半分、青い。26話の感想「秋風なんとか・・・」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の26話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第26話のタイトルは「秋風なんとか・・・」です。

半分、青い。25話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)が入社式で着るスーツをあわせているときに、晴(松雪泰子)に農協で働かないと言おうとします。

その続きとなる半分、青い。第26話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、26話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。26話のあらすじ

鈴愛は、農協に行かずに東京で漫画家になると晴にいう。そのことに対して、晴が怒り大喧嘩になります。しかも、仕立てていたスーツを二人が引っ張りあい破れます。

鈴愛はいきなり晴に言ってしまったことを後悔しています。名刺をもらったけど、秋風羽織(豊川悦司)の事務所に連絡をしていないという。すると、家に秋風羽織の秘書・菱本若菜(井川遥)が電話がかかってきます。

その電話に出た宇太郎(滝藤賢一)が家族を混乱させたと怒って失礼な態度をしてしまいます。それに対し、菱本も逆に怒っています。秋風なんとか・・・と言われたことに怒ったのです。

菱本は、今回の話はなかったことでと鈴愛に伝えるようにお願いして電話を切ります。一方、ともしびでは律(佐藤健)の受験がやばいと鈴愛にブッチャー(矢本悠馬)が教えてくれます。

家に帰宅した鈴愛は、宇太郎がしたことに怒ります。晴と喧嘩になって、農協の就職が仙吉(中村雅俊)の口利きがあったからだと打ち明けられます。鈴愛は、みんなが知っていて自分が知らなかったことにウソつき家族だと出ていきます。

鈴愛は、律のところに行きますが・・・受験勉強の邪魔をしたらいけないと思い笛をふくことができませんでした。半分、青い。26話のあらすじはここまで。半分、青い。27話のあらすじにつづく。

 




 

半分、青い。26話の感想

半分、青い。26話のあらすじは鈴愛と母・晴の喧嘩の回になりましたね。そこに、宇太郎が電話に出て失礼な態度をとったことで喧嘩に拍車がかかってしまいました。

鈴愛の気持ちもわからないではないですが、ちょっとまだ子供やなって思いました。やっぱり、あれだけ盛大にお祝いしてもらっているだけに1年でもいいので勤務せんとあかんわ。

もちろん、漫画家になりたいって気持ちはわかります。でも、自分のやりたいことを見つけるタイミングが少し遅すぎたと思うんです。もう少し早ければ、就職試験をたくさん落ちることもなかったし仙吉の口利きもなかったですから。

周囲の人がいろいろと考えているタイミングで、鈴愛も真剣に将来を考えるべきだったと思うんです。もちろん、秋風羽織に出会ったという運命があったことはタイミングなのですけどね。

ただ、宇太郎の電話対応はあかんですよね。たとえ、親として断らせるにしても鈴愛から電話をさせるべきだし、そこの話をなくして勝手に決めるのはいかがなものかって思います。

本人がやりたいことをやらせてあげたいって気持ちがあれば、あの電話応対にはならなかったような気がするんですけどね。なんだろ?ちょっと鈴愛を大切にしすぎなのかなって思ってしまいました。

鈴愛は今回のことで律にも相談できん。でも、自分ではどうにもできんって気持ちを抱えてどうするんでしょうか?晴や宇太郎があれだけ反対している中で東京に行くのでしょうか?

なんか、親の気持ちもわかるだけにすごく複雑な気持ちになりました。半分、青い。26話の感想はここまで。半分、青い。27話の感想につづく

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。27話の感想「親心」

半分、青い。25話の感想「漫画家になる」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分、青い。第5週ネタバレ・あらすじ「東京、行きたい!」

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)