スカーレット第103話感想「草間さん再登場」

このページは、2020年2月3日にNHKで放送された朝ドラ「スカーレット」103話のあらすじを会話方式でお伝えしています。また、後半に感想も書いていますので興味があればお読みください。

 

スカーレット102話のあらすじで、喜美子(戸田恵梨香)は大阪に行きちや子(水野美紀)、大久保さん(三林京子)、雄太郎(木本武弘)と会い気持ちを新たにしました。

スカーレット103話のあらすじでは、喜美子がお金を借りるところからスタートしました。スカーレット103話のタイトルは「草間さん再登場」です。

スカーレット第103話あらすじ



喜美子は、お金を借金して穴窯をすることにします。そして、武志に話をします。

喜美子
お母ちゃんが武志のことどない思ってるか知ってるやんな。大好きや。お父ちゃんのことも大好きやで。

武志は、お父ちゃんのことも大好きという喜美子の言葉に驚きます。そして、よかったと寝っころがって喜びました。

喜美子
お父ちゃんな、お母ちゃんのこと心配してな穴窯やるかやらんかで言い合いしてしもた。だから、しばらく別々に暮らす。武志は、お父ちゃんとお母ちゃんがいるどっちもお家やからな。

そして、喜美子は武志とギュッをしました。喜美子は、4回目の穴窯に挑みました。4回目は、火の流れを再度考え直して置き方を工夫しました。

 

温度を上げるために、どんどん薪を放り込みます。しかし、思うような色は出ませんでした。喜美子は、原因を考えていました。灰に原因があるのではと思いつきます。

 

灰のことを考慮して、煙突を調節して土の配合も変更して行った5回目。試し焼の中に色が少し出ていました。色の出た土を使い、試し焼を続けます。次は、場所の確認です。どの場所に置けば灰がうまくかぶるのか。

6回目の挑戦、焚口の近い場所で灰がたくさんかぶることがわかりました。さらに、しっかりと灰を被せるために、もっとしっかりと薪をたかなければならない。それを実行するために、お金が無くなりました。

 

八郎と離れて暮らしていることが信楽中に広まり、喜美子に仕事が来なくなっていました。そこに、橘(紺野まひる)がやってきました。

終わりましたね。万博。いかれました?
喜美子
いえ。あの~
あっ注文もってきました。主人の会社の部長の奥さんが、息子さんの結婚式の引きで物に絵付け小皿をお願いしようという話になって。5枚セットで100組。
喜美子
100組?ありがとうございます。
前金でお願いしますとさりげなく言っておきました。
喜美子
ありがとうございます。
ただ一つ、こらえてほしいことがあるんです。ご主人が女のお弟子さんがあれして出ていったと思われています。そういう噂がたってるんです。
喜美子
それは違います。
それでも、部長の奥さん間に受けて注文を。もし、嫌やったら・・・
喜美子
いえ、ありがとうございます。喜んでやらせていただきます。

その頃、武志と八郎(松下洸平)が一緒に喫茶店に行ってました。そこに、窯業研究所の柴田(中村育二)がやってきます。武志は、百合子が連れて上がります。

柴田
かわいらしいな。4年生いうたかな。背の順で言うたら前の方やろ?
八郎
背の順で言うたら、一番前です。そやけど、リレーで第一走者に選ばれました。運動会楽しみで。
柴田
あんな、八さん若いお弟子さんおったやろ?
八郎
はい。
柴田
その子が出ていったんと、八さんが出ていったのが同じころやったやろ。
八郎
ただの噂です。
柴田
あんたらが意地はって、もとのさやに戻らんからや。
八郎
意地はってるつもりは・・・
柴田
京都の陶磁器研究所に空きが出た。京都やったら電車ですぐや。信楽はなれ。

八郎が川原家に武志を連れて帰ったところに、草間(佐藤隆太)がやってきました。

草間
キミちゃん。
喜美子
草間さん。ご無沙汰しています。

八郎が草間さんを見て、誰?っと怪訝な顔をしていました。スカーレット103話あらすじはここまで。スカーレット104話のあらすじにつづく。



スカーレット第103話感想

スカーレット103話のあらすじでは、喜美子が借金をして6回目まで穴窯にチャレンジしたストーリーでしたね。また、八郎と喜美子の別居は続いている状況です。

そんな中で、橘さんから大量の絵付け小皿の依頼をいただきました。それで、なんとか資金ができそうな感じです。そんなタイミングで草間さんが信楽にやってきました。

 

う~ん。別居が続いている状況ではあるけど、行き来もあるし2人の関係はなんとかなる可能性がまだありますね。武志のこともあるし。武志を送ってきた八郎と喜美子は、普通に話していました。

なので、穴窯のことが終われば本当に話し合ってうまくいくのかなって思いました。ただ、気になったのは柴田さんに京都に行かないかと誘われたことです。

 

これにのってしまうと、さらなる別居になってしまいます。八郎は武志とも会えなくなってしまうので・・・離婚の道につながっていくのかなって思います。

でも、喜美子が困っているときによく橘さんが助けてくれますよね。いつも大口の注文を入れてくれるので、喜美子にとってはありがたい存在です。

 

このお金をもとに、再度穴窯に挑戦するのかな。あと、草間さんがなにしにやってきたのかってのも気になるところです。スカーレット103話の感想はここまで。スカーレット104話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット104話感想「2週間焚き続ける」
スカーレット第18週「炎を信じて」
スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ
スカーレットのモデル一覧まとめ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です