あさが来た第26週のネタバレ・あらすじ「柔らかい心」

このページでは、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の26週ネタバレ・あらすじ・感想について書いてんねんな。

 

あさが来た25週のあらすじ・ネタバレで、千代(小芝風花)が子供を産んでんねな。あさ(波留)と新次郎(玉木宏)の初孫やねんな。

 

また、新次郎がお茶の飲み方がかわったことから、あさが新次郎の病気を心配して病院にいって欲しいとお願いするねんな。第26週は、その続きからスタートすんねんな。

 

第26週ネタバレあらすじは、下にのせています。タイトルは「柔らかい心」やねんな。この26週で、あさが来たネタバレは最後になるんやんな。その前に、第26週の1話ずつの感想を書いてんねんな。あさが来た第26週の「柔らかい心」の全体のあらすじネタバレを開始します。

あさが来た最終週あらすじ・ネタバレ

新次郎が嬉しそうに書くねんね。命名・多津子(たつこ)。千代の娘の名前を決めてんねな。新次郎のキレイな字で書かれてん。たくさんの恵みで雨が降るようにと新次郎が名付けてんねな。

 

そして、この新次郎が書いた紙を千代と啓介(工藤阿須賀)がみてるときに新次郎は病院で検査をしてはったんやんな。せやけど、ただの体調不良でどこにも問題あれへんかってんな。それを聞いて安心するあさ。

 

新次郎は、多津子にべったりやってんな。毎日のように一緒に遊びあやしてるんやんね。そんなとき、和歌山からはつ(宮崎あおい)と養之助(西畑大吾)がやってくるねんな。

 

藍之助(森下大地)に会いにやってきたんやんね。藍之助は、はつに仕事のことについて話してへんようだったさかい、新次郎ははつに藍之助の仕事ぶりを話すねんね。

 

藍之助は、いつか東京で有田のみかんを売る仕事がしたいということで現在は銀行やなくて加野商店で働いてると説明するねん。そこに、あさがやってくるねんけどいつになく落ち込んでるあさに心配をするはつ。

 

理由を聞くと、日の出女子大学の1年生の中にあさの悪口を広めてる人がおると手紙がノブ(吉岡里帆)からきてて、そのことで悩んでいるのだと話すねんな。

 

はつもその話にのり、そない影でいわれるなら堂々と面と向かって言われた方がええねんけどねと言って二人で笑ってんやんな。

 

新次郎は、この頃以前にもましてあさについていとおしくなってきてんねな。どんなに女性実業家として立派にならはっても、いつまでも新次郎には初々しさと子供のような真っ直ぐなあさがいとおしく思えるんやんな。

 

そんな話を、うめ(友近)とはつにすることでほほえましくうつんねな。それから、ほどなくしてやんな。新次郎が家督をすべて啓介に譲ったのは。啓介は、加野銀行、淀川生命と精力的に仕事をするねんね。千代も誇れる立派な男になってきてんねな。

 

記念樹・梅の木の意味とは?

そして、新次郎はあさとの結婚40周年を祝いしてプレゼントをすんねな。それは、庭に木をプレゼントするねん。植木職人の石川(山口智充)がいくつかの木をもってきはって、それの中からあさが梅の木を選んでんねな。

 

新次郎は、60代の後半にさしかかり謡や趣味に出かけることもあれへんようになってんねな。そうすると、寝込んだという噂が広まりいろんなところから客人がくるようになってんな。

 

九州の炭坑からは、宮部(梶原善)や治郎作(山崎銀之丞)がやってきたりしてんねな。そこに、あさがやってきて商いのことは全部あの山で学んだと治郎作親分たちと話しこむねんね。

 

そして、世の中は日露戦争に向かう明治37年。戦争が起こると、生命保険会社はドタバタするねんね。戦時保険加入者の対応で追われるからやねん。そのため、会議が行われるねんな。あさや栄三郎(桐山照史)が集まり方針を決めることになんねな。

 

その会議が終わると、あさは突然これまで行ってきた一切の商いから手を引くことを決めるねんね。そのことに驚く周囲。そして、なんとか引き留めようとするねんけど、あさの意思は固いねんね。

 

あさは新次郎と一緒にいたいと話すねんね。せやけど、新次郎が商いをやめることは許さへんと話すねんな。それでも、あさは旦那様の側にいたいんだすと言うと、新次郎はうれしくなってんやんな。

 

そして、新次郎が記念樹の梅の木の花を見て嬉しそうにつぼみができてると話すんやんな。あさは、新次郎にまだ嫁入りする前にようよう考えたら必ず新しい朝がくると教えてもらい、梅の木でできた「パチパチはん」をもらった。

 

あさはその「パチパチはん」をずっと大事にしてるねんな。せやから、記念樹には梅の木を選んでんねんね。そんなこともわかってはる新次郎は、せやからうれしいねんけど、そろばんつかってはるあさがすきだから、商いやめんとって欲しいと話すねんね。

 

それでも、あさはこれまで人の何倍も仕事したさかい今後は、新次郎の側でゆっくりしたいんだすと言うんやんな。新次郎は、それは商いよりもわての方が大事ないうことかと聞いてんねな。





女学生に対するあさの一言!

