スカーレット第98話感想「喜美子が止まらない原因」

このページは、2020年1月28日にNHKで放送された朝ドラ「スカーレット」第98話のあらすじを吹き出し、会話形式でお伝えしています。また、後半には感想も書いていますので最後までお付き合いください。

スカーレット97話のあらすじで、三津(黒島結菜)が出ていきました。そして、喜美子の窯たきは目標温度に到達しましたが失敗に終わりました。

 

スカーレット98話のあらすじは、窯たきに失敗したのを武志が励ますところからはじまります。スカーレット98話のタイトルは「喜美子が止まらない原因」です。



スカーレット第98話あらすじ

武志が喜美子を心配してカワハラ工房にやってきました。武志は少女漫画をもってきて、めぐみに読んで男と女の違いをようわかっとけって言われたという。

喜美子
お母ちゃんが穴窯失敗して、シクシクしてると思ったん?あほやな。もう一回勉強しなおしてるねん。ほやけど、ありがとうな。

そんな話をしているころ、八郎(松下洸平)は窯業研究所の柴田らとアカマツで飲んでいました。八郎は、穴窯を喜美子に任せない方がいいといわれます。

うまいこといっても作品は売れない。陶芸は男の世界。女やから売れないといわれます。先日取り上げられた新聞も喜美子のことは一つも書かれてへんと見せられます。八郎が工房に帰ってきました。

喜美子
武志が一人でお風呂入って、一人で寝てくれた。
八郎
しっかりしてきたな。喜美子に似てきた。お金の計算?
喜美子
すごいで、薪の代金。いくらになったか発表しよか?
八郎
おう。
喜美子
今回の使った薪。420そく。金額にして15万。こんな金額いっぺんに使ったのは生まれて初めてや。次も使うで。ざっと見て600足。呼びも含めると700そく。
八郎
金額にして?
喜美子
25万。貯金おろしてギリギリや。
八郎
失敗は許されへんな。喜美子、ええか話がある。穴窯はいったん置いて、陶芸展で金賞狙おう。金賞とって認めてもらおう。世の中に知ってもらうんが先や。穴窯は先や。
喜美子
なんでそんなこと言い出すん?
八郎
マスコットガールミッコー覚えてる?今度はその逆や。

そう言って、新聞を見せます。

喜美子
ミッコーで慣れてる。こんなんどうでもええ。
八郎
どうでもええことないで。大概の人はこういうの間に受けるで。
喜美子
大事なんは、ええ作品作ることちゃうの?
八郎
ええ作品作っても今の喜美子やったら売れん言われた。売れるための名声を手に入れよう言うてんねん。
喜美子
そしたら、陶芸家・川原八郎が作りました言うてうちの作品売ったらええねん。
八郎
なに言うてるねん。それ、おかしいで。
喜美子
今の私だったら売れんってなら、誰もがええって作品つくれってのが筋ちゃうの。なんで、名声手に入れるねん。
八郎
誰もがええって作品はありえんってことや。10人おったら10人がええいう作品なんかない。ええかどうかは結局主観や。評価なんかあいまいなもんや。陶芸は、まだまだ男の世界や。まずは、女性陶芸家として受け入れてもらえ。25万円突っ込むのはそれからにしよ。そやのうても1回目失敗したんやで。
喜美子
一回目失敗したんは、よそに気持ちがいったからや。三津と仲よく寝てるところ見たからや。あんとき、温度が上がらず八さん頼ってしまった。うちもわかるで、三津が言うてたこと。男やったらよかった。次は失敗しいひん。25万、無駄にはしません。大丈夫や、任せとき。

そういった喜美子でしたが2回目の窯たきも失敗に終わりました。

喜美子
わかった。八さん、2回目なんで失敗したかわかった。2回目は急激に温度が上昇したんや。それで割れてしもた。次はじっくり焼けばええねん。そう難しいことやないで。
八郎
次はないで。25万。またいっぺんに飛んでいってしもた。次は当分ない。
喜美子
積み立てたお金がある。
八郎
武志のお金ちゃうんか。いずれ高校・大学に行くときの。
喜美子
ほな、借り手くる。
八郎
借金してまですることちゃうやろ。ここで、いったんやめや。もう諦め。

八郎に厳しく言われ下を向く喜美子。スカーレット98話のあらすじはここまで。スカーレット99話のあらすじにつづく。



スカーレット第98話感想

スカーレット97話のあらすじは、穴窯にこだわる喜美子と先に名声を手に入れて・・・そのあとに穴窯をやろうという八郎が対立するというストーリーでした。

うわ~。なんか根本的な考え方から亀裂が入ってきましたね。私自身は、99%八郎の意見に賛成です。借金してまで穴窯の実験を繰り返すのはアカンと思います。

 

ましてや息子の進学資金をつかって穴窯を続けるってのはどうなのかなって思いました。成功するかどうかもわからん。そして、穴窯で成功したからって売れるとも限らん。

そんな状況で、出ていくお金だけどんどん増えていく。15万、25万っていっていますが今の10倍ぐらいの価値だと思います。なので、1回150万、250万って使うのはあきらかに間違ってる。

 

八郎が言うように、「全員がいいものってのはない」から先に金賞とって売れるようになって初めて穴窯だと思います。無名の誰が作ったのかわからんものを高額で買ってくれるって、現実世界ではほぼない。

高級ワインと高級じゃないワイン飲み比べても、一流芸能人って人たちもわからないわけですから。そこにミシュランで3つ星とったとかって肩書があるから、初めて高額な金額でも売れる。

 

八郎が言ってるのはそういうことなんだと思います。まずは、賞をとって売れるようになってお金に余裕もできて初めて穴窯でええと思うんです。

喜美子だって、最初は今すぐやなくていつかは穴窯でこの色出したいって言ってたやん。って思います。冷静になってほしいな。

 

私が八郎の意見に99%賛成で1%反対なのは、八郎の後押しで始めたことなので、撤退するポイントを最初に2人で決めてなかったのがアカンかったと思います。それが喜美子が止まらない原因でもあります。

現実世界で考えると、失敗を続ける限り借金が増えるだけですから。どこかで線を引かないと破産です。子供もいてるので、そのラインを2人で最初に決めてスタートするべきだった。

 

そこが八郎がいけなかった1%ですね。今後、喜美子が突っ走りそうですけど大丈夫かな・・・八郎にしっかり止めてほしいな。スカーレット98話の感想はここまで。スカーレット99話の感想につづく。



あなたにおススメのページ

スカーレット99話感想「八郎出て行ったとさ」
スカーレット第17週「涙のち晴れ」
八郎(松下洸平)のモデルはどんな人?
スカーレットモデル一覧はコチラ
スカーレットのあらすじ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です