶碗の依頼」
スカーレット12週「幸せへの大きな一歩」
スカーレットのネタバレ最新
八郎(松下洸平)モデルはどんな人?
スカーレットのモデル神山清子の人生とは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です