半分、青い。32話の感想「卒業」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の32話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第32話のタイトルは「卒業」です。

半分、青い。31話のあらすじで、律(佐藤健)が京大を受けることができなかったために、東京の私立の名門大学を受験し合格しました。

その続きとなる半分、青い。第32話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、32話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。32話のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)の卒業式の日、4人の幼馴染で途中に抜け出して写真をとります。4人は、ともしびのつけを支払います。すると、お好み焼きを卒業祝いでごちそうしてくれます。

菜生(奈緒)が写真ができるころには、みんなおらくなると寂しくて泣いてしまいます。すると、ブッチャー(矢本悠馬)も一人で京都は怖すぎると泣きだしてしまいます。

鈴愛も思わずもらい泣きしてしまいます。しかし、律だけは最後まで泣きませんでした。そして、鈴愛が翌日には東京に旅立つ日がやってきました。宇太郎(滝藤賢一)はずっと作っていた本棚を完成させます。

鈴愛にそれを見せて、本棚を送ってやるという。宇太郎は、それをプレゼントして・・・いつでも待っとるからあかんと思ったらいつでも帰ってこいとアドバイスします。その言葉に鈴愛も涙します。

その日の晩、楡野家ではすき焼きが出てきます。それを家族みんなでおいしいとほおばります。晴(松雪泰子)は、その日の夜に和子(原田知世)に挨拶をし、律に鈴愛のことをお願いします。

夜、晴と宇太郎は寝ながら鈴愛がいなくなることを寂しがります。そして、そこに鈴愛は怖い夢を見たとやってきました。半分、青い。32話のあらすじはそこまで。半分、青い。33話のあらすじにつづく。




半分、青い。32話の感想

半分、青い。32話のあらすじでは、鈴愛たちがいよいよ卒業って時期になりました。しかし、卒業式の途中で抜け出すってなんか想像が難しいのですが・・・どんな感じなのでしょうか?

ただ、いいなあって思いました。高校の卒業式が終わったらもうそういった卒業式でなんか喪失感を味わうみたいなことないですからね。中学、高校だからこそ味わえる卒業式だと思います。

大学では大人になっていますので、感動があるわけではないので。高校の卒業式は、特に違うところに行き別々になったり就職する人がいたり・・・仲がよかった人と離れ離れになったり。

そういった経験って、10代だからこそいいんですよね。なんか、すっごくうらやましい気持ちになりました。自分にももちろん、そんな時代があったんですけどね。時代も違うのですが、ちょっと心がタイムスリップしてました(笑)

また、晴や宇太郎の親の気持ちも最近は理解できるようになってきましたね。なんか、そういうのって自分が親になるまではなんにも思ったことなかったんですけど・・・。

宇太郎に本棚をもらった時や晴が不器用で鈴愛に声をかけるのはできないって話ていた時は、やっぱりほろっときてしまいましたね。ずっと、自分の側にいた子供が成長して東京に行く。

左耳が聞こえないこともあって、心配で心配で育てた子供だけに余計に気になりますよね。そんな気持ちに自分もいつかなるのかな。そう思ってたら涙がホロッとね。最近、半分、青い。見て泣いてばっか。

なんか、「わろてんか」は泣くシーンはあまりなかったけど・・・現代劇の場合は「ひよっこ」もそうでしたけど、どうしても感情移入してしまうんです。半分、青い。32話の感想はここまで。半分、青い。33話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。33話の感想「大好き」

半分、青い。第6週ネタバレ・あらすじ「叫びたい!」

半分、青い。31話の感想「律の大学」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)