スカーレット第12週のネタバレ,あらすじ「幸せへの大きな一歩」

NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」の第12週「幸せへの大きな一歩」のネタバレ,あらすじをこのページは会話形式でお伝えしています。

スカーレット11週のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の結婚に対して、常治(北村一輝)が陶芸展で賞をとることを条件にしました。

 

そのために、作陶に励む八郎ですが大野(マギー)にコーヒーカップの注文をされます。大事な陶芸展を控えた中でも大野の話を聞き八郎は注文を受けました。

スカーレット12週はその続きからスタートです。スカーレット12週のタイトルは「幸せへの大きな一歩」になります。



スカーレット第12週ネタバレ,あらすじ

正月になり、直子(桜庭ななみ)が川原家に帰ってきます。しかし、喜美子は再会もそこそこに八郎の陶芸を手伝うために会社に向かいます。

八郎は陶芸展で入賞するため、作陶に励みます。しかし、大野(マギー)喫茶店のコーヒーカップの受注も受けたため、八郎は忙しくしていました。

 

喜美子は、そんな八郎を心配して作陶の様子を正月にも見ていました。八郎の創作がはかどらない中で、喜美子が言います。

喜美子
私にもやらせて?
八郎
アカンよ。僕がお願いされたんやから。責任をもって僕がやる
喜美子
珈琲茶碗を手伝いたいねん。結婚に向けて一緒に乗り越えたいねん。

喜美子の目には涙がたまっていました。

八郎
わかった。一緒に頑張ろう。

そういって、喜美子は珈琲茶碗を半分作ることになりました。八郎は、半分の珈琲茶碗を喜美子に任せて作陶展に集中します。

喜美子は八郎に教えてもらったやり方で、初めて自分で陶芸を作りました。しかし、思うようにいかず壁にぶつかります。そして、帰りが遅かったので常治(北村一輝)はマツ(富田靖子)に様子を見に行かせます。

 

喜美子は、徹夜で10個のコーヒーカップを仕上げました。八郎も半分の珈琲茶碗を作り、残りは仕上げ作業というところまできました。最後の工程で、うまく焼きあがるのを待つ2人は結婚後の将来をノートに書きます。

八郎
初めてのキスはいつにする?
喜美子
そんなこと聞く?ノートに書くことちゃうやろ?

そう言ってると、八郎は喜美子にキスをしました。やがて、喜美子の珈琲茶碗が完成します。その出来を見て八郎が驚きます。

八郎
すごい上手。こない上手にできるなら、陶芸に専念してもいいんじゃない?
喜美子
そうかな。
八郎
うん。

八郎は、喜美子の陶芸の才能に驚き、2人で一緒に陶芸展の作品に没頭することになりました。そして、喜美子の珈琲茶碗は大野(マギー)に納品しました。

やがて、八郎の陶芸展の作品も完成しました。その頃、常治は喜美子に隠れて計画を立てていました。木材を大量に集めて大工にお願いをしていました。

マツ
こんなにたくさんの木をどうするの?
常治
喜美子が結婚するからな、あれや。

常治は八郎の入賞を信じて、こっそり川原家を広げようとしていたのです。そうとは知らず、マツ(富田靖子)や百合子(福田麻由子)にはなんのための木なのかわかりませんした。

百合子
お父ちゃん、あんなたくさんの木をどうするんやろ?
マツ
喜美子のため言うてたから・・・

そして、八郎の陶芸展の作品の結果発表当日、照子(大島優子)が結果を知らせてくれます。八郎は、陶芸展で入賞を果たします。八郎の作品を見た大阪の美術商の目にとまり訪ねてきました。

 

喜美子と八郎が晴れて結婚することができるようになり、川原家では家族写真を撮ることになります。写真を撮影していると、陽子(財前直見)が慌ててやってきました。

陽子
喫茶「SUNNY」のお客さんがキミちゃんの珈琲茶碗を気に入ったの。それで、他の茶碗も作って欲しいと言ってるの。
マツ
喜美子すごいじゃない。

喜美子は、自分の作った珈琲茶碗が認められて喜ぶのでした。スカーレット第12週のネタバレ,あらすじはここまで。スカーレット13週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第13週「愛いっぱいの器」
常治(北村一輝)モデル金場某の人生とは?
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
神山清子の家系図と実在モデル一覧はコチラ
神山清子を描いた映画「火火」はココ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)