半分、青い。144話の感想「盆と正月」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の144話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第144話のタイトルは「盆と正月」です。

 

半分、青い。143話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は晴(松雪泰子)のことを心配して実家に戻っていました。そこで、扇風機を壁にあてると風が柔らかくなるって話を思い出します。

 

その続きとなる半分、青い。第144話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、144話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

 

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。144話のあらすじ

鈴愛は慌てて律(佐藤健)に電話します。律は扇風機を強にして壁にあてた風をあびます。おもいたったように動き出す律。これは発明だと律も興奮します。

 

宇太郎(滝藤賢一)は鈴愛にもお重をもたせてくれます。そして、鈴愛は晴は大丈夫だと宇太郎にいいます。一方、スパロウリズムではユーコ(清野菜名)がやってきました。

 

急にやってきて、驚かそうとしてきたという。夕方には、鈴愛もどってくるから会えるとユーコにいいます。鈴愛が戻ってくると、ボクテ(志尊淳)とユーコが隠れていました。

 

驚く鈴愛に、喜び合う3人。ボクテは、おんな光源氏をそろそろやめて「神様のメモ」を書き直したいという。鈴愛の作品を殺してしまったので、生き返らせたいのだという。

 

鈴愛は、ボクテに「神様のメモ」を書いてもいいと喜んで許可しました。一方、ユーコは看護師の仕事に悩んでいました。看護師は生と死を直面する仕事。

 

だから、悩んでいることを鈴愛に打ち明けます。鈴愛の生命力で私を生かせてほしい。そういって抱き合います。半分、青い。144話のあらすじはここまで。半分、青い。145話のあらすじにつづく。

 




半分、青い。144話の感想

半分、青い。144話のあらすじは、ボクテとユーコが鈴愛のもとを訪ねてくるという回でしたね。突然だったので、鈴愛は驚いていましたね。しかし、この3人はずっと仲良しですね。

 

一時は、漫画家を目指すライバルでした。しかし、漫画家として残っているのはボクテだけ。それでもずっと仲良しでいられるっていうのは素敵だなって思いました。

 

社会人になると、なかなか友達ってできませんからね。利害関係がかかわってくるから、どうしても学生同士のような友達ってできにくい。でも、この3人は本当に仲がいいですね。

 

おそらく、ボクテ以外が漫画家をしていないからなのかなって思います。漫画家をしていたらライバルになるので、違う関係になっていたんだろうなって思いました。

 

しかし、ボクテが神様のメモを売れるようになってからもう一度かきたいって言ったことには驚きましたね。売れているから自分の作品をかけばいいのにって思う気持ちが鈴愛にはあると思います。

 

それでも、ボクテにとっては唯一の汚点。自分が漫画家をしているかぎり、ずっと「神様のメモ」の十字架にしばられる。だからこそ、そこに向き合いたいのかもしれませんね。

 

一方、ユーコの方が悩みは深刻な感じがしました。ユーコは真面目だから、生と死を直面する苦しさっていうのを看護師として感じているのかなって思いました。

 

鈴愛は、「生きる力」だって言葉は本当にそうで・・・ユーコは死のうと悩んでいるのかな?ってふうにも感じました。少しユーコが心配になりました。半分、青い。144話の感想はここまで。半分、青い。145話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ

半分、青い。143話の感想「生存率50%」

半分、青い。最新のネタバレはコチラ

半分、青い。第24週のネタバレ・あらすじ「風を知りたい!」

半分青い。公式ブック2はコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)