半分、青い。108話の感想「ふるさと」

このページは、朝ドラ「半分、青い。」の108話あらすじ感想についてお伝えしていきます。半分、青い。の第108話のタイトルは「ふるさと」です。

半分、青い。107話のあらすじで、鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)に直接、帰ってきてほしいとお願いをします。

その続きとなる半分、青い。第108話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、108話のあらすじをお伝えして、その続きとして感想を書いていきますね。

「半分、青い。」のあらすじが気になる。もしくは、「半分、青い。」の感想が気になるというあなたはぜひ最後まで読んでみてくださいね。

半分、青い。108話のあらすじ

鈴愛は、今もずっと涼次に恋をしている。好きで好きで仕方ないといい「かえってきて」といいますが、涼次の答えは「ごめん」というものでした。

鈴愛は、涼次にさよならをいい祥平(斎藤工)に涼次のことをお願いします。そして、鈴愛と花野は三オバに挨拶をして住まいを後にします。

その後、大納言の田辺(嶋田久作)にも挨拶をします。田辺は鈴愛なら強く生きていくことができるといわれ東京を後にします。つくし食堂では、ブッチャー(矢本悠馬)がカツ丼を食べています。

ブッチャーは、菜生(奈緒)と結婚して子供を2人もうけて・・・実家の不動産業を継いでいるという。鈴愛が実家に戻ると、つくし食堂に行列ができています。

鈴愛と花野が帰ってくると、みんなに驚かれます。鈴愛はいつでも帰っていいといわれていたので、帰ってきたというと・・・晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)が心配しはじめます。

そこに、ブッチャーが間に入ってここでは・・・というと、花野がブッチャーに変な顔と言って大騒ぎになります。そこに、律(佐藤健)がやってきました。半分、青い。108話のあらすじはここまで。半分、青い。109話のあらすじにつづく。




半分、青い。108話の感想

半分、青い。108話のあらすじでは、鈴愛が花野を連れてついに梟町の実家に帰るというストーリーでしたね。なんか、すごく切ない内容でしたね。

涼次にごめん。って言われたときに、ショックを受ける鈴愛でしたけど予想はしていたんでしょうね。そっから先の行動は早かったですね。すぐに岐阜に帰るって。

しかし、花野はおそろしいほど残酷ですよね。父ちゃんに鈴愛がふられたとかってストレートに言うところが子供だなって思いました。寂しくないのかな?それとも空元気?

なんて、本心では傷ついているのかな?そんなことを思いました。きっと、鈴愛の子供ですから気をつかって鈴愛に気持ちを悟られないようにしているだと感じました。

ブッチャーに変な顔って言ったあたりも、さすが子供。そっから律がやってくるとかって本当に劇的な展開ですよね。律は、なんで梟町にいるんだろ?大阪に仕事でいたはずなのに?

律と鈴愛のストーリーが再び始まるのでしょうか。今後が楽しみですね。半分、青い。108話の感想はここまで。半分、青い。109話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ

半分、青い。109話の感想「出戻り」

半分、青い。第19週のネタバレ,あらすじ「泣きたい!」

半分、青い。107話の感想「帰ってきて」

半分、青い。公式ブックはコチラ

半分青いのキャスト(相関図)一覧はコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)