半分、青い。102話の感想「赤ちゃん誕生」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の102話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第102話のタイトルは「赤ちゃん誕生」です。

半分、青い。101話のあらすじで、涼次(間宮祥太朗)が妊娠している鈴愛(永野芽郁)の代わりに働き映画関係の仕事を辞めることを決意しました。

その続きとなる半分、青い。第102話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、102話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。102話のあらすじ

鈴愛は、実家に帰り出産をすることになります。ブッチャー(矢本悠馬)と菜生(奈緒)は、鈴愛のお腹をみてあこがれます。そこで、律(佐藤健)の結婚生活があまりうまくいっていないことを聞きます。

涼次(間宮祥太朗)は、晴(松雪泰子)と一緒に話をします。涼次は自分が監督をやめただけだから未練はないという。草太(上村海成)が婚約者を連れてきます。

以前、仙吉(中村雅俊)に相談していた女性とは異なります。涼次は、鈴愛のお腹に糸電話で話しかけます。そして、夜中に鈴愛が破水します。

晴に話した鈴愛は、急いで病院にいきます。しかし、鈴愛は明日がクリスマスなので今日は家に帰ると言い始めます。キミコ先生(余貴美子)がやってきて、1日ずれこむことが多い話を聞きます。

鈴愛の出産に、涼次も晴も立ち会います。涼次は倒れて外に運び出されます。なんと、東京からは3オバまでやってきます。そこに、赤ちゃんの泣き声がします。

わかいい女の子です。2002年12月23日に鈴愛は母になりました。半分、青い。102話のあらすじはここまで。半分、青い。103話のあらすじにつづく。




半分、青い。102話の感想

半分、青い。102話のあらすじは、鈴愛の出産という内容でしたね。しかし、こんな時に男はなにもできないんですよね。涼次の気持ちがすごくよくわかりました。

しかし、涼次だけでなく3オバまでくるとは思わなかったですね。涼次の親代わりとしてきたのかな?それにしても、東京からってよくきましたね。

楡野家と会うのは結婚式依頼になるのかな?たくさんの人がいたから覚えていないって感じかもしれません。ただ、どうなんかな?破水して鈴愛があんな余裕ってのは???

クリスマスにとかってのは、ありえないですよね。陣痛って、だんだん急激にやってくる感じなのでちょうしいい時にいったのかな?にしても、1日待つとかってないですね。

鈴愛の出産については、三オバもそうですが宇太郎(滝藤賢一)や仙吉などの周囲の人がかなり目立っていましたね。晴とかは割と控えめな感じでした。

そこが「半分、青い。」のちょっと面白いところかもしれませんね。半分、青い。102話の感想はここまで。半分、青い。103話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。103話の感想「おたふくかぜ」

半分、青い。第18週ネタバレ・あらすじ「帰りたい!」

半分、青い。101話の感想「妊娠」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)