MENU

中村倫也(朝井正人/あさいまさと)

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の中で朝井正人(あさいまさと)を演じるキャスト中村倫也(なかむらともや)さんについて紹介します。

 

また、「半分、青い。」の中で中村倫也さんが演じる朝井正人がどんな役どころで、見どころがどこにあるのかなども後半に解説していきます。

 

事前に少しだけ話をすると、正人は律(佐藤健)と同じ大学でアパートの部屋が隣になり、親友という間柄です。なのでかなりストーリーの中で重要なポジションの人物です。

 

詳しくは後半をご覧くださいね。その前に、まずは中村倫也さんがどんな俳優さんなのか。これまでに、どんな作品に出てきていたのかを見ていきます。

中村倫也はどんな俳優なの?

ダイワハウスのCMで上野樹里さんの頼りない夫を演じているのが中村倫也(なかむらともや)さんです。ジャムのふたが開けられなかったり、夜トイレに一人で行けなかったり・・・でもサボテンを大事に育てている、憎めないあの夫役の方です。

 

中村倫也さんは、1986年生まれの現在31歳で出身は東京になります。高校生の時にスカウトされて芸能界入りをしました。演技を学び、ダンカンさんが監督をされた2005年映画「七人の弔」で俳優デビューを果たしています。

 

舞台での活躍が多く、演技にも定評があるようですね。芸能生活10周年となる2014年舞台「ヒストリーボーイズ」では初主演をされました。物語は1980年代のイギリスを舞台にした受験勉強に励む高校生と教師を描くもので、中村さんは主人公の若手教師を演じています。

 

この時に生徒役で松坂桃李さんが出演されていますね。中村さんはこの舞台で、「読売演劇大賞優秀男優賞」を受賞し、評価を得られています。先生役は2017年映画「あさひなぐ」でも演じられていました!

 

乃木坂46のメンバーが出演することで話題になったこの映画で、中村さんはなぎなた部の顧問をコミカルに演じています。アドリブをたくさん使われるので、演技中に笑ってしまいそうだったことを乃木坂メンバーが舞台挨拶で公表しています!面白い俳優さんのようですね。

 

さらに同年、広瀬すずさん主演映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」では、生田斗真さんの同僚教師役で出演されています。こんな先生たちが実際に学校にいたら間違いなく人気者でしょうね!

 

2017年はたくさんの映画に出演されていました。「3月のライオン」、「笑う招き猫」にも出演され、いずれも個性のある役をこなし、若手実力派俳優さんとして存在感を放っています。

 

朝ドラ「半分、青い。」ではどんな演技で楽しませてくれるのでしょうか?幅広い年齢層の方への知名度があがることは間違いなさそうですね!今後の活躍が楽しみな俳優さんですね。

 



 

半分、青い。朝井正人の見どころ

中村倫也さんが「半分、青い。」の中で演じる朝井正人は、律の大学の同級生で主人公・鈴愛(永野芽郁)の初恋の相手になります。正人自身は、ふわっとした雰囲気で誰にでも優しい。

 

正人と鈴愛の出会いは、鈴愛が律に会いに行っていたときにいなかったため正人が声をかけてくれて、待たせてくれたところからスタートします。鈴愛が正人に恋するのは、ちょうど律と清(古畑星夏)が再会したころです。

 

なので、鈴愛と律の両方がうまくいきそうという時になります。しかし、残念ながら正人に鈴愛はふられてしまいます。なので、見どころとしては鈴愛が正人のどんなところを好きになって恋に落ちるのか。

 

そして、どのようにふられていくのかというのが大きな見どころになります。もちろん、その後に付き合うなどの逆転のパターンが発生するかもしれません。そのあたりの鈴愛との恋が一番の見どころ。

 

そことからんで、鈴愛が恋している相手を律が知ってからの正人と律の関係というのも注目のポイントになります。いずれにしても、今回の「半分、青い。」の中で途中のキーポイント的な存在になるのがこの正人です。

 

なので、キャスト中村倫也さんがどんな演技をして・・・朝井正人と鈴愛の恋の行方を見守っていきたいなって思います。最終的に鈴愛と正人はどんな関係になるのか楽しみですね。





関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)