半分、青い。第18週ネタバレ・あらすじ「帰りたい!」

半分、青い。18週
このページは、NHKの朝ドラ半分、青い。」の第18週「帰りたい!」のネタバレ・あらすじについて詳しくお伝えしています。

 

半分、青い。第17週のネタバレ・あらすじで、鈴愛(永野芽郁)と涼次(間宮祥太朗)の子供の名前は、花野に決まりました。

 

その続きとなる「半分、青い。」18週ネタバレあらすじは、下記にのせています。しつこいですがネタバレをみたくない人は、みないようにしてくださいね。

 

半分、青い。18週ネタバレの始まりです。タイトルは「帰りたい!」です。下記から半分、青い。の18週のネタバレをお楽しみくださいね。

 



 

半分、青い。18週 ネタバレ・あらすじ

家族が一人増え3人の生活が始まる中で、花野が1歳の誕生日を迎えます。誕生日パーティーをしようと涼次の帰りを楽しみに待つ、光江(キムラ緑子)と麦(麻生祐未)とめあり(須藤理沙)の3人。

 

しかし、鈴愛が花野の様子がおかしいことに気づき熱をはかると40度以上ある高熱です。慌てて救急病院に連れていく鈴愛ですが、泣き続ける花野を見て鈴愛はパニックになってしまいます。

 

あまりに動揺してしまった鈴愛は、思わず携帯電話で晴(松雪泰子)に電話をします。鈴愛は、無意識のうちに母に電話をかけたのです。

 

電話がかかってきたことや鈴愛の状態に驚く晴ですが、冷静に大丈夫だと鈴愛にアドバイスをおくります。花野の病気はおたふく風邪で、自分と同じように耳が聞こえなくなるようなことがないか鈴愛は心配します。

 

その日、涼次はいくら電話をかけてもやってきませんでした。そのため、三オバに涼次が花野が高熱のときにこれなかった理由を聞かれます。涼次は佐野弓子(若村麻由美)と祥平に呼ばれて、次回作の脚本と映画の監督をお願いされたのだと話します。

 

しかし、涼次は映画の仕事をもうするつもりはないときっぱりと断っていたのです。三オバは、もったいないとはいいますが涼次の決意が固かったためにその意見を尊重しました。

 




 

鈴愛と涼次が離婚

花野の病気が治り、5年が経過しました。そんなある日、涼次から鈴愛は突然重大なことを切り出されます。なんと、涼次は鈴愛に離婚をしてほしいというのです。

 

涼次は、実は新作映画の脚本をずっと書いていて・・・それが認められたので今後は脚本と監督をしていくのだという。そのため、フリーターに戻るから離婚したいというのです。

 

当然、鈴愛は納得がいかず離婚を思い直すようにいいますが涼次の決意は固く覆ることはありませんでした。光江(キムラ緑子)たち三オバにも涼次が離婚の話をします。

 

光江は、離婚するのであれば涼次に出ていくように言います。そして、涼次はそれから先は祥平のところに住ませてもらえるようになります。鈴愛は、涼次がすぐに戻ってくると思っていましたがいつまでたっても戻ってきません。

 

そこで、光江は麦(麻生祐未)と一緒に祥平の家に行って連れ戻そうとします。光江は、涼次が映画の夢と家族の両方はやっていけないのかと聞きます。

 

自分は、器用ではないから幸せなところにいると映画はつくれない。そういって鈴愛たち家族を捨てることを説明します。光江は家に帰ると、鈴愛に涼次ともう一度ちゃんと話すように説得します。

 

一方の鈴愛は、律の家に電話をします。しかし、律の子供がでて自分が重ねてきた年月の長さを実感します。そして、涼次ともう一度会い話すために、鈴愛は祥平の事務所に訪れます。

 

涼次と会って鈴愛は離婚したくないおもいを伝えます。しかし、涼次は花野をよろしくといい別れを告げます。鈴愛は祥平に涼次の今後をお願いして部屋を出て、離婚を決意します。

 

鈴愛は、花野を連れて梟町に戻ると・・・つくし食堂に行列ができています。晴(松雪泰子)は突然帰ってきた娘に理由を聞いてくれます。

 

鈴愛は、みんながいつでも帰ってきていいよって言ってくれたから帰ってきたのだという。すると、花野がママはパパに捨てられたというのです。食堂には、ブッチャー(矢本悠馬)だけでなく律(佐藤健)もいました。半分、青い。18週はここまで。半分、青い。19週のネタバレ・あらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメのページ

半分、青い。第19週のネタバレ,あらすじはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

半分、青い。第17週ネタバレ・あらすじ「支えたい!」

半分青いの動画(見逃し配信)はコチラ

半分、青い。公式ブックはコチラ



まだ投稿がありません!

表示する記事がまだありません。