半分、青い。第21週のネタバレ,あらすじ「生きたい!」

このページは、NHKの朝ドラ半分、青い。」の第21週「生きたい!」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

半分、青い。第20週のネタバレ・あらすじで、鈴愛(永野芽郁)は、亡くなった仙吉(中村雅俊)がつけようと考えていたつくし食堂2号店の店の名前を花野から聞き出そうと作戦を考え律(佐藤健)の家に電話します。

 

その続きとなる「半分、青い。」21週ネタバレあらすじは、下記にのせています。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

半分、青い。21週ネタバレ「生きたい!」の始まりです。です。下記から半分、青い。の21週のネタバレをお楽しみくださいね。

半分、青い。21週 ネタバレ・あらすじ

電話に出たより子(石橋静河)は、律になんの用なのかと鈴愛に聞きます。鈴愛は、しどろもどろになりながら何を言っているのかわからないまま電話を切ってしまいます。

 

より子がいつも考えていることは、息子の勉強のことや律の出世のことでした。そのため、萩尾家に来てはいつも機嫌が悪い様子でした。

 

そして、律の仕掛けにより花野は仙吉の2号店の名前を打ち明けます。名前は、「センキチカフェ」というなんとも普通のものでした。

 

鈴愛が中心となって働くセンキチカフェのオープン初日、菜生(奈緒)やブッチャー(矢本悠馬)、律やキミコ先生(余貴美子)がやってきました。

 

キミコ先生は、和子(原田知世)は頑張ってるけど気になるのは律だという。寝れなくなって、薬をもらいに来てるから鈴愛に助けてあげてほしいといいます。

 

和子にもなにか仕事がある方がいいと聞いた鈴愛はあることを思いつきます。なんと、岐阜犬のぬいぐるみをつくりその岐阜犬の声を和子が担当していろんな人の悩みにこたえるというものでした。

 



 

和子の死と律の異動

鈴愛のアイデアと律のデジタル技術を活用した形で気上がったものでした。鈴愛が和子にそのことを説明すると、和子は嬉しそうにその仕事を受けてくれました。

 

そして、鈴愛が予想した通りに和子の岐阜犬のお悩み相談は大人気になり梟町の名物スポットになりました。和子は、鈴愛に自分がなにかあったときのためにと律のこれまでの記録を鈴愛に託しました。

 

鈴愛は、涙を流すことなく和子の最後のお願いを聞き入れました。それからほどなくして、和子は律や弥一(谷原章介)らに囲まれてこの世を去りました。

 

和子が亡くなり、しばらく時を過ぎるとブッチャー(矢本悠馬)の姉・麗子(山田真歩)とつくし食堂で働くらく健人(小関裕太)が結婚することになります。

 

センキチカフェに麗子も一緒に働くようになり、3人で働くのは多くなってしまいます。そのため、鈴愛はまたしても新たに仕事を失うことになりました。

 

ちょうどそのころ、律は転勤できていた名古屋から大阪に戻る異動が決まっていました。半分、青い。21週のネタバレ・あらすじはここまで。半分、青い。22週のネタバレ・あらすじにつづく。

 




 

あなたにおススメのページ

半分、青い。第22週のネタバレ・あらすじはコチラ

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分、青い。第20週のネタバレ,あらすじはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)