高木渉(木田原五郎/きだはらごろう)

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の中で木田原五郎(きだはらごろう)を演じるキャスト高木渉(たかぎわたる)さんについて紹介します。

 

また、「半分、青い。」の中で高木渉さんが演じる木田原五郎がどんな役で、見どころがどこにあるのかなどを後半にお伝えします。

 

先に少しだけ説明すると、木田原五郎は主人公・楡野鈴愛(永野芽郁)の同級生で仲の良い幼馴染・木田菜生(奈緒)の父になります。

 

詳しい内容については後半をご覧ください。その前に、まずは高木渉さんがどんな役者さんなのか。これまでに出演してきた作品などからみていきたいと思います。





 

高木渉はどんな俳優なの?

高木渉(たかぎわたる)さんは、1966年生まれの現在51歳になります。出身は、千葉県になります。高木渉さんは、俳優ではありますが声優としても活躍しています。

 

テレビのブラウン管にでるよりも、声優としてアニメの声をしたりナレーションをしている仕事の方が多い俳優さんです。声優としては、本当にたくさんの作品の声をしています。

 

なので、これがっていうのはあげればきりがないのですが、デビューは1987年の「ミスター味っ子」です。「頭文字D」や「GTO」、「名探偵コナン」など多数になります。

 

俳優としてドラマ出演は、2016年の大河ドラマ「真田丸」が最初になります。その後、NHKだけではなく前田敦子さん主演の「毒島ゆり子のせきらら日記」や木村拓哉さん主演の「A LIFE?愛しき人?」に出演しています。

 

2018年になっても松本潤さん主演の99.9%に出演し、NHKでも「どこにもない国」に出ています。なので、真田丸以降の高木渉さんは俳優業もかなり精力的におこなっているという印象ですね。

 

大河ドラマや朝ドラに出た後に、一気にブレイクすることが多くありますが高木渉さんもその一人になると思います。真田丸では、真田幸村の義理の兄という役でとてもよい演技をしていました。

 

それがいろんなところで評価されたために、ひっぱりだこになっている状態だと思います。今回の朝ドラも真田丸の好演があって、それがきっかけなのかなと思います。楽しみですね。

 



 

半分、青い。木田原五郎の見どころ

高木渉さんが「半分、青い。」の中で演じる木田原五郎は、木田原菜生の父親です。鈴愛のことも幼いころから知っている間柄です。

 

なので、なにかと鈴愛のことを気にかけてくれています。仕事は、「おしゃれ木田原」で自分の好きな洋服を販売しています。

 

自分は、センスがいいと思っているが個性的でそのファッションは異彩を放っている人物になります。なので、周囲はファッションセンスがいいと思っていない。

 

見どころとしては、鈴愛とのかかわりがどの程度あるのか。また、その独特のファッションが見どころになります。どんな変わった服をきて登場するのかというのも楽しみですね。

 

そして、キャスト高木渉さんがどんな演技をするのか。どれくらい登場シーンがあるのかなど気になりますね。面白い服でたくさん登場してほしいなって個人的には思います。





関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)