スカーレット第13週のネタバレ,あらすじ「愛いっぱいの器」

第101回目の朝ドラ「スカーレット」の第13週「愛いっぱいの器」のネタバレ,あらすじをこのページでは会話形式(吹き出し)で読みやすくしています。

スカーレット12週のあらすじで、八郎(松下洸平)が陶芸展に入賞し、喜美子(戸田恵梨香)との結婚が認められ新しい生活が始まりました。喜美子に子供が生まれ、丸熊から独立していました。

スカーレット13週のあらすじは、だいぶ時間が経過したところからスタートします。スカーレット13週のタイトルは「愛いっぱいの器」になります。

スカーレット第13週ネタバレ,あらすじ



そして、数年が経過した昭和40年夏。喜美子は27歳になり長男・武志は4歳になっていました。その頃、八郎と喜美子は陶芸家として独立しています。

 

八郎だけでなく、喜美子も火鉢の絵付けの仕事がなくなったので丸熊陶業でやりがいのある仕事をすることができませんでした。そのため、自宅に夫婦で「かわはら工房」を作っていました。

しかし、作品づくりに励む八郎ですが泣かず飛ばずの状況が続きます。そのため、喜美子が陶器食器を売って生活費を稼ぐ状況が作ります。武志の世話は八郎が見ることが多い状況でしたが2人の間には微妙なズレが。

 

喜美子が生活のため食器陶器をつくり忙しくしているところに、川原家で大きな出来事が起きました。なんと、長距離運送して体調がすぐれない常治。

八郎
お父さん、今日も調子悪いわ。病院行ってへんのやろ。
喜美子
うちから病院行くよう言うわ。

照子(大島優子)が訪ねてきたある日、照子が八郎に言いました。

照子
うちお腹大きいやろ?そやから、県立病院行くねん。おじさん調子悪いんやって。県立病院で会うたで。おじさん泣いててん。
八郎
なんで?
照子
聞いたら、もうアカンっていうててん。
八郎
それいつ頃の話?
照子
半月前ぐらいに。
八郎
そのときにどうして言ってくれんねん。
照子
泣いて止められてん。

常治は、すい臓ガンで転移して医者から余命宣告を受けていたのです。そのため、常治は突然にマツ(富田靖子)と二人で温泉旅行に行きます。しかし喜美子はそのことを知りませんでした。

 

やがて、八郎から喜美子や百合子も病状を知ることになります。

八郎
一人で見てもらってたんや。今日やっと担当の先生に会えたんや。一人やから、検査結果は自分に伝えてほしい言うてたらしい。
喜美子
なんですんなことするんやろ?
八郎
予感があったんやろ。
喜美子
もうええ。聞きたない。楽しいことやない。悲しいことや。しんどい。
八郎
ちゃんと聞き。すい臓がやられてて、肝臓にも転移しててもう長いことない。
喜美子
嘘や。八郎さんなに言うてるの。なんやそれ。
八郎
一番しんどいのはお父さんや。喜美子がしっかりせんと。

しかし、喜美子は信じられません。そして、温泉に行っていた2人が帰ってきます。喜美子は、いつも通りに常治と接します。

マツ
楽しかったよ。大阪も周って、お母さんの親戚周りに挨拶して・・・。その後、温泉行ってな。なん10年分も笑かせてくれた。したげることないか何回も聞いたけど、なんもない言われた。そやからできることは泣かんことや。うちで見よ。

今度、ジョージ富士川(西川貴教)が信楽にやってくるといい、窯業会の人たちが八郎のもとにやってきました。

八郎
お義父さんも一緒に行きませんか?
常治
こっちの常治は、そんな先なにしてるかわからへんわ。

八郎は、作品を窯業協会の人に本気が足りないと厳しい言葉を言われます。

常治
信楽の陶芸展の人らにかわいがられてるやろ。なんでかわかるか。川原家のものになったからや。つまり・・・
八郎
つまり、今の僕があるのはお義父さんのおかげや言うことですね。
常治
そや。5年たってようやくわかったか。

そこに心の余裕を失っていた喜美子は、怒って入ってきます。

喜美子
八郎さん、なんで断ったん?珈琲茶碗作って欲しい注文。
八郎
60個いう注文やったから、喜美子、今そんなにできるかな言うただけや。
喜美子
勝手なこと言わんといて。出来るか出来ないかはうちが決める。

八郎も言い返して、喧嘩に発展していきます。その様子を見ていた常治は・・・。

常治
しょーもない

そう言ってその場を去ります。常治の体は深刻になっていきます。そして喜美子は、どんどん衰弱していく姿をみてお皿を作ろうと考えます。八郎も同じことを考えていて、お皿が出来上がっていました。

その絵柄に武志や百合子やマツ、そして喜美子も描いて家族で一つの皿を作ります。その頃、大野家では大野(マギー)が信作(林遣都)と一緒に夜中に松茸を山に取りに行きます。

 

百合子がもうご飯が食べられなくなってきていると店で話したことから、大野が常治と以前に約束した松茸ご飯を作るためでした。そして、川原家の家族で作った食器が焼きあがります。

出来上がった松茸ご飯を喜美子たちの皿にのせて、常治の前にだします。それまで寝たきりだった常治が起き上がります。そして、松茸ご飯がなくなり皿が見えるようになります。

常治
これなんぼや。値段なんかつけられへんわな。ええ皿や。

常治は、それからみんなに感謝の言葉を話していきます。

常治
喜美子、お父ちゃんとお母ちゃんはいっぺんも喧嘩したことない。二人仲良うせえ。直子も百合子もええ人で会えたらええな。
百合子
うちは結婚しいひん。
常治
もう疲れたからあっち行け。

