志尊淳(藤堂誠/とうどうまこと)

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の中で藤堂誠(とうどうまこと)を演じるキャスト志尊淳(しそんじゅん)さんについて紹介します。

 

また、「半分、青い。」の中で志尊淳さんが演じる藤堂誠がどんな役になるのか。見どころがどこにあるのかも後半に詳しくお伝えしていきます。

 

先に、少しだけお話しておくと・・・鈴愛(永野芽郁)が東京で働く秋風羽織(豊川悦司)の漫画事務所の先輩アシスタントになります。愛称・ボクテになります。

 

詳しくは後半をご覧くださいね。その前に、まずは志尊淳さんがどんな俳優なのか。これまでにどんな作品に出演してきたのか詳しくみていきます。

志尊淳はどんな俳優なの?

ソフトバンクのCMが新シリーズになりましたね。「学割」にちなんで今回は学園が舞台になった新CMですが、生徒役で志尊淳さんが出演されています。2018年、人気が急上昇しそうな可愛らしい雰囲気のイケメンです。

 

志尊淳さんは、1995年生まれの現在23歳になります。出身は、東京です。志尊淳さん注目されることになったのは、2014年の戦隊シリーズ「烈車戦隊トッキュウジャー」での主演です。

 

戦隊もの系俳優さんは、子どもたちだけでなく若いママの心をつかみ、人気が出ますよね。まさに若手俳優の登竜門です。志尊淳さんもその1人で、その後、ドラマや映画などで活躍されています。

 

志尊淳さんのデビューは、ミュージカル『テニスの王子様』セカンドシーズンで、向日岳人役を演じています。デビューのきっかけは街でスカウトされることが多かったことからのようですね。デビュー前には読者モデルもされていたようです。

 

2015年ドラマ『表参道高校合唱部!』では、ゴールデンタイムの連続ドラマ初出演となり、主人公である香川真琴に協力して合唱部を立て直す夏目快人役を演じました。病気のある心情の表現の難しい役を好演されています。

 

2018年に入って、NHKドラマ「女子的生活」では初主演を果たしています。このドラマで志尊さんはトランスジェンダーのヒロインに挑戦しています。イマドキ女子をリアルに演じ、また可愛い女性の姿をした志尊さんの美しさが話題になっています。

 

同時期のドラマ「トドメの接吻」では、髪を赤く染めたハイテンションなホストを演じています。可愛いルックスを活かした役が多いようですね!今回の「半分、青い。」でさらに知名度があがることになりそうですね。

 



 

半分、青い。藤堂誠の見どころ

志尊淳さんが「半分、青い。」の中で演じる藤堂誠は、鈴愛が働くことになる秋風事務所の先輩アシスタントになります。「ぼくって」という言葉が口癖なので愛称は、ボクテになります。

 

実家の呉服屋を継がずに、上京して漫画家を目指している人物です。親は結婚してほしい。そしえ、後を継いでほしいと思っていますが、ボクテ自身はゲイなので女性に興味を持っていません。

 

鈴愛は、割と早い段階でボクテと溶け込み仲はいい。なにか困ったことがあるときに、ポツリと深いことを言うのが特徴です。見どころとしては、秋風事務所の立ち位置で鈴愛とどんな関係になるのかというところ。

 

ゲイなので、鈴愛と付き合うようなことはありませんがなにかと気にかけてくれる先輩なので、どんなかかわりをもつのかというのが楽しみなところですね。イケメンだけど、ゲイの役っていうのがなんとも・・・。

 

ファンは、恋愛関係に誰かとなるわけではないのでその方がうれしいかもしれませんけどね。そんな微妙な役を朝ドラ初出演のキャスト・志尊淳さんがどのように演じるのか。

 

志尊淳さんが演じる藤堂誠を鈴愛と恋愛関係にもってこないのが今回の脚本のいいところですね。志尊淳さんのゲイの演技に期待したいです。同じアシスタントのユーコ(清野菜名)と恋愛関係に最終的になったりとかかな?





関連記事

豊川悦司(秋風羽織/あきかぜはおり)

清野菜名(小宮裕子/こみやゆうこ)

井川遥(菱本若菜/ひしもとわかな)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)