川原百合子モデル・金場静子(神山清子の妹)はどんな人物だったの?

NHKで大人気の朝ドラ「スカーレット」では、たくさんの人がモデルとされています。今回は、その中で主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)の下の妹・川原百合子(福田麻由子)のモデル金場静子さんを紹介します。

また、後半には金場静子さんとスカーレットの百合子がどのようなところが違うのか。どのようなところが一致しているのかというのをくわしくみていきます。

金場静子はどんな人?



金場静子さんについては、あまり情報がありません。その中でわかる限りのことをお伝えしていきます。金場静子さんは、神山清子さんの妹で、大阪で食堂を営んでいました

清子さんの息子・賢一さんが白血病を患った際に骨髄移植をしてくれます。賢一さんと静子さんのHLAは完全にあっているわけではありませんでした。

 

ミスマッチだったのですが、賢一さんに時間がなかったので最も近い型だった静子さんに白羽の矢が立ったのです。静子さんは、神山清子さんにお願いされると二つ返事で了承します。

「賢一の役に立てるなら、骨髄移植でもなんでもする」

 

また、入院してドナーを待つ賢一に対しては、「叔母さんたくさん栄養つけてきたから安心しィ」とさりげなく励まします。そして、移植前に一緒に写真を撮ります。

そして、骨髄採取にあたって片方のお尻に80か所にも傷をつくるもので「腰が痛い」といいながらも、賢一がどうなっているのかをすぐに見に行きます。

 

情報が少なく、わからないことが多い金場静子さんですが賢一さんとの骨髄移植でわかることもあります。それは、神山清子さんと賢一さんとの関係が良好であったということです。

清子さんとの関係が良好で賢一さんのことを本当に心配したからこそ、骨髄移植に同意をしたといえるでしょう。簡単なようですごく難しいですよね。

 

また、賢一さんのことをさりげなく気遣っていることからも、とてもパワフルで気遣いができる人ではないかというのが想像できます。もちろん、情報が少ないのでそれだけで断定することはできません。

しかし、神山清子さんの息子・賢一さんのために骨髄移植をしたことは間違いない事実です。実際に、賢一さんと静子さんと仲良さそうに映っている写真が書籍に掲載されています。

 

なので、2人と関係がうまくいっていて・・・大阪でパワフルに食堂を営んでいたということだけは間違いない事実になります。

金場静子と川原百合子の違い

ここからは、スカーレット川原百合子モデルになっている金場静子さんの同じところや違っているところを解説していきます。

まず、一致しているところは姉と仲が良いところです。百合子は、喜美子の相談相手になる妹です。なので、仲がよい姉妹というところでは一致しています。モデル通りです。

 

では、異なるところはどこか。一つは住む場所が異なります。金場静子さんは大阪で食堂を営みますが、百合子は信楽で育ち信楽でずっと暮らしていきます。

そのため、住む場所というのが異なってきます。骨髄移植の話はまだ現状では「スカーレット」の中で描かれるかどうかもわかりません。

 

描かれるのであれば、よく対立する直子(桜庭ななみ)ではなく百合子が喜美子の息子にドナー提供することになると思います。

今後、ドナーバンク設立の話や白血病のストーリーがあれば、喜美子と仲が良い百合子の登場シーンも増えると思うので楽しみです。ただ、白血病のストーリーはちょっと暗くなりそうで不安なところもあります。

 

いずれにしても、金場静子さんは神山清子さんの息子・賢一さんの骨髄移植に協力していた人で、やさしくてとてもパワフルな人だったということは間違いないでしょう。

こういった、物語の中心でない人がどんな人物だったのかというのを調べていくのも楽しかったです。神山清子さんに関連する人の生き方を見ていくとスカーレットもより楽しくなるのではないでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)