スカーレット第9話感想「はよ探さな」

NHKの朝ドラ「スカーレット」第9話のあらすじと感想をここでは、お伝えしています。スカーレットのあらすじや感想を読みたいあなたはご覧ください。

スカーレット第8話のあらすじで、草間(佐藤隆太)が喜美子(川島夕空)たちに柔道を教えてくれることになりました。

喜美子
スカーレットの第9話は、つづきからスタートです。タイトルは「はよ探さな」です。

スカーレット第9話あらすじ

冬休み、草間流柔道を学び始めます。その日は、受け身を中心に教えてもらい、腕立てをします。しっかりと汗をかきます。その日の帰り、照子が将来の夢を話します。

照子は、婦人警官になりたいという。喜美子は、婦人警官が乗っている新聞を信作と一緒に探します。陽子(財前直見)と大野(マギー)は常治(北村一輝)から預かっている手袋を喜美子に渡そうとします。

 

直接渡すのではなく、落ちてるのを拾ったという形をとろうとします。しかし、それを警察官が拾ってしまいます。喜美子のかと警察に聞かれますが、「そんなええもん自分のではない」という。

家に帰ると、喜美子は婦人警官の話をマツ(富田靖子)にします。マツは、喜美子がなりたいのかと思いますが照子の夢やといいます。

 

喜美子は、「自分には夢はない。そんなことよりも大根がちゃんと炊けた方がよっぽど大事だ」といいます。その日の晩、草間は世話になっている柔道のお礼だと大野たちにラジオをプレゼントされます。

草間が東京に帰るというので、喜美子は寂しがります。しかし、奥さんを探しているというと喜美子は「そういうことなら早く探さな」と素直に言います。

 

草間は、喜美子の素直な気持ちに励まされます。そして、奥さんの写真を見せてくれます。そして、柔道をしていると照子のお母さんが慌ててやってきます。

照子が急にいなくなったのです。スカーレット9話のあらすじはここまで。スカーレット10話のあらすじにつづく。

スカーレット第9話感想

スカーレット9話のあらすじで、喜美子は柔道を習いました。そして、草間が東京に戻ることを寂しがりました。また、最後には照子がいなくなります。

照子の夢かわいいですよね。婦人警官っていうの。照子は、つんつんしているので婦人警官はぴったりかもしれませんね。子供のころの夢を自分も思い出してしまいました(笑)

 

ちなみに、私は歯医者さん。しかし、常治の周りはよくわかっていますよね。常治が意地っぱりだから、ラジオを素直に受け取ってくれない。

だから、草間さんにって形でラジオをプレゼントするっていうのは、すごくよい作戦ですよね。常治ではなく草間にプレゼントしているのですから何も言えないですもんね。

 

草間との別れは、喜美子にはつらいでしょうね。お兄ちゃんみたいに慕ってましたからね。でも、奥さんを探すってなったら、「はよ探さな怒られるで。」って急変しました。

それもまた、喜美子らしいです。草間が言っていたように普通は、もう死んだって思うんでしょうね。大人は特にそうです。諦めてしまいます。

 

でも、子供はこういうときも前向きです。こういう子供の気持ちを忘れたらいけないのかもしれないなって思いました。こういう気持ちを持っていれば、前向きになれる。そんな気がします。

照子は大丈夫なんかな。ちょっと気になりますね。人さらいじゃなければいいんですけど・・・心配です。スカーレット9話の感想はここまで。スカーレット10話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

スカーレット第10話感想「手袋」

スカーレット第2週のネタバレ「意地と誇りの旅立ち」

神山清子の家系図とモデル一覧はコチラ

スカーレットのあらすじ,ネタバレ総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)