半分、青い。第11週ネタバレ・あらすじ「デビューしたい!」

半分、青い。11週
このページは、NHKの朝ドラ半分、青い。」の第11週「デビューしたい!」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

半分、青い。第10週のネタバレ・あらすじで、鈴愛(永野芽郁)が正人(中村倫也)にふられ、律(佐藤健)の彼女・清(古畑星夏)と大喧嘩してしまいます。

 

その続きとなる「半分、青い。」11週ネタバレあらすじは、下記にのせています。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

半分、青い。11週ネタバレの始まりです。タイトルは「デビューしたい!」です。下記から半分、青い。の11週のネタバレをお楽しみくださいね。

 




 

半分、青い。11週 ネタバレ・あらすじ

鈴愛と清が大喧嘩した日の夜、律は電話で鈴愛に今から行くと伝えあいます。そして、鈴愛が本当に律は自分のものだから返せと言ったのかという話を確認します。鈴愛は、そのことを本当だと話します。

 

律は、冷静に俺は誰のものでもない。清のものでもなく・・・もちろん鈴愛のものでもなく、極端なことを言うと和子(原田知世)のものでもないという。そして、その言葉は絶対に言ったらだめだと言います。

 

そして、律は清のために引越しをすることを打ち明けます。清のために律はここを離れるというのです。鈴愛は、律とこれまでと同じように一緒にいたい。そう懇願するが、律は清に心配かけたくないので引越しをするというのです。

 

律は、珍しく鈴愛に対してルールを破ったのはそっちだと怒り・・・もう2人で会うことをやめるという。鈴愛は、ただ律に側にいてほしかったといいますがその願いは拒否されます。

 

そして、その帰りに律は鈴愛が七夕に書いていた願いを読みます。「ロボットを律が発明してくれますように」と書かれていました。それからというもの鈴愛と律が会うことはなくなります。

 

鈴愛は、律と会わないようになって・・・寂しくて毎日のように夜に泣いていました。正人(中村倫也)にふられて・・・それから1週間後には、律にも別れを告げられます。その悲しみでまたしても泣いてしまいます。

 

寂しい気持ちや自分が清にやってしまったことに対する後悔を抱えていました。それでも、仕事に対しては一生懸命に取り組みます。その出来事を忘れるために鈴愛は絵を描くことに集中します。

 

その結果として、秋風羽織(豊川悦司)から認められた作品が雑誌に持ち込まれることになります。そのため、徐々に忙しく律がいなくなった寂しさを忘れていくようになります。

 

漫画を描いて、描いてを繰り返していく鈴愛。秋風に怒られながらも、徐々に成長していく秋風塾のユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)と鈴愛の3人の弟子たち。

 



 

鈴愛が新人賞を獲得

鈴愛と律が離れ離れになってから2年という時が経過しました。秋風塾の弟子たちはどんどん成長して、ユーコのデビューがついに決定します。そのことを喜ぶ、秋風、鈴愛、ボクテ。

 

しかし、ボクテだけは素直に喜べずにいました。自分の方がアマチュア時代に実力があったことから、焦ってしまっていたのです。そのため、秋風の許可を得ないまま雑誌編集者に誘われて漫画を描いてしまいます。

 

しかも、その内容が鈴愛が過去に書いていたもでした。そのため、ボクテは事後報告で作品を譲ってほしいと鈴愛はお願いします。そして、鈴愛は過去の作品だからと了承してしまいます。

 

それが秋風の耳に入ることになり激怒されます。秋風の怒りは、自分の許可なく勝手に雑誌に掲載したボクテはもちろんのこと・・・自分の作品を簡単に譲ってしまう鈴愛にも向けられました。

 

プロなら、自分の作品を簡単に譲るな。もっと、自分の作品に誇りをもてと怒ったのです。そして、自分の許可なく雑誌に掲載したボクテについては波紋にします。二度と秋風事務所に立ち入り禁止にします。

 

そして、秋風は鈴愛に対しても波紋だと言ったのですが・・・なんとかボクテがそれをかけあってくれて、鈴愛は秋風事務所に残ることができました。その年の新人賞はボクテが受賞しました。

 

それは、原作が鈴愛のものです。しかし、ボクテは新人賞の受賞を辞退したので次点だった鈴愛が新人賞に選ばれることになりました。その結果・・・漫画家としてのデビューが決定しました。半分、青い。11週のネタバレ・あらすじはここまで。半分、青い。12週のネタバレ・あらすじにつづく

 




 

あなたにおススメのページ

半分、青い。第12週ネタバレ・あらすじはコチラ

半分、青い。第10週ネタバレ・あらすじはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いの動画(見逃し配信)はコチラ



まだ投稿がありません!

表示する記事がまだありません。