スカーレット第78話感想「金賞」

このページは、朝ドラ「スカーレット」の78話(12月28日分)のあらすじを吹き出し形式(会話方式)でみていきます。また、感想についても後半にお伝えしています。

スカーレット77話のあらすじで、ジョージ富士川(西川貴教)は八郎(松下洸平)にお願いされて喜美子(戸田恵梨香)の家にやってきました。

スカーレット78話のあらすじはその続きから始まります。スカーレット78話のあらすじのタイトルは「金賞」になります。



スカーレット第78話あらすじ

ジョージ富士川
ここは狭いんで外でやろう。
喜美子
申し遅れました。川原喜美子と申します。昨日の実演会行けんようになって・・・
ジョージ富士川
かまへん。かまへん。やるで。

そう言って、外でみんなで絵を描きます。喜美子は、なかなか何を書いたらええかわからないのでジョージ富士川が課題を出してくれます。それから、喜美子の手も動くようになりました。

ジョージ富士川
こうせないかん言うことはいっこもないんやで。自由は不自由や。

そう言って、ジョージ富士川は絵をぐちゃぐちゃにします。喜美子たちもぐちゃぐちゃに書くようになります。その日から八郎は作品づくりを始めました。

喜美子も自由に作ってみたいと思うようになります。しかし、八郎のために控えます。そして八郎は、新しい作品で陶芸展の金賞をとりました。みなが八郎のことを喜びます。

 

喜美子も作品を本格的に作り始めます。そして、常治のことを思いだして喜美子は初めて涙しました。これまでため込んでいた悲しみを一気に吐き出します。

八郎
お義父さんのことか?

それを八郎が受け止めます。そして、喜美子の手が動き出しました。初めて自由に作った作品が完成しました。スカーレット78話のあらすじはここまで。スカーレット79話のあらすじにつづく。

スカーレット第78話感想

スカーレット78話のあらすじは、ジョージ富士川によって八郎が作品を作り金賞をとり・・・喜美子も初めて作品作りをしたストーリーでした。

ジョージ富士川がわざわざ家に来てくれるってすごいですね。喜美子の家に来てくれて、一緒に絵を描いていくってのがよかったです。

 

それも自由に絵を描くっていうの。大人は、何書いていいかわからないってのは本当にですよね。こうすればよいとか、こうしたいとかって気持ちが強くて凝り固まってしまってるから。

子供は、その点自由になんでも描くことができますね。やったらいかんことはいっこもないってジョージ富士川の言葉がとても印象的でした。

 

自由にやったらええってところで、八郎も喜美子も作品作りをしましたね。八郎がまさか金賞をとるとは思いませんでした。そのため、ちょっとびっくりしました。

喜美子もはじめての作品作りにはげみましたね。本格的な作品作りは、絵付け依頼かもしれませね。喜美子の集中力はすごいなあって改めて思いました。

 

喜美子は、常治のことを思いだして・・・それでも前に向かって作品作りをしました。常治の死を乗り越えた感じなのかもしれません。今後の喜美子の活躍が楽しみですね。スカーレット78話の感想はここまで。スカーレット79話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第79話感想「銀座で個展」
スカーレット14週「新しい風が吹いて」
スカーレットのネタバレ総まとめ
スカーレットのモデル一覧はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です