スカーレット第66話感想「珈琲茶碗の依頼」

現在放送中のNHKの朝ドラ「スカーレット」の66話のあらすじを会話(吹き出し)形式でお伝えします。また、感想も放送終了後に書いています。

スカーレット65話のあらすじで、八郎(松下洸平)と喜美子(戸田恵梨香)は八郎が陶芸展で賞をとれば結婚を認めると常治(北村一輝)から言われます。

スカーレット66話では、八郎が陶芸展に出品する作品を作るところからスタートします。スカーレット66話のタイトルは「珈琲茶碗の依頼」です。

スカーレット第66話あらすじ



仕事が始まる前と後の2時間、喜美子は陶芸を八郎は作品作りを行います。仕事は、いつも通りにやっていきます。八郎は陶芸展に出品する作品が焼き上がりました。まずは、若社長に見てもらうことになりました。

敏春
陶芸展の締め切りは、年明け一月末やったかな。日曜も正月休みもここ使ってええからな。頑張り。
八郎
あの~これやったら、出品しても賞は取れないゆうことですか?
敏春
なにを焦ってるのや。自分ではどう思う?この色でええんか?きれいに焼けてはいるけど、それだけやろ?自分が一番わかってるんちゃうか?

そういって、敏春(本田大輔)は部屋を出ていきます。八郎の作品作りは一からやり直しになります。八郎は、ご飯を食べずに陶芸するので喜美子が強制的におにぎりを食べさせます。

喜美子
ご飯、食べ。
八郎
いただきます。

行き詰っている八郎を見て、喜美子は一緒に大野家に行きます。

陽子
聞いたで。あんたら、お付き合いしているんやってなあ。

そう言って2人を家に入れコーヒーを飲んでもらいます。

陽子
お待たせしました。コーヒーでございます。
喜美子
ああ、変わったな。ええ湯吞みになったわ。
八郎
ええ香りや。
喜美子
ほやけど、これでコーヒー出すの?
陽子
違うよ。まだそろえてないんよ。八さんに・・・
信作
待て。待て待て。喜美子、なんか気づいたことないか?
喜美子
なに?なに?わかった。十代田さんの作った湯吞みや。
陽子
3回ぐらいごちそうしたら、作っていただいたんよ。
八郎
3回どころじゃないですよ。

すると、常治がやがて5万円になるかもしれないから大事にするように大野(マギー)に言ったのだという。

陽子
そやからいうわけじゃないけど、八郎さんに珈琲茶碗をお願いできたら思てるんわや。
大野
そや、信楽で地元で焼いた珈琲茶碗。
信作
それええな。店の特色にもなるし。
陽子
うちらこれ気に入ってな。
大野
色も好きやわ~。
陽子
ということで作ってくれはらへんやろか。
信作
いくつほど?
大野
15個はいるやろ~

その数を聞いて、喜美子の顔が一気に曇ります。しかし、八郎は・・・

八郎
やらせてください。やらせていただきます。

商品開発室で珈琲茶碗の話を喜美子とします。

八郎
珈琲茶碗なら今まで何回も作ってるし。
喜美子
そんなんやってたら、陶芸展の作品どうするの?断ろ。うち断ってくる。話せばわかる人らや。
八郎
ええ言うてるやろ。
喜美子
逃げてるのんちゃうの?作品作りうまくいかないから。
八郎
僕は自分の作品アカン言われたら自分も全否定されているように感じる。僕は湯吞み茶碗褒められて救われた。珈琲茶碗ほしいって言われたのも、作品に返せる。やるで。作品作りも。珈琲茶碗も

喜美子が何かを考えるところでスカーレット66話のあらすじはおしまい。スカーレット67話のあらすじにつづく。

スカーレット第66話感想

スカーレット66話のあらすじで、八郎は作品作りに忙しいなかで信作の両親から珈琲茶碗を作って欲しいという依頼がありました。それに反対する喜美子。やるという八郎。

タイミングが悪いですよね。両方やればいいんですけど、作品展とかぶる時期やから心配なんですよね。店の開店だって、そんなに遅らすことができないでしょうから。

 

そう考えると、喜美子が言うように無理せんほうがいいような気がするけどな。喜美子が逃げてるんじゃないかって言ったときに私も同じことを思いました。

妥協しない作品作りに向き合わず、求められている珈琲茶碗を作りたいと思ったのではないか。そんなことを思いました。

 

ただ、喜美子がいうのもどうなんかなとも感じました。作るのは、あくまで八郎ですから喜美子が断るてのも違うし。そんなことよりも、気になったのは会社通さずにそんなことして大丈夫なのかな?

無料でやるんだったらええかもしれんけど、アルバイトになるからばれたら怒られそうな気がします。当時はそんなことはないのかな?

 

いずれにしても、行き詰っている八郎が忙しくなってますます作品ができないってことだけにはならないようにしてほしいですね。それでイライラして喧嘩みたいなのは避けてほしいな。

なんのためにやってるんだろって思ってしまいそうな気がします。来週は、作品が出来上がって結果がでるのかもしれませんね。スカーレット66話の感想はここまで。スカーレット67話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット67話「一緒に乗り越えたかった」
スカーレット12週「幸せへの大きな一歩」
スカーレットのあらすじ最新
八郎(松下洸平)モデルはどんな人?
スカーレットのモデル神山清子の人生とは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です