半分、青い。86話の感想「草太がやってきた」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の86話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第86話のタイトルは「草太がやってきた」です。

半分、青い。85話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)が「一瞬に咲け」のファンだと知ります。

その続きとなる半分、青い。第86話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、86話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。86話のあらすじ

店長の田辺一郎(嶋田久作)がアルバイトの2人に仕事を教えます。運動会が明日にはあるので、めっちゃ混むのでこころしていくように2人に言います。

オーナー三姉妹は、パスタを食べています。田辺には、涼次が甥っ子だということを伝えていないという。光江(キムラ緑子)は、本当は大納言なんかやりたくなかったという。

店では、POPを作っています。そのため、ささっと漫画を描いてと田辺に言われますが涼次が気を遣って自分が書くという。運動会前日、大忙しの大納言。

そんな忙しい状況であるにもかかわらず、田辺は女性が来て消えてしまっていました。鈴愛と涼次だけで店を回して大忙しのタイミングで、草太(上村海成)が大納言にやってきました。

草太にレジをやってもらって、客がかなりはけていきました。鈴愛は草太に、とても充実した毎日を送っているという。しかし、草太は大納言は岐阜にもあるといいます。

鈴愛は、充実しているから楡野家のみんなには草太が言っておいて。そう頼みます。そして、草太はすぐに鈴愛が涼次のことを好きなのだと気づき、聞きます。

鈴愛は否定しますが、草太には気づくほど鈴愛は涼次のことを見ていたのです。半分、青い。86話のあらすじはここまで。半分、青い。87話のあらすじにつづく。



半分、青い。86話の感想

半分、青い。86話のあらすじでは、東京に鈴愛の弟である草太がやってきた回でしたね。しかし、来ていきなりアルバイトを手伝わせるってどんな兄弟やねんって思ってしまいました。

草太は、単に結婚式で東京にきただけなのに・・・晴(松雪泰子)にお願いされて鈴愛の様子を見にきた。そしたら、いきなりアルバイトを手伝わされたってありえんよね。

しかも、自分で親には言うっていっていたのを結局、弟の草太に言ってもらうってアカンよね。自分のことやのに・・・28歳になってそれはアカンやろって思ってしまいました。

草太は、ずっと鈴愛を見てきたから普通に思うかもしれんけど・・・普通の兄弟なら怒るところかも。しかも、それを草太は普通に晴や宇太郎(滝藤賢一)に説明できそうだからすごいですよね。

正直に、100円ショップでアルバイトをしていたって言うんですかね?それだけを聞くと、晴は絶対に帰ってこいっていうと思います。しかし、鈴愛は帰りたくないんでしょうね。

だから、どんなに苦しい生活でも東京でアルバイトを続ける。そして、涼次の存在が大きいのもありますね。出会ってしまったから余計に岐阜に帰ることはできないかも。

いろんな理由はあるかもしれませんが、やっぱり自分の口で説明してほしいなって思いました。草太が優しいだけに余計に・・・。半分、青い。86話の感想はここまで。半分、青い。87話の感想につづく。




あなたにおススメのページ

半分、青い。87話の感想「好きです」

半分、青い。第15週ネタバレ・あらすじ「すがりたい!」

半分、青い。85話の感想「自分のファン」

半分、青い。のキャスト(相関図)一覧はコチラ!

半分、青い。公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)