スカーレット第115話感想「親は親、子は子や。」

2020年2月17日の放送されたNHKの朝ドラ「スカーレット」第115話のあらすじを会話,吹き出し形式でお伝えしていきます。また、後半には感想も書いていますのでご覧ください。

 

スカーレット第114話のあらすじの最後に、小池アンリ(鳥丸せつこ)が夜遅く帰ってきました。そのことを泣いて喜ぶ喜美子。

スカーレット第115話は、喜美子(戸田恵梨香)が二日酔いで起きたところから始まります。スカーレット115話のタイトルは「親は親、子は子や。」です。

スカーレット第115話あらすじ



喜美子はバナナの皮を持って起きます。夕べは、小池アンリと一緒にワインを飲みました。

アンリ
わざわざ神戸まで行って手に入れてきたんや。あんたに飲ませたかったし。そしたら、乾杯
喜美子
乾杯。おいしい。
アンリ
おっしゃ、一緒に暮らそう。
喜美子
一緒に暮らそう。

そう言っていた小池アンリですが朝起きたら、すでにいなくなっていました。喜美子は、武志(伊藤健太郎)に電話して確認します。

喜美子
ほな、バナナくれたん竜也のお父さん?
武志
バナナやろ。夕べ説明したろ。
喜美子
ほんでな。起きたら小池アンリさんいてへんねん。
武志
知らんわ。そもそも、お母ちゃんにあんな友達いてたなんて。
喜美子
友達?あれ友達なん。
武志
聞くなや。ほんで、いちいち電話してくるな職場に。

そう言って武志は電話を切ります。電話を切ると、喜美子や八郎の話をされます。八郎は喜美子の才能に負けて信楽から逃げていったと言われます。

掛井
おお、ええ色出てきたやないか。
武志
そうですか?
掛井
俺も言うたことあったよな。親父が出ていったこと。
武志
すぐ殴るお父さん?
掛井
手紙も貰ったことない。どこで何してるかもわからん。親父のせいで、お袋がどんなに苦労して育ててくれたか。
武志
でも、普通やったんですよね?
掛井
そや。どんな父親のもとで生まれようが俺は普通のええ先生や。
武志
ええ先生まで、言うかな普通。
掛井
親は親。子は子や。
武志
はい。

その頃、アカマツで信作(林遣都)と八郎(松下洸平)が一緒に飲んでいました。4年ぶりです。

八郎
今は、何?
信作
観光課、大野課長や。
八郎
ほんで、なに。なんかあったんやろ。
信作
課長になって、飲みに行っても楽しないねん。誰と飲んだら気が楽やろ思ってな。ほやから、名古屋から呼び出したんや。
八郎
なんでも言え。
信作
東京の出張先のビジネスホテル。決まったところや。その部屋のベッドの横のスイッチがどこにあるかわかれへんねん。かれこれ3年ぐらいずっとわかれへんねん。こんなどうでもええ話、聞かれへんねん。
八郎
わかる。

そう言って笑い合います。そして、かわはら家に小池アンリが帰ってきました。

喜美子
あの、昨日一緒に暮らそう言うたの覚えてます?
アンリ
覚えてるよ。酔った勢いでな。川原ちゃん。小池ちゃん言うてな。部屋空いてるからええで言うてた。
喜美子
あの、ホンマに一緒に暮らすんやったら出かけるときは言うてくれます。どこ行ったんやろって心配します。
アンリ
面倒くさいなあ。ああ、わかった。出かけるときは許可をえる。なんかする時は言う。ほんでええ?
喜美子
いや、やっぱりええです。ほんまに暮らします?
アンリ
一人で寂しいんやろ。川原ちゃん泣いてたで。八さん、八さんって。
喜美子
八さん?

そう言って自分の言動に驚く喜美子でした。スカーレット115話のあらすじはここまで。スカーレット116話のあらすじにつづく。



スカーレット第115話感想

スカーレット115話のあらすじでは、喜美子が小池アンリと同居することになりました。また、信楽窯業研究所で喜美子のことだけでなく、八郎のことを言われる武志を掛井が励ましました。

喜美子と小池アンリって、本当にタイプが違うなあって思うんです。なので、同居するとかって絶対ありえないって思うんです。でも、一人だから寂しいって気持ちはわかります。

 

ただ、同居するのでも相手選ばないとうまくいかんような気がします。だって、アンリは何も言わずにおらんくなって・・・なんも言わずに戻ってくる。食事は、自分だけ済ませてる。

こういうのって、喜美子は合いそうもない。一緒に同居するんやったらご飯も食べたいし、話も一緒にしたい。そんなことを考えるのが喜美子の性格やと思います。

 

そうやって考えると合わないような気がしますね。2人の同居って。適度の距離があって、先生と客っていうのが一番ええような気がします。

一方、武志はかなりしんどい立場にありますね。喜美子と比較される。竜也もそうやけど、親と比較されるのはしんどうやろうなって思います。

 

親が偉大だからと言って、子どもが偉大になるわけではない。そう思うと、けっこうしんどいんですよね。子供の方は。スポーツ選手とかでもそうですが、親のしていることを見て育つ。

だから、子どももその世界に入るのやけど・・・2世の方が親を超えてるってケースあまりないんですよね。そう思うと武志は、信楽で生活してるので苦しくなるかな。

 

だからこそ、自分で一人暮らしをしてたりするんでしょうけど・・・掛井先生の言葉がとっても印象的でした。武志にも頑張ってほしいですね。スカーレット115話の感想はここまで。スカーレット116話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット第116話感想「八さん(涙)」
スカーレット第20週「もう一度家族に」
スカーレットのネタバレ,キャスト総まとめ
スカーレットのモデル一覧まとめ



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です