あさは「旦那様」より大事なものはあれしませんと言うねんな。そんな話をしてはるときに亀助(三宅弘城)がやってくんねな。それは、あさに女学生が会いにやってきたという話やってん。

 

やってきた女学生の名は、平塚明(大島優子)、高橋ゆか、斉藤のりと名乗ってるねんな。平塚明は、日の出女子大学であさの悪口をいいふらしてはる人物で、ノブに文句があるなら堂々と面と向かって言うように言われたので来たと話すねんね。

 

平塚明は、あさのことを一つも尊敬できへんし感謝できへんと面と向かって話すねんな。あさのことを地位と金にものをいわせいけすかない老婦人だと言います。

 

あさは内心頭にきててんけど、にらみをきかせた後に一言だけ言うねんね。あなたみたいな女子はんがでてくるなんてな・・・存分に学んでくなはれ。

 

そう言って、あさが平塚明を励ますといった形で面会は終わってんねな。そして、加野屋の入り口であさのことを「傲慢な女」と吐き捨てるねんな。

 

その言葉をたまたま聞いた千代は、傲慢ちゅうかおおざっぱやから、道なき道を作り女子がこうやって自由に発言できるようになったんちゃいますやろかというねん。すると、平塚明は自分はあさを超える新しい女子になると決意するねんね。

 

その頃、美和(野々すみ花)は加野屋を訪れては新次郎に洋菓子をもってきててんね。あさは、やきもちをやいててんね。せやけど、美和の本当に目的は違うと新次郎に言われてん。

 

美和は、平十郎(辻本茂雄)と仲良くなっていてへいさんに会うためにきていると言うんやんね。相変わらず鈍いあさなのでした。そして、そんな話をしているときに新次郎は千代に2人目の子供ができたことを知るねんね。

 

嬉しくなった新次郎は、三味線をひくねんね。その三味線は、まるでみんなが引き込まれるような魅力にあふれるものやってんねな。

 

季節は春を迎えるねんな。新次郎は、梅の花が一つ咲いてるのを見つけるねん。来年はもっと咲くやろかといって見つめている様子をあさがほほ笑みながらみてるねんね。

 

最愛の夫・新次郎の死!

そして、その日は雁助(山内圭哉)が新次郎の見舞いにやってきてんねな。雁助は妻のツネ(松永玲子)をすでに亡くし隠居してはるというねんな。雁助が来てることを知った栄三郎も顔をだし、雁助に淀川生命のことを褒められると照れくさそうに笑う栄三郎。

 

その後、うめ(友近)と雁助は二人きりになり、あさが商いをやめたことなどを話すねん。そして、雁助が文通をしいへんかと話すんやんな。そのことに喜ぶうめ。

 

あさの元に成澤泉(瀬戸康史)と大隈綾子(松坂慶子)がやってきてんねな。成澤は、この春に日の出女子大学が初めて卒業生をだしたことを話すねん。

 

そして、ノブには海外に留学してもらっていずれは、日の出女子大学の教授になってもらおうと思ってると話すねんな。また、日の出女子大学の経営も安定していき法人格も認められたと話すねん。

 

また、綾子はあさが商いをやめたことを惜しんでるんやんな。せやけどあさは、最近新次郎といることでずっと旦那様を放っておいたことを反省しててんね。綾子はせやからこそ、道を切り開くことができたのだと話すねんな。

 

そして、新次郎はきっとそのことを誇りに思ってる。なので、後悔しないでと言うんねんな。その晩、あさは新次郎に大隈綾子と成澤泉が来たことを話てんねな。

 

また、女性行員として働いてくれてた工藤サカエ(横田美紀)も挨拶にきてくれたというねんね。サカエは、理解ある旦那さまと結婚したさかい、子育てが一段落したら日の出女子大学で学びたいと話してんね。

 

その話をきいて、新次郎はそれでこそわての奥さんやと言って、これからもたくさんの人にパチパチはんをあげるように言うねな。その数日後、外は優しい雨が降っていたんやんな。そこであさは大粒の涙を流すねん。新次郎が亡くなってしまってんやんな。

 

それから、一月半になるねんね。和歌山からはつが心配してあさを訪ねてきてんねな。これから、どないするのかと問うはつに女子教育についてだけは今後もやっていきたいと話すあさ。

 

幼い頃に忠興(升毅)に言われたお家を守るという話を二人ですんねな。お互い梨江(寺島しのぶ)からもらったお守りを見せて話すんやんな。お互いようお家を守ったと手を取り合ってんやんな。

 

そして、お互い孫もいる、やりがいをもったこともしてはる、せやからお互いこれからもよい人生を歩んでいこうと約束して別れるねんね。和歌山に戻った、はつのもとには嬉しい知らせが届くねん。

 

その後のあさが来た?

それから6年後、千代には、長女の多津子に加え次女の恵津子(えつこ)と三女の佐津子(さつこ)が生まれてるねんね。そして、千代のお腹の中にはもう一人いてんねん。

 

あさはというと、富士山の見える加野屋の別荘にやる気のある女性たちを集めて勉強会をはじめてんねな。ちょうど、ノブが海外留学から戻ってきたばかりやってんな。

 

そして、あさはこれまでの自分の人生と学ぶことの重要性、柔らかい心をもって進むことを話すんやんな。柔らかな心で学んでいけたのも新次郎という夫をもってこそだったんやんな。新次郎がパチパチはんをくれたことそれがあさの始まりだったのです。完

 

あさが来たのネタバレはここまで。長い間お読みいただきありがとうございました。現在の朝ドラは泣ける朝ドラ「なつぞら」になっています。



 

 

あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)