スカーレット第108話感想「桜咲く」

2020年2月8日に放送されたNHKの朝ドラ「スカーレット」第108話のあらすじを会話方式、吹き出し形式で詳しく見ていきます。後半には、感想も書いていますのでご覧いただけたらと思います。

 

スカーレット107話のあらすじで、武志(伊藤健太郎)は進路に迷って・・・八郎(松下洸平)に泣きながら電話しました。

スカーレット108話のあらすじは、武志が八郎に会いにいくところから始まります。スカーレット108話のタイトルは「桜咲く」です。



スカーレット第108話あらすじ

武志が学校から帰ってきます。そして、喜美子(戸田恵梨香)の居場所を探します。

武志
ただいま。ちょっと出かけてくるわ。
喜美子
どこに?ちょっと、これいただいてん・・・
武志
ご飯いらんし。ほな。

そう言って、武志は八郎のところに相談に行きました。喜美子は、SUNNYで武志のことを相談します。

陽子
それは、思春期ってやつやな。信作の時もあったよな。
大野
そっとしといたらええ。
喜美子
信作は、時々、届け物していますよね。5年は続けますね。この前も・・・
大野
それは、わしが助言してん。離れとっても父親として・・・

そう言って言いかけたところを陽子(財前直見)が止めます。

大野
えっいや、信作は父親代わりとして面白ろおじさんでおらなアカンでいうとるねん。

その日、武志は遅くに帰ってきました。

武志
ただいま。
喜美子
遅いな。もう11時やで。
武志
文化祭の時の方が遅かったわ。
喜美子
こんな遅ないわ。
武志
美術部でぎょうさん書かされて、夜中すぎてた。お母ちゃん窯焚いてたから気づかんかったんや。
喜美子
ほな、今日は文化祭か。美術部で残ってたんか。
武志
いや。
喜美子
電話ぐらいしなさい。もう、歯磨いて寝なさい。

そして、喜美子が工房に行ったのを武志はおいかけました。

武志
なあ、決めたで。話して決めたで。高校卒業後の進路。
喜美子
武志、誰と会ってきたん?決めたんは誰や。
武志
決めたんは、俺や。お母ちゃんは自分で決め言うてくれたから。考えて最後に決めたんは俺や。京都の美術大学に行きます。そこで勉強して、陶芸家目指します。

武志は、その日から死に物狂い勉強しました。武志の受ける大学では、美術試験もあります。そのため、絵を描いたり美術の実技試験もあります。

 

そして、1年たって受験の結果発表の日。喜美子は、赤飯を炊いて待ちます。そして、武志が結果を知らせに帰りました。

武志
桜咲きました。
マツ
おめでとう。
喜美子
おめでとう。

そして、武志と喜美子は2人で話します。

武志
来月から京都や。
喜美子
準備せんとな。
武志
寂しいな。
喜美子
寂しないわ。うれしいで。楽しみや。
武志
俺、陶芸家目指すで。
喜美子
まずは、大学で有意義に過ごし。陶芸はその後や。報告したん?進路の相談乗ってもろてたやろ?
武志
お父ちゃんと同じ大学やから。会いに行った。進路の相談いうか・・・話聞いてもろた。
喜美子
四国から?わざわざ?
武志
今は、名古屋に住んどる。5年ぶりやった。ずっと手紙もろてた。信作叔父さんが届けてくれてた。
喜美子
もってきてたん、やっぱり手紙か。
武志
なんやたわいもない手紙や。言いそびれてた。ごめんな。
喜美子
ええよ。別に。武志にとっては父親や。
武志
5年ぶりに会って、2人でたぬきそば食べた。昔と変わらんように話した。
喜美子
なんで?5年もあってなくて、なんで変わらんように話せたん?
武志
風呂沸かせるほどぎょうさんの手紙にな、必ず最後に書いてた。会いたい。いつか会いたい。5年間、書き続けた。ほやから普通にしゃべれたんや。

喜美子は、大事なものを失ったのだと思いました。スカーレット108話のあらすじはここまで。スカーレット109話のあらすじにつづく。

スカーレット第108話感想



スカーレット108話のあらすじは、武志が進路を決めて大学に合格するというストーリーでした。武志は、八郎と会って進路を決めました。

武志にとっては、喜美子の異常なまでの陶芸への想いよりも八郎のような普通の人間の意見の方が参考になったのかもしれませんね。父親やし、八郎も陶芸家やからね。

 

でも、見てて思ったのは美術大学に行くのにも歴史の勉強するんやって思いました。このころは、センター試験とかないやろから、どんな試験やったんやろ。

だいぶ話がそれてしまいましたが、武志は5年ぶりに父親と会うことができてよかったですね。それで、陶芸家の道の後押しをしてくれたんやからよかったですね。

 

武志と八郎の間には、喜美子の立ち入れない部分があるんやろうなって思いました。武志は、思春期もあれることなく成長した。それだけで、喜美子にとったらよかったのかなって。

武志は、大学も合格して陶芸家の道を目指すのでこのまま進んでほしいですね。大学でいろんなことを学んで、狭い世界だけでなく広い視野をもって頑張ってほしいなって思いました。

 

大学に行ったら進路とかも変わってくるかもしれませんが、やがては信楽戻ってきてほしいなって思います。あと、喜美子の寂しくはない。楽しみやってのはかっこいいなって思いました。

ずっと、自分の側にいた子供がいなくなるのは寂しいって普通は思う。でも、喜美子は寂しないって言いました。そこは、喜美子も素敵やなって思いました。スカーレット108話の感想はここまで。スカーレット109話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第109話感想「幸せな死に方」
スカーレット第19週「春は出会いの季節」
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ
スカーレットのモデル総まとめ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です