永野芽郁(楡野鈴愛/にれのすずめ)

このページは、2018年4月スタートの朝ドラ「半分、青い。」の主人公・楡野鈴愛(にれのすずめ)役を演じるキャストの永野芽郁(ながのめい)さんについて紹介していきます。

 

また、ヒロイン永野芽郁さんが演じる楡野鈴愛がどんな役どころで見どころがどこにあるのかなどについても後半に詳しく解説していきます。なので、どちらかに興味があれば楽しめると思います。

 

少しだけ説明すると、主人公・楡野鈴愛は病気で片耳の聴力を失った女性になります。最近は、実在モデルを演じることが多い朝ドラですが今回はオリジナルドラマになっています。

 

なので、単純にドラマの内容を楽しめることになるでしょう。詳しい楡野鈴愛については後半にみていきます。その前に、まずは永野芽郁さんがどんな女優なのかをこれまでの出演作品などから見ていきます。

永野芽郁はどんな女優なの?

永野芽郁は、スターダストプロモーションに所属する1999年生まれの現在、18歳で出身は東京になります。18歳という若さですが女優業が本業になっています。

 

小学校三年生の時に、吉祥寺にてプロのスカウトマンにスカウトされて芸能界デビューを果たし、2009年には、映画に初出演しました。

 

その後2010年からはファッション誌ニコ☆プチや、その姉妹誌nicolaのモデルとして知名度を上げていきました。永野芽郁が知名度を大きく上げたのは、2015年に公開された映画「俺物語!!」でヒロイン役を演じた時です。

 

ヒロイン役はオーディションによって勝ち取っています。また、2016年からseventeenのモデルとして活躍しており、UQモバイルのCMに多部未華子らと出演しており、一気に多くの人に知られることとなりました。

 

永野芽郁の代表作としては、2017年に放送された「僕たちはやりました」があります。この作品では、窪田正孝の演じるトビオの幼馴染であるヒロインの蓮子を見事に演じました。

 

永野芽郁は着実に知名度を上げてきており、まだまだ18歳と非常に若いですが、様々な役柄をしっかりと演じ切ることのできる十分な演技力を持っています。

 

そのあたりに、18歳ながらのスター性を感じます。今回の朝ドラ「半分、青い。」の活躍で、CMやその他のドラマや映画でも大きな飛躍をできること間違いない女優になると思います。

 



 

半分青いの楡野鈴愛の見どころとは?

永野芽郁さんが演じる今回の朝ドラ「半分、青い。」の主人公・楡野鈴愛(にれのすずめ)は小学校3年生で左耳の聴力を失いますが、明るく大胆に生きていきます。かわいいけど、失敗することも多い主人公像になります。

 

ただ、チャレンジ精神をもっているので失敗してもくじけることなく挑戦していく女性になります。勉強は、得意でないが絵が得意な女の子です。今回の朝ドラの特徴としては、挫折をするところにキーワードがあります。

 

漫画かを目指して東京に上京するも、芽が出ず挫折。そこで知り合った男性と結婚しますが、生活が苦しく離婚を切り出されます。そして、地元の岐阜県に戻って幼馴染とものづくりに励むというストーリーです。

 

特に恋愛色が強いのが今回の朝ドラの特徴の一つになります。なので、見どころとしては楡野鈴愛がどんな失敗をして、最終的にどんな恋愛をして幸せをつかんでいくのかというところが大きな見どころになると思います。

 

どうしても、朝ドラというと夢に向かって一直線というのがお決まりのストーリーですが今回はそういった単純なものではありません。夢に挑むも挫折。結婚も離婚とかなり親近感がわく人が多い内容になっています。

 

そんな主人公・楡野鈴愛をキャストの永野芽郁さんがどのように演じるのかも楽しみなところですね。今から、どんな役になるのか楽しみですね。初々しい演技を期待したいですね。

 




 

関連記事

松雪泰子(楡野晴/にれのはる)

滝藤賢一(楡野宇太郎/にれのうたろう)

中村雅俊(楡野仙吉/にれのせんきち)



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)