スカーレット第80話感想「すごいな喜美子」

このページでは、朝ドラ「スカーレット」の第80話(1月7日放送)のあらすじを吹き出し形式でお伝えします。また、後半には感想も書いていますのでご覧いただければと思います。

スカーレット79話のあらすじで、八郎(松下洸平)が銀座で個展を開くことが決定しました。しかし、八郎は作品づくりに思い悩んでいました。

スカーレット80話は、喜美子が弟子の喧嘩を止めて信作(林遣都)がやってきたところからスタートします。スカーレット80話のタイトルは「すごいな喜美子」です。

スカーレット第80話あらすじ



窯業研究所の人に、八郎は銀座の個展に向けて発破をかけられます。その様子を影で信作が見ていました。

八郎
すまんな、信作。どないしたん。
信作
火祭りの話でな。
八郎
まだ、ずっと先の話やん。
信作
そやから抑えとけ言われてな。いろいろ忙しいけど、火祭りに参加してください。俺ら仲ええから言うとけ言われてて。俺ら、仲ええよな。
八郎
仲ええよ。
信作
最近、全然一緒に飲みに行ってくれんやん。前は、よう言ってたのに。
喜美子
最近、別の人とアカマツ飲みに行ってるらしいな。
八郎
誰?
喜美子
妹や。
八郎
え?百合ちゃん。

喜美子は信作を座らせて、百合子のことを問い詰めます。すると、信作は・・・

信作
結婚して夫婦になってな、思い描いてたのと違うようになってないか。俺は、お前らのことをよう見てきた。ここは、カワハラ工房やなく八郎工房になってる。無理してたらいつか爆発するぞ。
喜美子
百合子の話は?それだけ。付き合ってるんちゃうん。
信作
百合子にその気ない。付き合ってへんわ。

信作が帰ったあとに、八郎と喜美子で話あいます。

八郎
喜美子、これ応募しよう。僕も気になってたんや。二人でやっていこう言うてたのに、金賞とってから俺のことばっかりや。釉薬のことかて、もっと勉強したいやろ。
喜美子
八郎さん、頼まれた花瓶どんな釉薬にしようと思ってる?
八郎
俺のことはええねん。

すると、喜美子は釉薬の知識を披露します。影でこっそり勉強していたのです。

八郎
すごいな、すごいな喜美子。さすがや。
喜美子
ありがとう。調合だけやってみてええ?
八郎
ほなみたげるからやってみ。

喜美子は嬉しそうに釉薬の調合にとりかかります。スカーレット80話のあらすじはここまで。スカーレット81話のあらすじにつづく。



スカーレット第80話感想

スカーレット80話のあらすじで、信作に喜美子は我慢しているんじゃないかと言われるというストーリーでした。個人的には、喜美子が我慢しててもうまくいってればいいと思うんやけど。

喜美子がそのことに悩んでいるのならあれやけど、外野がどうこういうことちゃうと思うんですけどね。でも、八郎も信作の言葉に納得しましたね。

 

それがあったから、喜美子は釉薬の調合をできるようになったので結果オーライのような気もしますが・・・喜美子は百合子のことを聞きたかったんでしょうね。

付き合っているのかを気にしてました。確かに、信作は女にだらしないところがあるので喜美子からしたら心配ですよね。

 

なので、何度も何度も聞いていたんだと思います。ただ、信作は付き合ってないってはっきり言いました。百合子にその気がないって。

でも、興味もないのに2人きりで飲みにいくやろか?百合子の気持ちが気になりました。今後、どんな感じで2人が距離縮めていくか楽しみです。

 

あと、この時代はキックの鬼・沢村が人気だったんですね。ちょいちょい出てくるので面白いです。スカーレット80話の感想はここまで。スカーレット81話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第81話「弟子にしてください。」
スカーレット第14週「新しい風が吹いて」
スカーレットのネタバレまとめ
スカーレットモデル一覧



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)