スカーレット第72話感想「コーヒーカップ80個」

NHKの連続テレビ小説「スカーレット」の72話(12月21日放送)のあらすじを会話形式(吹き出し形式)で読みやすくしています。また、放送後に感想も書いています。

スカーレット71話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)に陽子(財前直見)からええ話が入ってきたと電話がかかってきます。

スカーレット72話のあらすじでは、その電話の続きからです。スカーレット72話のタイトルは「コーヒーカップ80個」になります。

スカーレット第72話あらすじ

喜美子は、立花に珈琲茶碗を気にいったので珈琲カップを作って欲しいとお願いされます。喜美子は、写真撮影前でしたが今からすぐ行くといってします。

喜美子
今から行ってくるわ。すぐ戻ってくる。コーヒーカップの注文があったのです。
常治
後にしてって、電話して断れ。
喜美子
1個400円やで。この写真代かて、コーヒーカップで支払えるわ。
常治
1個400円?すぐに行ってこい。

喜美子は八郎と一緒に急いで「SUNNY」に行きました。立花の叔父が新しい店をオープンしてたので、80個お願いしたいと喜美子は頼まれます。

しかし、喜美子はそんなにたくさんの数を作る力がないとその依頼を断ります。立花に、よそでコーヒーカップの中に絵を描くことを頼んでもいいかと聞かれ、喜美子は「はい」と返事します。

八郎
いつか独立するので、その時にはよろしくお願いいたします。

喜美子と八郎は家にもどって、写真をとります。

常治
32000円なにをどぶに捨ててるねん。お前が手伝え。
八郎
すみません。僕に来た話じゃないので。

そして、写真撮影した後に時代は経過します。丸熊から独立した2人は、家で工房を作っています。子供も生まれていました。男の子一人です。

また、常治の体調がよくありません。増築した際の借金は、まだ残っていました。百合子は短大を諦め食品会社で仕事をしています。そんなある日、ちや子(水野美紀)がやってきます。

ちや子
キミちゃんもそろそろ自分の作品作らんの?女性陶芸家として世に出ていったらええやん。
喜美子
ほやけど、うちは今の生活に満足してますし。
ちや子
才能あるのに。ほな、そろそろ戻るわ。さいなら

武志をお風呂に入れると八郎が手伝ってくれます。喜美子は、工房の片づけをしていました。スカーレット72話のあらすじはここまで。スカーレット73話のあらすじにつづく。

スカーレット第72話感想

スカーレット72話のあらすじでは、喜美子と八郎の家族で結婚した記念写真をとるというストーリーでした。そこに、突然わいてきたコーヒーカップの話に驚く内容でした。

しかし、喜美子もバカやなって思います。80個受ければええのに。そして、八郎に珈琲茶碗を作ってもらってそこに喜美子が絵を描くってことで納得してもらえばよかったのに。

 

八郎がそれはアカンっていうなら、外注に珈琲茶碗だけ作ってもらってそこに絵付けするというスタイルにすればよかったのに。

お金がなくて、貧乏してんねんから・・・向こうからそんな話がやってくることなんてまあないですよ。チャンスはそんなに多くないと思うねん。

 

今回は、常治が言ったようにどぶに捨てるようなことなんでするんやろって思いました。喜美子も八郎も商売っ気がないので大丈夫やろかって思ってしまいました。

自分の作品を認められてるんやから、できないところは人にお願いすればよいのに。それにしても、話がとても進みましたね。

 

一気に子供が誕生してて驚きました。八郎の仕事もなんかあんまりうまく行ってないようですね。育児してくれるんはええけど、なんかきまづい感じになってなかったらええけど。

ちや子がいうように、喜美子も女性陶芸家になればええんですけどね。女性初ってだけで、売れそうな予感がしますし。来週がたのしみですね。スカーレット72話の感想はここまで。スカーレット73話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第73話感想「常治の涙」
スカーレット13週「愛いっぱいの器」
スカーレットのあらすじネタバレまとめ
スカーレットのモデル一覧
八郎(松下洸平)モデルは最悪な人?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です