スカーレット第16週のネタバレ,あらすじ「熱くなる瞬間」

大人気放送中のNHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」の第16週「熱くなる瞬間」のネタバレ,あらすじを吹き出し(会話)形式で、できるだけ読みやすいようにしています。

スカーレット第15週のあらすじで、直子(桜庭ななみ)の妊娠がうそのことが判明しましたが、お金に困っていることを知り喜美子がお金を貸すことになります。

そして、喜美子(戸田恵梨香)は夫婦ノートに「新しい作品を作り陶芸展で金賞をとる。八郎が喜び、喜美子も喜ぶ」と書き記しました。

 

スカーレット16週のあらすじは、八郎が東京に出張に行ったところから始まります。スカーレット16週のタイトルは「熱くなる瞬間」です。



スカーレット第16週ネタバレ,あらすじ

八郎は、個展の準備のために東京に出かけて不在です。八郎が東京で個展を開いている間に、喜美子は作陶に励みます。三津と話をしていると、照子(大島優子)がやってきました。

照子は夫婦喧嘩をしたという。そこに信作(林遣都)もやってきて、いつの間にか幼かった時の話になります。結婚をする信作に、離婚危機を乗り越えた照子の話など、久しぶりに一晩話合います。

照子
あの信作もやっと結婚か。うち、小さかった頃は信作のこと好きやったんやで。
信作
ホンマか?それ。
喜美子
ホンマや。見てたらわかったわ。

久しぶりにそんな会話を三人で楽しんだのです。喜美子は、3人で会話した翌日から再び作陶作業に集中しました。信作は、3人で話したことを実行するために百合子に電話をかけ百合子を呼び出しました。

信作
百合子か?明日、仕事が終わったらSUNNYに来てほしい。

いつもと異なる信作に、百合子は結婚が破断になるのではないかと不安になり三津に相談します。そして、電話で言われた通り信作の家に向かいました。

 

一方、八郎は東京の個展の準備で思わぬ人と会います。それは、ジョージ富士川(西川貴教)でした。八郎は、ジョージ富士川と一緒に信楽に帰ってきます。

八郎
喜美子、ちょっとSUNNYに来て。

喜美子がSUNNYに行くと、ジョージ富士川が待っていました。

ジョージ富士川
本格的に女性陶芸家になったんやって?
喜美子
私なんてまだまだですけど。
ジョージ富士川
今後、どんな作品作りたいと思ってるん?なんかないの?
喜美子
昔、拾った信楽焼の色を自分で出したいって最近思っています。

ジョージ富士川は信楽焼の破片に興味を持ちます。そして、喜美子は中学生の頃に拾った焼き物の破片をジョージ富士川に見せます。

喜美子
この色を出したいんです。この色の焼き物を作りたいんです。
喜美子
ええ色やなあ。やったらええ。昔、誰かが出してるんやから絶対できるよ。

喜美子は、ジョージ富士川との再会に刺激を受けます。そして、信楽の土で作った釉薬を使わない作品をつくることを決意します。そして、そのことを八郎に相談します。

八郎
あれから、僕もあの色について調べたんだけど・・・釉薬を使わないなら穴窯しかないと思う。

そんな話をしていたある日、かわはら工房の電気釜が故障し治らなくなります。そのため、八郎は穴窯をつくらないかと言います。そして、窯業研究所の柴田から穴窯に詳しい人を紹介されます。

しかし、穴窯づくりはすぐにとん挫します。喜美子には、資金が足りなかったのです。しかし、その話を聞いたマツが・・・

マツ
それやったら、私のへそくりでやったらええ。喜美子が学校行きたい言ってた時からずっと貯めてたんよ。これ使い。
喜美子
お母ちゃん。ありがとう。でも、ちょっと待って。これ使ってしまったら・・・

そう言って迷う喜美子の背中を押したのは八郎でした。

八郎
ずっと、あの色だしたかったんやろ?だったら、お金がかかっても穴窯を作ろう。

そして、八郎と三津の協力のもと・・・遂に穴窯が完成しました。穴窯の完成に、照子も喜びお祝いにかけつけます。

しかし、穴窯は電気釜のようにすぐに作品が焼きあがるわけではなく思ったように焚けません。それを喜美子、八郎と三津が交代で焚けるように待ちます。

しかし、八郎と三津(黒島結菜)は穴窯で作品が出来上がる間に話をすることで、距離がどんどん縮まっていきます。スカーレット16週のネタバレ,あらすじはここまで。スカーレット17週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット17週ネタバレ「涙のち晴れ」
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
神山清子の家系図と実在モデル一覧はコチラ
八郎(松下洸平)のモデルはどんな人?
神山清子を描いた映画「火火」はコチラ



 

8 件のコメント

    • うちも子供がいるので気持ちはわかります。
      そういうことになるにせよ、ふんわり描いてほしいですね。

    • そうですね。

      夏空は前半のイメージが強かったので、
      後半はちょっと物足りなかったですよね。

      もっと泣ける作品に仕上げて欲しかった
      です。

  • もう、だんだん八郎と三津との仲が昔の喜美子との雰囲気に似てきてしまっていて…
    やっぱりシナリオ通りにいってしまいそうですね…
    でもこちらがこんなふうに感情移入できるのは構成の良さと戸田さんの演技力かな、と。
    今回の朝ドラは出来が良いです。

    • 「スカーレット」って本当によくできてるなって私も思います。
      戸田恵梨香さんの演技力ってのも納得です。

      思わず感情移入してしまいます。
      最近の中では、「ひよっこ」依頼かなあって思います。

      今後も楽しみですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)