スカーレット第75話感想「常治の死に涙」

NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」の第75話(12月25日放送分)のあらすじを会話形式(吹き出し)でお伝えします。また、放送終了後に感想を書きます。

スカーレット74話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)たちが家族全員で常治(北村一輝)のためにお皿に絵付けをしました。

スカーレット75話は皿が完成したところから始まります。スカーレット75話のタイトルは「常治の死」になります。

スカーレット第75話あらすじ

大野
常さんの代わりに飲んでるねん。
信作
いつまで飲んでるねん、朝やで。最近、毎日や。
大野
戦地でしんどかった時に。あれ食べたいな。これ食べたいないう話した。常さん、大阪の串カツ食わせたるいう話したん。ほやから、わしま山にな松茸生えてるやろ。松茸食わせたるいう話したん。
信作
松茸嫌いやん。
大野
キノコ全部嫌いや。せやけど、約束果たせへんかった。

そう言って大野は、涙しました。

信作
ほな行こか。男やったら約束果たせ。

そう言って、二人で一緒に山に松茸を取りにいきます。そして、その松茸を喜美子の家にもっていき松茸ご飯を作りました。

大野
食べて元気つけてください。
常治
毒入ってるんちゃうか。こいつが一人になったら寂しいやろから、ええ男紹介してやってくれ。
大野
常さんよりええ男は、わしぐらいじゃないか。
陽子
大丈夫。マツさんには、私がついてるから安心して。

そんな話をしているところに、松茸ご飯ができてやってきます。喜美子たち家族で絵付けしたお皿の上に松茸ご飯が乗っていました。

喜美子
出来たで。
常治
うまそうやな。
喜美子
この皿、みんなで絵描いたんやで。
常治
喜美子、絵みえへん。

常治は、松茸ご飯が乗っているから絵が見えないというのです。そして、松茸ご飯がなくなりみんなで書いた絵を常治が見つめます。

常治
こういうの作れるいうのが心伝えるいうことやな。よう伝わった、みんなの心がよう伝わった。ええ皿や。ええ皿や。仲良くせえよ。お父ちゃんとお母ちゃんは一回も喧嘩してへん。2人仲良くせえ。直子も百合子もええ人みつけてな。
百合子
うちは結婚しいひん。

そこに、孫の武志がやってきます。

常治
おじいちゃん、相手してやれんからお父さんのところへいけ。もう、疲れたからあっちいけ。

そう言って、みんながいなくなったところで喜美子だけ呼び止められます。

常治
喜美子、頭なんかついとる。こっちきてみ。

そういって、喜美子の頭を撫でます。

常治
ほな、またな。
喜美子
お父ちゃん、寝んといて。起きといて。まだ話しようや。初めて琵琶湖見たときの話しよか。また、みんなで行こな。ほんでまた言うてな。海ちゃうで。日本一の湖や。

常治は、そのまま亡くなりました。スカーレット75話のあらすじはここまで。スカーレット76話のあらすじにつづく。

スカーレット第75話感想

スカーレット75話のあらすじでは、常治が亡くなるというストーリーでした。私は、思いっきり泣いてしまいました。大野さんの松茸ご飯が良かったですね。

信作が初めてかっこええなあって思えました。男やったら約束守れって。すぐに松茸とりにいって、山でとれるところがすごいです。今なら、なかなかとれないですもん。

 

でも、常治は喜美子と八郎のことを本当に心配してたんですね。喧嘩するな。仲良くせえってのは、親として心からの気持ちなんだと思います。

どうしても、自分の娘が喧嘩しているのみるのがつらかったんでしょうね。常治は、最後まで喜美子と一緒。喜美子のことが大好きで心配だったんだなって思いました。

 

常治は、いろんなことで苦労したかもしれんけど最後、あんな形で思いを伝えて死ねたのは幸せだったかもしれませんね。病院で死ぬよりも、あんな形で死ぬのが理想ですよね。

なかなか難しいとは思いますが、私も病院で死ぬより家で家族に囲まれて死にたいなって思いました。出来るか出来ないかはわかりませんが、それが理想的です。

 

でも、常治がいなくなると喜美子との漫才のような会話がなくなると思うと寂しくなりますね。喜美子常治ってなんか特別な親子ですから。

なので、寂しくなります。八郎ではその役目ができそうもない気がします。仲良くやっていってほしいな。常治の遺言みたいなもんやから。スカーレット75話の感想はここまで。スカーレット76話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第76話感想「直子の涙」
スカーレット14週のネタバレ
常治(北村一輝)のモデルはどんな人?
スカーレットのネタバレまとめ
スカーレットのモデル一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です