みんなおらんようになった後に、喜美子だけ呼び止め頭を撫でます。

常治
喜美子、あのなまたな。

そういって常治の意識はなくなります。

喜美子
お父ちゃん、寝んといて話しようや。初めてみた琵琶湖の話しようや。また行こうな。海やいうて。海ちゃうで。湖や。日本一の湖や。そう言って笑ってな。一緒に笑おうな。お父ちゃん。

そしてその晩、常治は亡くなります。家族みんなが涙を流すなか喜美子はじっと皿を抱えていました。

働き方を見つめ直す

直子は常治の葬式にも間に合いませんでした。喜美子は、常治の葬式のが終わって一段落した後に八郎と向き合って話すことにしました。常治の亡くなる前の言葉で、夫婦関係について改めて見つめなおしたのです。

喜美子
喪主引き受けてくれてありがとう。喪主の挨拶で、お父ちゃんかっこええって言ってくれてありがとう。
八郎
仲良うせえ言われたな。最近、仲良うないように見えたんやろか?
喜美子
最近じゃないよ。武志が生まれてからズレを感じてたよ。
八郎
具体的に言うてくれなわからへんねん。
喜美子
八郎さん、私がやろうと思ってることをええよって全部やってしまうねん。でも、本当は違うねん。うちがちょっと仕事辞めたらええねん。茶碗60個を30個にすればええねん。でも、うち仕事が好きや。働くんが好きや。
八郎
喜美子、これからも忙しいで。これからもなんやかんや忙しいで。こうやって向き合ってたらええけど、そんな時間ないで。仕事が好きやけど、もう一つのことわかってたらええ。喜美子のこと好きやで。
喜美子
うちは、あんたしかおらん。あんたおらんと生きていかれへん。

そう言ってキスしようとしたところに武志が入ってきて止まってしまいます。喜美子は、武志と絵本を読んでいました。

そこに、直子(桜庭ななみ)が鮫島(正門良規)を連れて突然帰ってきます。喜美子は怒ります。

喜美子
直子、どないしたん。お父ちゃんが亡くなるという時に、なんで帰ってこんかった。何度も連絡したやろ。
直子
お父ちゃんが元気に、喜美子から電話がかかるかもしれんけど帰ってこんでええ。そう2回連絡があったんや。
喜美子
お父ちゃんが帰ってくるなって言うても、帰ってくるのが子供ちゃうん。

常治の死に目に、直子が帰ってこなかったことに喜美子は怒りました。

直子
会いたかったで。会いたかったけど、うちいっつもお父ちゃんの言うこと聞いてなくて最後ぐらい聞きたかった。

そういって直子は涙を流しました。鮫島を外に出したまま、喜美子はお皿の話をします。その話をした後です。

直子
鮫島さん呼んでもええ。いいたいことがあるねん。うちは、ノシタニ電気を辞めて鮫島と一緒に大阪で商売をしようと思う。一発当てて楽させてやるからな。
喜美子
商売ってどんな?食べていけるの?
直子
まあ、販売や。相談やのうて、報告や。何言われてもやるで。これからの人生思うように生きるで。

その後、陶芸の部屋で直子が喜美子と話します。

直子
お父ちゃん亡くなったことホンマに悲しいで。うち考えたで。お姉ちゃんみたいに。お父ちゃんおらんようになって、自由になった。ほなな。

 

そんなある日、ジョージ富士川(西川貴教)が信楽に講演をしにやってくることを喜美子も知ります。喜美子は、常治が亡くなったあと陶芸に没頭できずにいました。

八郎
今度の日曜日やで。ジョージ富士川の実演会。自由は不自由や。
喜美子
一緒にいこな。

しかし、ジョージ富士川の講演の日に武志が高熱を出してしまいます。喜美子は、講演に行くことはできませんでした。その日、信作は百合子を呼び出しました。今、付き合ってる人と別れるためでした。

その頃、八郎が喜美子のためにジョージ富士川と会う機会を作ってくれました。

八郎
思い切って声をかけた。
照子
言うてみるもんやな。来てくれたで。

なんと家にジョージ富士川がやってきたのです。

喜美子
ジョージ富士川やった

そういって、ジョージ富士川のいる部屋から逃げ出します。

照子
なんで出てくるん?喜美子のためやで。

照子と八郎も喜美子と一緒に部屋に入ります。

喜美子
申し遅れました。川原喜美子と申します。大阪おったときに絵の勉強しにジョージ富士川先生のところで勉強したかったんやけど、信楽戻ってきて・・・もう二度と会えへんかと思って
ジョージ富士川
かまへん、かまへん。

外でやろ。そういって、外で子供たちも一緒に絵を描きます。

ジョージ富士川
自由に描いたらええ。けど、大人は自由に言うてもなかなかできひん。課題だしたろか。

ジョージ富士川に言われるままに、喜美子もキャンパスに絵を描きました。ジョージ富士川と出会ってから八郎は、作品作りをはじめました。

喜美子も自由に作ってみたいと思っていました。けれども、うまくいきません。八郎は、作品展に出品してついに金賞をとりました。八郎の壺は、大人気で作品を取り合います。

八郎
次は喜美子の番や。自分の作品作り。

それから喜美子は、作品づくりに没頭します。ジョージ富士川に会って初めて作品づくりをスタートしたのです。しかし、喜美子は作品づくりをすると常治を思い出して泣いてしまいます。

それを八郎が受け止めます。常治が死んでから初めて、喜美子が泣いたのです。そして、誰のためでもない。自由に作品を作りました。

川原喜美子、初めての作品が完成です。スカーレット13週のネタバレ,あらすじはここまで。スカーレット14週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット14週ネタバレ,あらすじはコチラ
常治(北村一輝)モデル金場某の人生とは?
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
神山清子を描いた映画「火火」はコチラ
神山清子の家系図と実在モデル一覧はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です