スカーレットのネタバレ「喜美子の結婚相手」はコチラ

NHKの朝の連続テレビ小説「スカーレット」。その中で、喜美子(戸田恵梨香)の結婚相手を今回はネタバレしていきたいと思います。

第5週で、圭介(溝端淳平)に初恋をした喜美子ですが、圭介はあき子(佐津川愛美)の嫉妬心から荒木荘を出ていくことになりました。あき子よりは喜美子の方がいいと思うんですけどね。

 

美男美女だけに圭介とくっついてほしかった。しかし、喜美子の初恋は実ることはありませんでした。では、キミちゃんは誰と結婚するのかというところにネットでは注目が集まっています。

そこで、今回は結婚相手をネタバレしてその後のストーリーも実在モデルと合わせて詳細に解説していきたいと思います。スカーレットを見ているあなたは必見です。



スカーレットで喜美子の結婚相手

スカーレットで喜美子が結婚するのは、十代田八郎(松下洸平)です。喜美子と八郎の出会いは、喜美子が信楽に戻されてからです。

喜美子は、荒木荘で女中として働いて絵の勉強をしようと考えていたある日、常治(北村一輝)に母・マツ(富田靖子)が倒れたと半ば無理やり信楽の帰されます。そして、信楽に戻ると・・・

常治
お前はもう大阪戻らんでええ。

そう言って、喜美子が信楽の丸熊陶業で働くように段取りを強引にしてたのです。喜美子は、覚悟を決めて丸熊陶業で働くことになります。

やがて、絵付け師にあこがれて絵付けの弟子入りを丸熊陶業でしているころに出会うのが、八郎です。八郎は、照子(大島優子)の夫・敏春(本田大輔)が力を入れて雇った商品開発の社員。

八郎
いつか陶芸家で一人立ちするのが夢や。

八郎と喜美子は、しだいによい関係になっていきます。しかし、八郎は付き合うなら結婚をと考えるタイプ。しかし、喜美子は付き合うのはええけど結婚には躊躇していました。

喜美子
ウチ、結婚は考えられへん。

喜美子の頭の中には、草間(佐藤隆太)が結婚して離婚したことがどうしても頭に残っていて結婚に前向きになれなかったのです。

しかし、八郎の誠実さに喜美子は惹かれていき結婚することを決意します。しかし、結婚にはもう一つ大きな壁が。喜美子の父・常治です。

常治
どこの馬の骨ともわからん奴と誰が結婚さすか。

そういって、会うことさえも拒みます。しかし、周囲はどんどん2人の結婚を賛成していきます。丸熊陶業の社長になった敏春も二人の結婚に太鼓判を押します。

敏春
八郎くんならキミちゃんの将来も任せれられるわ。

マツや直子(桜庭ななみ)も2人の結婚を賛成してくれます。そして、照子が産気づいて喜美子が立ち合ったときに帰りが遅くなり、常治は駆け落ちしたのではないかと心配します。

 

それをきっかけに、八郎と常治は話をすることになりました。常治は、気にしていたことを八郎に確認します。

常治
十代田さん陶芸家として独立したい夢があるらしいけど、そんなん必要ですか。そこだけが気になる。そんなふわふわした夢を一生もたへんと約束してください。
八郎
わかりました。丸熊陶業を辞めるようなことはしません。
常治
よし。そしたら、陶芸は趣味や仕事の片手間にやってな。
八郎
はい。

しかし、この約束に喜美子が反発します。

喜美子
陶芸は、趣味や片手間で出来るもんちゃう。お父ちゃんが仕事の帰りに酒飲むんとちゃんねんで。この人は、やさしいからわかりましたっていう。うちがこの人支えます。

喜美子が常治の約束に異を唱えたことで、八郎も頭を下げます。そして、賞をとって独立した人の話をします。

八郎
喜美子さんと一緒に夢を見させてください。結婚させてください。
常治
賞とってみい。受賞祝いと結婚祝い両方したらあ

そういって、常治は賞を取ることを条件に夢をみることも了承して結婚を許すのです。それから、八郎は賞がとれるように作陶に取り組みます。そして、見事に賞をとって2人は結婚します。

八郎のモデルから見る今後

十代田八郎にはモデルがいます。神山易さんです。神山易さんと喜美子のモデル神山清子さんは、信楽の同じ会社で出会い結婚します。なので、結婚するまではモデルそのままに描かれています。

しかし、モデルどおりに描かれると今後がとても大変なことになります。子供を産んだ後、神山易さんは独立して清子さんと一緒に陶芸を始めたのはよかったのですが、他に女をつくって出ていってしまうのです。

 

その様子は、映画「火火」でも描かれています。そして、そのあとに神山清子さんは息子と娘と一緒に貧しい生活をしながら自然釉信楽焼を作っていくことになります。

なので、スカーレットで八郎と結婚した後にどのような展開になるのかというのが注目です。モデル通りになるのであれば、結婚後、子供を産んだ後のストーリーが大変なことの連続です。

 

離婚したあとも、自然釉信楽焼でうまくいき、息子が陶芸の世界に入って幸せな日々をいったんは送りますが、今度は息子が白血病になる。そこから、息子との闘病生活、骨髄バンク設立の道に進んでいきます。

そこまでのヘビーな話を朝ドラで描いていくのかどうなのかは定かではありません。しかし、スカーレットは結婚までの間はかなり神山清子さんの人生に近い形で描いてきています。

 

そう考えると、離婚して自然釉信楽焼をってところまでは少なくても描くのではないかなって思います。なぜなら、結婚して2人幸せに暮らしていたら自然釉信楽焼までたどり着かないと思うからです。

離婚して、子育てをしながらだからこそ生まれた作品が自然釉信楽焼です。なので、結婚後の離婚というストーリーは描かれるのではないかと思います。

 

常治の承認をとった流れからいくと、離婚ではなく死別という内容に変化していてもおかしくないかなと思います。いずれにしても、夫婦がうまくいきつつ自然釉信楽焼にたどりつくことはないと思います。

そして、白血病の話まで行くのかどうかというのにも個人的には注目しています。スカーレットの喜美子の結婚相手は間違いなく八郎です。

 

ただ、その後のストーリーが脚本家の人が一番伝えたい部分になっていくんだと思います。モデルとどのように変えてくるのか。それとも変えないのか。そこがすごく楽しみです。



あなたにおススメのページ

スカーレットのモデル・神山清子の人生

神山清子モデルの映画「火火」のフル動画

神山清子の家系図と実在モデル一覧はコチラ

スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)