半分、青い。90話の感想「あかんやつ」

バツ

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の90話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第90話のタイトルは「あかんやつ」です。

半分、青い。89話のあらすじで、涼次(間宮祥太朗)の家に行った鈴愛(永野芽郁)ですが、祥平(斎藤工)と険悪な雰囲気になり、ゲイだと言ってしまいます。

その続きとなる半分、青い。第90話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、90話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。








半分、青い。90話のあらすじ

鈴愛は涼次がゲイで、めくらましか?こんなに早いプロポーズにおかしいと思ったという。すると、涼次は鈴愛の手を握って慰めているところに祥平が自分が邪魔なんだろ?

涼次が結婚するといったので、少し寂しかったのかもしれない。弱虫だったのかもしれない。そういって、涼次がいつか書き留めていた詩が祥平の新作映画のナレーションだったと鈴愛は初めてしりました。

涼次の詩ではないことを田辺(嶋田久作)に話し、それでもっと好きになったという鈴愛。田辺は、それを見て恋は盲目というのでした。涼次は、光江(キムラ緑子)に通帳を渡されます。

結婚するのならお金がいるだろうと母親が貯めていた貯金通帳を渡したのです。一方、楡野家では仙吉(中村雅俊)は草太(上村海成)のことで話があると切り出します。

仙吉は、鈴愛の結婚と一緒にしない方がいいと思う。一段落してからの方がいいと思う。鈴愛も結婚したら応援にまわってくれる。そういって、急がんでもと草太を説得するのでした。

そして、涼次が楡野家に挨拶にやってきました。何度も同じことを繰り返す宇太郎(滝藤賢一)。みながぎこちない状況です。涼次が娘さんをくださいと挨拶しようとします。

すると、大声で笑いだします。つぼに入ったと大声で笑いはじめたのです。半分、青い。90話のあらすじはここまで。半分、青い。91話のあらすじにつづく。







半分、青い。90話の感想

半分、青い。90話のあらすじでは鈴愛の家に涼次が挨拶に来るという回でしたね。涼次が挨拶をしようとしたときに大笑いしましたけど・・・大丈夫でしょうか?

ナレーションにもありましたけど、明らかにあかんやつですよね。もうちょっとちゃんとせんと、挨拶というかけじめはしっかりとしなあかんでしょ。

この後にもめなければいいですけど・・・挨拶もまともにできない人と結婚させたくないみたいな感じになりそうで怖いですね。というか、なんか涼次と結婚して大丈夫かな。

そんな心配をもつようになってしまいました。楡野家の面々は、ちょっと引いていましたよね。しかし、宇太郎は緊張していましたね。何度も何度も同じことを言って。

一人冷静だったのは、仙吉だけですね。ほかは、全員が浮足だっている感じ。それがなんとも楽しいんですけどね。田辺が言っていたように、なんで相手のことよく知らないのに急いで結婚するの?

その言葉が適切な気がします。あんなタイミングで笑いだすような人と結婚を後押しなかなかできないかなあって思ってしまいました。涼次はイケメンですけど。

彼女がいないのには、それなりに理由があるのかなって。なんかまだまだボロが出てきそうな気がしますね。半分、青い。90話の感想はここまで。半分、青い。91話の感想につづく。








あなたにおススメのページ

半分、青い。91話の感想「結婚式にやってもうた」

半分、青い。第16週ネタバレ・あらすじ「抱きしめたい!」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

半分、青い。89話の感想「バツイチ子持ち」







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です