五代友厚は結婚しているの?子孫は残しているの?

大人気朝ドラの「あさが来た」の見どころの一つとして五代友厚(ディーン・フジオカ)とあさ(波留)との関係があるねんな。ドラマの第49話では、五代友厚があさに対して私のハズバンド(妻)だったらこんな想いはさせへんって話ていましたね。

 

なので、五代友厚が実際には結婚しているの?子孫を残しているの?その辺りがどうしても気になりますので、朝ドラの内容と比較しながら順番に見ていくねんな。

 

朝ドラ「あさが来た」の中では、あさに恋文送ったり、あさがいるから大阪に戻りたいと話をしてんねん。そして、冒頭のハズバンド発言があってんね。せやから、朝ドラでは独身の状況やん。

 

せやけど、実在の五代友厚さんは結婚してんねん。しかも2回。その最初の結婚相手は、坂本広子さん。1867年(慶応3年)に結婚しはってん。この1867年に、五代友厚さんはパリ万博に出席していますので、その帰りの船。

五代友厚の輝かしい生涯とは?

 

あるいは行きの船といったとこが考えられんねん?若しくは、薩摩藩での許嫁といった感じやと思うねんな。この五代友厚さんも結婚は、広岡浅子さんが丁度、信五郎のところに嫁入りしてから1年後ぐらいになってんねんな。せやけど、このあたりは朝ドラでは描かれてへんねんな。

 

その後、坂本広子さんとは離婚してんねん。丁度、明治維新のころで元々薩摩の武士をしていたので忙しかったのが原因やあれへんかなって感じがすんねんけど、どうなんやろ。そして、1870年には再婚すんねん。

 

相手は豊子。この豊子についてはっきりしたものがないねんけど、大阪の女性ではないかと、個人的には想像できんねん。この1870年には、五代友厚はすでに官の仕事をやめ、実業家として鉱山を購入しててん。

 

せやから大阪の女性ねんな。きっと。豊子って名前も大阪の女性っぽいやんか。大阪の女性の可能性が極めて高いねんね。

 





 

五代友厚の子孫は何人?

大阪で大活躍した五代友厚さんねんけど、子孫を残しはったのでしょうか。これについて、実は五代友厚の子供は7人もいまっせ。前妻の坂本広子さんとの間に、松子1人。後妻の豊子の間には、4女2男の子孫が残ってんねんな。以下に名前を記しまっせ。

長女 五代武子

次女 五代藍子

三女 土居芳子

四女 杉村久子

長男 五代秀夫

次男 五代友太郎

このように6人も子孫が残ってはるけど、待望の男の子がなかなか産まれへんでした。五代友厚さんに長男が出来たんが、松子もいれると6人目でようやく。せやから、武子の婿養子である五代龍作が事業を引き継いでんねん。

 

当時、龍作は東京大学の教授だったので、すごい覚悟で婿入りしていることがわかんねんな。今の時代なら、東京大学の教授を辞めて商売にとはなかなかならんでっせ。

 



 

朝ドラあさが来たではどのように描かれる?

五代友厚は、2回結婚していて子だくさんねんけど、朝ドラではどんな感じに描かれるんやろ。なんかこう、あさと恋愛したいようですがそこはそう簡単にはいかないねんな。きっと。

 

だって新次郎(玉木宏)とあさって仲いいですもん。そこの牙城はなかなか崩せへんのじゃないかなって。微妙な距離感でやってきているのが美和(野々すみ花)ですかね。

 

なので、美和が初婚になって誰かと再婚って流れなんかなって一人で予想してんねん。あさが来たの脚本って、けっこう事業・仕事関係って歴史に近く描かれていますけど、私生活って案外アバウトな描き方ねんな。

 

もちろんフィクションなんでそれでかまへんのやけど、本筋は残してほしいねんけど・・・あさと五代の恋愛。美和と五代の恋愛に注目していきまっせ。





 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)