半分、青い。9話の感想「聞こえない左耳」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の9話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第9話のタイトルは「聞こえない左耳」です。

半分、青い。の8話の感想では、鈴愛は晴(松雪泰子)に怒られて、喧嘩したあげく律の家の子になると出ていきました。

その続きとなる半分、青い。第9話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、9話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。9話のあらすじ

鈴愛は、律の家に行き泊めてくれという。そして、結婚するかといいますが律は断るとバッサリと切り捨てました。草太が録音していたのを聞いて、晴も攻めすぎだと宇太郎(滝藤賢一)もいう。

そこに和子(原田知世)から電話がかかってきて、迎えにいくことになります。鈴愛は、萩尾家の子供にはしてもらえないかと聞きますが、歓迎するけど晴から鈴愛のことをもらえないという。

腎臓を悪くして鈴愛を生んだときの話を和子がし・・・どんどんいい話になっていきます。その際に、きりをみて律は部屋に戻るといい・・・一緒に遊びます。しかし、鈴愛はすぐに眠くなります。

そして、鈴愛は寝ていきます。晴が萩尾家にやってくると、律はゴミ箱を投げた理由があって、名前を馬鹿にされたことをいいたくなかったからと説明します。また、ブッチャーは鈴愛のことが好きなのだ。

だから、鈴愛のことは怒らないように言います。晴は、鈴愛を背中におぶって帰ります。やがて鈴愛は起きて、走って帰ります。一方、仙吉(中村雅俊)は元気にならんとと思い五平餅をつくります。

翌朝、鈴愛は起きると左耳がもあっとして聞こえません。キミコ(余貴美子)先生に見てもらいますが、専門の大学病院を紹介するという。そして、鈴愛は大学病院に行きます。

宇太郎は、特に心配していませんが翌日も鈴愛の耳鳴りは鳴りやまず大学病院に鈴愛は行きました。大学病院で聴力検査をします。

しかし、その時点で鈴愛の左耳はもうほとんど聞こえませんでした。半分、青い。9話のあらすじはここまで。半分、青い。10話のあらすじにつづく。

 



半分、青い。9話の感想

半分、青い。9話の感想はちょっと大変なことになってきたという回でした。お母さんと喧嘩して、家出をした鈴愛は律の家にいきます。そして、晴が迎えにいくという展開でした。

それだけではなく、翌朝に鈴愛の左耳が聞こえなくなっていました。鈴愛の左耳がこのまま聞こえなくなってしまったら、晴は後悔するやろなあって思いました。

自分が怒ったからストレスで左耳が聞こえなくなったんだろうか。そう自分で勝手に思い込んでしまいそうな気がします。私が鈴愛の親であれば確実にそう思ってしまいますね。

なので、なんとか左耳が聞こえるようになってほしいけど・・・キミカ先生のところではわからないから大学病院にってってすごく流れが悪いですよね。どうしても不安になります。

自分の子供が大学病院にっていわれると、そんなに悪いのって不安になってしまいますよね。宇太郎はあまり気にしていませんでしたが、晴からしたらもうちょっと心配してよって思ったかもしれませんね。

大学病院の聴力検査で反応がなかったので、今後も鈴愛の左耳の聴力を失ったままなのかなって思ってしまいます。晴の気持ちのためにもなんとか回復してくれればいいのですけどね。

10話でどのような展開になるのかとっても気になります。半分、青い。9話の感想はここまで。半分、青い。10話の感想につづく。

 




 

あなたにおススメのページ

半分、青い。10話の感想「バイバイ左耳」

半分、青い。第3週ネタバレ・あらすじ「恋したい!」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)