あさが来たのあらすじ・ネタバレ第3週「新撰組参上!」

このページは、NHKの朝ドラあさが来た」の第3週「新撰組参上!」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

あさが来た第2週のネタバレ・あらすじの最後に、白岡新次郎(玉木宏)に結婚式をすっぽかされるあさ(波留)でした。

 

その続きとなる「あさが来た」3週ネタバレあらすじは、下記にのせています。あさが来た3週ネタバレのタイトルは「新撰組参上!」です。

 

しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。あさが来たの3週のネタバレをお楽しみください。第3週の「新撰組参上!」の全体のあらすじネタバレは、以下からスタートです。




 

あさが来た第3週のネタバレ・あらすじ

加野屋の座敷で、婚礼をしようとしますが、新次郎来ません。あさがしびれを切らした頃にようやく新次郎がやってきます。

 

婚礼には、加野屋の大番頭の雁助(山内圭哉)や中番頭の亀助(三宅弘城)の他、女中たちも多数参列し盛大に行われました。

 

やがて正吉近藤正臣)が榮三郎吉田八起)と新次郎を起たせ挨拶をします。新次郎は、榮三郎の後見人として加野屋をサポートするように正吉は言いますが、新次郎自身は、まるで商いに関心がありません。

 

婚礼が終わり、忠興梨江は京都に帰り、新次郎あさは初夜を迎えます。ところが、新次郎あさの帯に手をかけた瞬間緊張のあまりあさ新次郎を投げ飛ばしてしまいます。

 

そのため、新次郎はどこかに出かけてしまいます。あさは、そのことを気にするがいつの間にか寝てしまいます。翌日、あさよの風吹ジュン)に呼ばれ、奥の仕事を教えられます。

 

加野屋のみんなの身の回りの世話をすることが奥の仕事と念を押されます。結婚してから1ヶ月が経ちますが、新次郎は毎晩のように夜に出かけます。

 

そのため、あさと一緒に過ごす時間がありません。その様子を見て正吉やよのは心配します。一方の山王寺屋に嫁いだはつ宮崎あおい)は、夫の惣兵衛柄本佑)から着物を贈られます。

 

ぶっきらぼうな惣兵衛だが、はつは少しずつ溶け込んでいっていました。それから、しばらく経って世の中は薩長同盟が締結され、江戸幕府のもとでは新選組が警備を強化しています。

 

そんな中で、あさははつに会いに山王寺屋行く途中で惣兵衛はつに会います。はつ惣兵衛とうまくいっていることを見たあさは、羨ましく思います。

 

店に戻ったあさは、そろばんが得意なので店の手伝いがしたいと申し出るが、大福帳は、決しておなごが見てはいけないものだと正吉に言われます。

 

よのからも商売に口出すことよりも、夫に惚れられることの方が重要だと諭されます。ある晩、あさよのの許可をえて、夜に外出した。向かった先は米会所です。

 

そこで偶然、以前会ったことがある五代才助(ディーンフジオカ)と再会します。才助から、これから世の中が大きく変わると聞くあさでした。

 

幕末の混乱の中、今井家も資金繰りに苦労しています。あさはというと、店の者たちとすっかり仲良くなり、表向きは商家の嫁をきちんとしていました。

 

裏では、正吉に内緒で見せのことを雁助に教えてもらっていたのです。そんな時、母の梨江から菓子と手紙が届きます。手紙には「風変わり、父は新たな風にのり」と書かれています。

 

新しい時代がやってきていることを感じたあさですが、新次郎に相談してもまるで反応はありません。新次郎は、そそくさと外出するのでありました。





新次郎をつけていくあさ

そこで、あさ新次郎をつけていくと、新次郎はおなごに迎えられてある家に入ります。あさも勇気を振り絞って中に入ります。

 

すると、新次郎が三味線のお披露目会をしているのです。新次郎の三味線の師匠美和(野々すみ花)に、事情を聴いたあさは、新次郎を怒ることもしません。

 

あさは、帰りの道中に新次郎に商いの話をしようとしますが、新次郎がその話をそらします。あさは、三味線であんなに凛々しい姿をみせるのに、なぜ商いに興味をしめさないのかわからないと思っていることを伝えます。

 

その晩遅くに、新選組の土方歳三(山本耕史)と隊士たちが加野屋にやってきます。幕府再興のため、400両の借金を申し入れてきたのです。

 

正吉新次郎は、慌てて用立てようとしますが、後ろからあさがズカズカとやってきて土方歳三に訪ねます。「幕府にもしなんぞあったら、その400両返してもらえるんやろか?

 

新選組の隊士たちは、刀に手をやり今にもあさのことを切り捨てようかといきりたっています。あさは、震えながらも「この家を守るのがうちの勤めだす」と引き下がりません。

 

土方歳三はあさの度胸に負け、隊士を止め、きっちり返すことを約束して店を出ていきます。その晩、新次郎あさに惚れ直し、一つになります。翌日から、どうしても気になったあさは、新次郎に頼み大福帳を計算します。現在の加野屋の貸付残高がなんと900万両もあります。

 

しかし、蔵には千両箱はわずかしかありません。翌日の朝、あさ新次郎うめ友近)が止めるのを制して、貸付金の回収にすぐにでも回るべきだと正吉に言います。

 

時代が変わろうとしているのに、人やお店が変わらなかったら、生き残れないと正吉に言ったのです。しかし、正吉は両替屋は信用が第一ということを話ます。

 

慌てて取り立てたら、相手を信用してないことになることを優しく諭されます。一方の山王寺屋はうまくいっていないという噂がでまわっています。

 

そんな話を新次郎から聞いたあさは、心配になって一人ではつを訪ねます。しかし、店先ではつは留守だと言われてしまいます。

 

はつは、あさの声に気づき店にでようとしますが、萬田久子)に蔵の中に閉じ込められてしまいます。あさが来た第3週のネタバレ・あらすじはここまで。あさが来た第4週のネタバレ・あらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ。

あさが来たのあらすじ・ネタバレ4週はこちら

あさが来たのあらすじ・ネタバレ2週はコチラ

あさが来たの原作はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)