MENU

半分、青い。第12週ネタバレ・あらすじ「結婚したい!」

半分、青い。12週

 

このページは、NHKの朝ドラ半分、青い。」の第12週「結婚したい!」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

 

 

半分、青い。第11週のネタバレ・あらすじで、鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)が離れ離れになります。それでも、鈴愛は仕事を一生懸命がんばります。

 

 

 

その続きとなる「半分、青い。」12週ネタバレあらすじは、下記にのせています。その前に1話ごとの感想を載せていますので興味があるあなたはご覧ください。

 

半分、青い。67話の感想「漫画家デビュー」

 

半分、青い。68話の感想「漫画家誕生日」

 

半分、青い。69話の感想「連載打ち切り」

 

半分、青い。70話の感想「ユーコの幸せ」

 

半分、青い。71話の感想「ユーコの旅立ち」

 

半分、青い。72話の感想「再会」

 

 

 

半分、青い。第12週全体のネタバレあらすじを開始します。

 

 

 

しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。半分、青い。12週ネタバレの始まりです。タイトルは「結婚したい!」です。下記から半分、青い。の12週のネタバレをお楽しみくださいね。

 

 

 

 

半分、青い。12週 ネタバレ・あらすじ

 

鈴愛は、連載が始まります。作品のタイトルは「一瞬に咲け」です。同時に、ユーコ(清野菜名)も連載が決まりお互いに切磋琢磨していきます。作品に対することもお互い話をしながら進めていきます。

 

 

 

鈴愛とユーコが連載をはじめてから3年の月日が流れました。秋風羽織(豊川悦司)の事務所でお互いまだ連載を続けています。お互いの連載を続けていき、アシスタントを新たに雇いながら連載になんとか間に合わせています。

 

 

 

そんな中で、鈴愛は実は悩んでいました。少し「一瞬に咲け」がマンネリ化してしまい新しい展開が描けずにいたのです。そのことは、師匠の秋風も気づいていました。鈴愛が伸び悩んでいることを感じながらも自分で乗り越えるべき壁だと思っていました。

 

 

 

ちょうどその頃です。秋風事務所を破門になったボクテ(志尊淳)の作品が空前の大ヒットを飛ばします。一躍人気になり、日本で知らない人はいないほどの漫画家に成長していました。

 

 

 

一方、鈴愛とともに切磋琢磨してきたユーコもまた自分の漫画に限界を感じてしまっていました。そして、青年実業家と結婚をして漫画の連載を終了する。漫画家そのものを引退するのだといいます。

 

 

 

秋風は、せっかくここまできてもう少しで花開きそうなのでと留意しますが・・・最終的にはユーコのしあわせを考えて引退することを了承しました。その後、結婚式をすませるとユーコは秋風事務所を去っていきました。

 

 

 

それでも、秋風はユーコがいつ戻ってきてもいいようにセットはそのままで変えずにいました。そのことを鈴愛も嬉しく思っていました。ユーコがまたいつか漫画を描く日が来るかもしれないからです。

 

 

 

 

律は今も鈴愛のためにロボット

 

一方の律は、大学を卒業してからもロボットの研究をずっと宇佐川教授のもとで行っていました。それは、鈴愛の左耳のかわりにロボットがなる可能性があると聞いてからずっと変わっていませんでした。

 

 

 

宇佐川教授が京都大学に移籍したために、律も京都大学の大学院に入り研究をしていたのです。鈴愛は漫画家として頑張っている。律は、ロボットの研究を頑張っているある日、実家でパーティーが行われました。

 

 

 

それは、キミカ先生(余貴美子)が60歳になったのでふくろう町のみんなでお祝いをしようと開かれたパーティーでした。

 

 

 

鈴愛も菜生(奈緒)に誘われていたのでスケジュールを空けて実家に帰っていました。しかし、着ていこうとしていたドレスを草太(上村海成)が間違えて洗濯にかけてしまっていました。

 

 

 

そのため、鈴愛はそれがないといかないと駄々をこねていました。かわいくない格好で律と再会するのが嫌だったのです。しかし、鈴愛は家で一人で留守番をしていて思ったのです。

 

 

 

今回のお祝いはキミカ先生をお祝いするもの。キミカ先生には、お世話になっている自分は行かなければならない。そう思ってパーティーに向かいました。しかし、もうパーティーは終わっています。

 

 

 

鈴愛が到着したときには律はそこにはもういませんでした。翌日も研究があるため、京都に行くため駅に向かっていたのです。キミカ先生は、鈴愛が挨拶に来たときに律がくれた雑誌の話をします。

 

 

 

律が鈴愛のためにロボットの研究をしていて、その結果宇佐川研究室が賞をとったのだと教えてくれました。そして、キミカ先生はそれを本当は鈴愛に聞かせたかったのだと思うといい、まだ駅にいるから律に会いにいくべきだと言われます。

 

 

 

鈴愛が慌てて駅に行くと、律が電車に乗ろうとしていました。鈴愛が律に笛を吹きます。すると、律はその笛に気づきます。律は電車に乗らず反対側の線路から階段を下りてやってきます。

 

 

 

鈴愛が見上げる先には、律がいました。律と約5年ぶりの再会を鈴愛は果たしたのでした。半分、青い。12週のネタバレ・あらすじはここまで。半分、青い。13週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

半分、青い。第13週ネタバレ・あらすじ「仕事が欲しい!」

 

半分青いの動画(見逃し配信)はコチラ

 

半分、青い。公式ブックはコチラ

 

半分、青い。第11週ネタバレ・あらすじはコチラ

 

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

 

 

 

 


半分、青い。第12週ネタバレ・あらすじ「結婚したい!」記事一覧

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の67話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第67話のタイトルは「漫画家デビュー」です。半分、青い。66話のあらすじで、ボクテ(志尊淳)が辞退したために鈴愛(永野芽郁)は新人賞を獲得することができました。その続きとなる半分、青い。第67話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、67話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いてい...

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の68話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第68話のタイトルは「漫画家誕生日」です。半分、青い。67話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は新人賞を獲得し漫画家デビューを果たします。そして、ボクテ(志尊淳)の後押しもあって鈴愛は連載をもつことになりました。その続きとなる半分、青い。第68話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、68話のあ...

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の69話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第69話のタイトルは「連載打ち切り」です。半分、青い。68話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)と同様にユーコ(清野菜名)も連載漫画を持つようになり、お互い切磋琢磨しています。その続きとなる半分、青い。第69話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、69話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想...

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の70話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第70話のタイトルは「ユーコの幸せ」です。半分、青い。69話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)はユーコ(清野菜名)のことを相談するために、ボクテ(志尊淳)と会います。そこに秋風も偶然やってきました。その続きとなる半分、青い。第70話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、70話のあらすじをお伝え...

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の71話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第71話のタイトルは「ユーコの旅立ち」です。半分、青い。70話のあらすじで、ユーコ(清野菜名)が漫画家を辞めて結婚することを秋風(豊川悦司)に伝えます。そして、秋風もユーコの幸せを優先してそれを了承しました。その続きとなる半分、青い。第71話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、71話のあ...

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の72話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第72話のタイトルは「再会」です。半分、青い。71話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)はキミカ先生(余貴美子)の還暦祝いが行われるので来ないかと菜生(奈緒)に誘われます。そこには律(佐藤健)も来るという。その続きとなる半分、青い。第72話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、72話のあらすじを...

このページの先頭へ