滝藤賢一(楡野宇太郎/にれのうたろう)

このページは、2018年4月からはじまるNHKの朝ドラ「半分、青い。」の中で楡野宇太郎(にれのうたろう)を演じるキャスト滝藤賢一(たきとうけんいち)さんについて紹介します。

 

また「半分、青い。」の中で滝藤賢一さんが演じる楡野宇太郎の役がらや見どころがどこにあるのかなどについても後半で詳しく解説していきます。

 

さわり部分だけ説明をすると、この楡野宇太郎はヒロイン楡野鈴愛(永野芽郁)の父親の役になります。詳細は、後程みていきますのでそちらを見てくださいね。

 

その前に、まずは滝藤賢一さんがどんな俳優さんでこれまでどんな作品に出演してきているのかということくわしくみていきます。

滝藤賢一はどんな俳優なの?

滝藤賢一さんは、1976年生まれの現在41歳になります。出身は、名古屋です。芸能活動は、俳優業がメインとなっており事務所は比較的新しいエージェントオフィスタクトです。

 

元々は、俳優ではなく映画監督を志望していましたがオーディションを受けて合格したことから俳優として活躍することになります。仲代達矢主宰の無名塾で舞台で地力をつけていきます。

 

当時の無名塾には、真木よう子さんらが一緒に舞台で活躍していました。そして、滝藤賢一さんがなんといっても有名になったのは大ヒットドラマの「半沢直樹」でした。

 

堺雅人さんが主人公の半沢直樹(銀行マン)でその同僚という役柄でしたが、左遷されてしまい何も言えないようになっていましたが、ひと踏ん張りするという役どころ。

 

切れるするがたがとても印象的でした。もちろん、それまでにも「踊る大捜査線」などの人気ドラマにも出演しています。NHKにも数多く出演しており、大河ドラマ「龍馬伝」にでています。

 

そして、朝ドラでも「梅ちゃん先生」で食堂の人を演じています。「あまちゃん」にも少しだけ出演しているので、今回の「半分、青い。」が三度目の朝ドラになりますね。

 

最近では、映画にドラマに引っ張りだこの役者さんなのですが・・・さえない役からしっかりしている役までなんでもこなせる演技派俳優になります。

 

今回の「半分、青い。」では、ヒロインの父親役ということで、最後まで出演することになると思うので・・・舞台で磨いた演技力を期待したいですね。

 



半分、青い。の楡野宇太郎の見どころ

滝藤賢一さんが「半分、青い。」の中で演じる楡野宇太郎は、主人公・鈴愛の父親になります。威厳のある父親というタイプではなく、包容力のあるタイプになります。

 

そのため、妻の晴(松雪泰子)に怒られることもしばしばです。その様子を父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)ももう仕方ないなあといった面持ちでみています。

 

ただ、しっかりしていないところはありますが家族の調和をはかることは上手で、晴と鈴愛の関係がうまくいっていないときに上手に調和してくれます。

 

能天気で優柔不断という朝ドラ特有のダメ父親ですが、仕事は晴が経営する食堂の厨房で働きます。宇太郎は、大のマンガ好きなので、それが鈴愛の将来に影響してきます。

 

見どころとしては、朝ドラ特有のダメおやじがどれくらいダメなのか?また、鈴愛との関係も見どころの一つです。鈴愛が漫画家の夢を持つのは宇太郎のマンガ好きが影響します。

 

なので、鈴愛がどのように漫画と接することになるのかも見どころの一つですね。キャストが朝ドラに何度も出演している滝藤賢一さんなので安心して見れますね。

 

ちなみに、ちょっとうだつが上がらない父親のキャストには滝藤賢一さんはぴったりかなと思います。個人的には、「半分、青い。」の中でも特に楽しみなキャストのうちの一人ですね。

 




 

関連記事

松雪泰子(楡野晴/にれのはる)

永野芽郁(楡野鈴愛/にれのすずめ)

中村雅俊(楡野仙吉/にれのせんきち)

風吹ジュン(楡野廉子/にれのれんこ/ナレーション)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)