あさが来たのあらすじ・ネタバレ第11週「赤ちゃんご安心」

このページは、NHKの朝ドラあさが来た」の第11週「赤ちゃんご安心」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

あさが来た第10週のネタバレ・あらすじで、あさ(波留)がなんと妊娠していることがわかりましたね。加野屋は大盛り上がりで、新次郎(玉木宏)も大喜び。

 

あさ自身、はつ(宮崎あおい)の子供をずっと羨ましく思っていたので、本当に嬉しいですよね。あさは、自分には子どもは出来ないかもと思っていたために余計そのように感じたでしょうね。

 

そして、悪阻などを心配した新次郎は慌てて炭抗に向かいました。新次郎も本当にうれしかったんでしょうね♪あまり行きたがらない炭抗に向かったってよほどです。

 

その続きとなる「あさが来た」11週ネタバレあらすじは、下記にのせています。あさが来た11週ネタバレのタイトルは「赤ちゃんご安心」です。第11週の「赤ちゃんご安心」の全体のあらすじネタバレは、以下からスタートです。

 



 

あさが来た11週のあらすじ

あさのつわりは、母の梨江(寺島しのぶ)と同様にとても重く、水も飲めないような状況です。どんどん痩せていき、カズ(富田靖子)や治郎作(山崎銀之丞)たちが心配します。

 

そんな中、新次郎とうめ(友近)が大阪からやってきます。新次郎は、喜んであさを抱きしめますが、あさはつわりがひどくてそれどころではありません。

 

亀助(三宅弘城)から、あさが悪阻でひどい状態なのに帰ってこなかった理由を聞き、その抗夫のサトシ(長塚圭史)を見て驚きます。なんと、新次郎が見覚えのある顔だったのです。

 

一方のサトシは、あいつらのこの炭抗を経営できなくなるようにしてやると息巻いています。翌日、あさ新次郎たちは大阪に戻ります。その頃、あさの実家である今井家は東京で今井銀行を開業させます。

 

正吉(近藤正臣)も加野屋を両替屋から銀行に変化していった方がいいのではと感じていますが、今の主人である息子の榮三郎(桐山照史)や雁助(山内圭哉)は銀行にするのは反対しています。

 

五代友厚(ディーンフジオカ)は、その頃に7年間閉鎖していた米殻取引所を堂島で開設します。そして、いよいよあさの出産が近づきます。そのため、お医者さんと産婆さんの両方がスタンバイしています。

 

すると、あさの出産よりも先に、正吉が発作で倒れてしまいます。あさを見に来ていたお医者さんがすぐに処置しますが、かなり正吉の心臓の状態は悪いといいます。

 

数日後、加野屋が喜びにわきます。あさは難産を極めますが、元気なおなごの赤ちゃんを産みます。喜びをかみしめる、あさ新次郎。子供の名前は正吉が千代(ちよ)と名前をつけます。

 

その後、あさはしばらく千代とゆっくり過ごし、自分の体も休めます。明治十年(1877年)に、あさは加野屋の仕事に復帰します。千代はすくすく元気に育っています。





炭鉱の落盤事故

母乳をあげながら、算盤をはじくあさ。そんな、あさが気になっているのは炭抗についてです。ずっと任せきりなので、一度九州に行かなければと思っています。

 

そんなある日、その炭抗で落盤事故が起こります。あさがその知らせを知り、慌てて九州に行こうとします。千代も連れていくといいます。しかし、新次郎が加野屋で千代は面倒を見ると言ってくれます。

 

なので、あさは一人で行こうとしますが、一人だと山賊襲われることもあるといって雁助が反対します。そこに五代友厚が加野屋にやってきます。

 

九州で炭抗の爆発があったので、心配して来てくれたのです。丁度、五代も九州に行く予定があったので、あさと一緒に行くと言ってくれます。

 

新次郎は複雑な感情ですが、それでも一人で行くよりはましだと感じOKを出します。あさが炭抗に行って状況を確認します。

 

けが人は、交代時間の爆発だったので、奇跡的にいないと言います。しかし、五代友厚が火薬を見つけ、これは事故ではなく事件ではないかと話します。

 

あさは、犯人探しよりも抗夫の今後を考えていくと友厚の話をさえぎります。翌日から、あさは警察の取り調べに何日も拘束されます。

 

その後、大阪に戻ったあさはえらく落ち込んでいましたが千代に癒されます。落ち込むあさに千代が何よりも心の支えになります。さらに新次郎あさを「七転び八起き言いますやろ」と言って励まします。

 

あさは、私は「九転び十起き思って負けしまへん」と言って新次郎と千代に何よりも感謝します。そして、正吉の願いで雁助が加野炭抗に行きます。あさが来た11週のネタバレ・あらすじはここまで。あさが来た第12週のネタバレ・あらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

あさが来たのあらすじ・感想12週はこちら

あさが来たの原作はコチラ

あさが来たのあらすじ第10週「お姉ちゃんの旅立ち」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)